2018年9月24日 更新

奥深い魅力にやみつきに?キャンプを趣味にしよう!

「最近疲れたな……」「たまにはゆっくりしたいな」と感じているそこのあなた!そんなときは、キャンプで思いきり自然を満喫してみませんか?ファミリー向けのレジャーというイメージが強いキャンプですが、実は大人の趣味にも最適。今回は、そんなキャンプの魅力に迫ります。

32 view お気に入り 0

キャンプの魅力とは?

 (3205)

都会の喧騒を離れ、星空の下で川のせせらぎや虫の声、心地よい風を感じながら自分で作った料理を味わう――キャンプでは、普段の慌ただしい生活の中ではなかなか得られないゆったりとした時間を過ごすことができます。焚き火の炎をじっと見つめているうちに、溜まったストレスがいつの間にかすーっと溶けていくのを実感できるかもしれません。

また、キャンプには「絶対にこういうやり方で行わなければならない」という細かいルールはありません(もちろん、守るべきマナーや禁止事項はあります)。仲間とバーベキューを楽しむのも良し、昼はアクティビティを楽しみ、夜はまったり過ごすのも良し、ひとりで静かに物思いにふけるのも良し。参加するメンバーやそのときの状況に合わせて、自由な楽しみ方ができる点も大きな魅力ではないでしょうか。

初心者には道具をレンタルできるキャンプ場がおすすめ

 (3208)

魅力たっぷりのキャンプですが、いきなり取り組むのは経験のない方には少々ハードルが高く感じられるかもしれません。そんな方には、トイレ、シャワー、売店などの設備が整って、道具もレンタルできるキャンプ場でから挑戦してみてはいかがでしょう。

また初心者には、テントサイトのすぐに横に車を停めることができるオートキャンプ場もおすすめです。大きな荷物をテントまで運ぶ手間が省けるうえ、雨が降ったら車の中に避難することもできます。オートキャンプ場はコテージやバンガローを備えているところも多いので、テントで寝るのに慣れていないという方でもキャンプを楽しむことができます。

近年若い世代を中心に人気が高まっているのが、あらかじめ設営されて道具が揃ったテントに泊まる「グランピング」。ホテル感覚で泊まれるため、初心者でも気軽にキャンプの楽しさを味わうことができます。

冬場のキャンプも魅力的

 (3211)

ある程度キャンプに慣れてきたら、寒い冬場にキャンプに挑戦してみませんか。冬はキャンプ場に人が少ないため、静かな空間で存分に自然を満喫することができます。空気が澄んでおり、一年で最も美しい星空を見ることができます。虫が少ないのも冬のキャンプのメリットかも。

冬のキャンプは寒さが不安ですが、焚き火をしたり、冬仕様の厚手のテントや寝袋を使用したり、テント内にホットカーペットを敷いたりすることで寒さを軽減できます。また、ダッチオーブンなどを使って温かい料理をつくるのもおすすめ。寒い中で食べる温かい料理のおいしさは格別ですよ。

キャンプでリフレッシュしよう!

ショッピングをしたりお家でゆっくりする休日もいいですが、時には自然のエネルギーを全身に感じる時間も必要です。疲れが溜まったときや行き詰まったときには、ぜひキャンプで癒されてみてください。
但し、天候などのコンディションの軽視は、事故にも発展しますので、しっかりと情報収集しましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【子育て】子供の創造性を豊かにする3つの方法

【子育て】子供の創造性を豊かにする3つの方法

子供のうちに創造性を豊かにしておけば、大人になってから求められることの多い発想力や意識の転換に大変役立つことは間違いありません。親としては、できれば子供に創造性豊かに育ってもらいたいもの。しかし、創造性を身につけさせようと思っても、何をどうすればいいのか、分からない人が大多数ではないでしょうか。いったいどんな方法が、子供の創造性を育むうえで効果的なのでしょうか。
勉強しない、勉強嫌いな子供が「勉強に関心」を持つようになる方法

勉強しない、勉強嫌いな子供が「勉強に関心」を持つようになる方法

ママの悩みとして、子供が勉強をしないことを挙げる方は多いのではないでしょうか。勉強をしない子供の多くは、単純に「勉強が嫌い」ということを理由に挙げることがほとんどです。では、どうすれば子供を勉強好きにすることが出来るのでしょうか。今回は、以前本サイトにてご紹介した方法(http://kajisuma.info/articles/OeZvA)とはまた違った視点から考えてみましょう。
楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その2

楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その2

這えば立て、立てば歩めの親心 などという川柳もありますが、さあ子どもがよちよち歩き始めると、いよいよ目が離せなくなります 行動にもスピード感が増してくるので、更なる安全対策を講じたいところです
楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その1

楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その1

子どもの成長のスピードって目を見張るものがあり、いつの間にかズリ這いからハイハイ、つかまり立ち、ヨチヨチ歩きと、もう少しゆっくり育ってくれればいいのに、なんて思ってしまった方も多いと思います。でも、だからこそしっかり取り組んでおきたい安全対策、こちらは子どもの成長に遅れを取らないことが肝心です。
好き嫌いが多い子に!苦手な食材をおいしく食べさせるメニュー

好き嫌いが多い子に!苦手な食材をおいしく食べさせるメニュー

子どもの好き嫌いに手を焼いているママは多いのではないでしょうか。中でも野菜は、子どもに嫌われる食材の代表格といえます。野菜にはビタミンなど身体に必要な成分が多く含まれているため、できればたくさん食べて欲しいもの。そのためには、メニューに一工夫が必要かもしれません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部