2017年9月6日 更新

子どもの写真をSNSに投稿する際、知っておくべきこと

入学式や運動会、発表会などは子どもの成長を記録する絶好のチャンス。カメラで撮影した写真を現像してアルバムにまとめ、それを後から見返すのは楽しいことですよね。しかしそれをネット上で行うとなると話は別です。SNS上で全世界に公開された画像はアップロードが完了した瞬間から、ネット上から抹消できない「デジタルタトゥー」となってしまう危険があるのです。

22 view お気に入り 0

投稿によって生み出されるデジタルタトゥー

 (2120)

「デジタルタトゥー」とはネット上で公開した画像や発言が、本人の意思に反して永久に残ってしまうことを指す言葉です。SNSに投稿した文章や画像が不適切であると気づき、SNS上で削除をしても、誰かが画像を保存や転載をしていればその画像が悪意なく拡散される場合があります。一度誰かに知られた情報をなかったことにするのは不可能に近く、これがもとで生まれる損失は計り知れません。

子どもの写真をSNSにアップするときは、この写真はネット上に永久に残ってもおかしくないものだという認識を持ちましょう。のちに、もし子どもが自分の幼少期の画像をインターネット上から消し去りたいと強く願っても、為すすべがないというのが現状です。

公開範囲の設定だけでは対策不足である理由

 (2123)

投稿内容の公開は友達のみに限定しているから大丈夫と思っていませんか?あなたが撮った写真に他の子どもが写っていて、その親である友達があなたの投稿をシェアしてしまう可能性だって十分にあることです。シェアされた写真は自分の知らないところでどんどん拡散してしまうケースもあります。

そしてSNSで怖いのはアカウントの乗っ取りやなりすましです。知り合いだと思って画像をシェアしたら悪意のある別人で、大切な個人情報や画像が悪用されてしまうこともないとは言えません。一度インターネットにアップしたものはいつ、誰の手に渡ってもおかしくないと考えた方がいいでしょう。

犯罪に巻き込まれるリスク

 (2126)

近所の公園で子どもの写真を撮影し、それを投稿したとします。公開範囲を設定していなければ、誰もがその投稿を見ることができ、公園の様子や写りこんだ建物から場所を特定することは簡単なことです。また制服の写真や名札などが写った画像は個人を特定する手がかりとなり、声かけ事件に巻き込まれるリスクも高まります。

カメラ機能で緯度や経度などの位置情報を画像データに埋め込む機能がONになっていれば、よく行く公園やショッピングセンターだけでなく自宅の住所までピンポイントでわかってしまいます。真っ白な壁を背景に撮った写真でも、SNSの投稿を見た悪意のある人物が、その気であなたの自宅を特定し、子どもたちと接触を図ろうと思ったら…決して難しいことではないのです。

安易に写真をSNSに投稿するのは危険です

子どもの写真に限らず、写真をSNSに投稿する際には、位置情報が画像データに埋め込まれていないか確認することが大切です。iPhoneの場合は設定の「プライバシー」、Androidは歯車マークの位置情報メニューから設定が可能なので、写真を撮る際はこの設定をOFFにするようにしましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

#ファインダー越しの私の世界 写真を趣味にするメリット

#ファインダー越しの私の世界 写真を趣味にするメリット

インスタグラムで「#ファインダー越しの私の世界」と検索すると、500万件以上にものぼる投稿があります。それだけ、写真というのは多くの人を魅了するものなのです。では写真にはいったいどのような魅力があるのでしょうか。SNSが普及した現在では、写真はただ撮って満足するというものではなくなってきています。
仕事でミスをしてしまった時、どうすればいい?

仕事でミスをしてしまった時、どうすればいい?

大事な仕事でミスをしてしまった時、焦りと不安で何とも言えない気持ちになってしまいますよね。そんな時あなたならどうしますか?大体の人はすぐに謝罪をするでしょう。しかし、謝罪の仕方もさまざまです。今回はミスをしたあとの謝り方や、ミスを減らす方法をご紹介します。
紫外線対策はバッチリ!?でも髪の紫外線対策忘れてない?

紫外線対策はバッチリ!?でも髪の紫外線対策忘れてない?

1年中降り注ぐ紫外線、ご存知の通り特に夏の季節は紫外線がより多くなってきます。シミの原因になるからと日焼け止めを肌に塗って紫外線対策をするという方は多いと思いますが、髪や頭皮の方が肌に比べてより多くの紫外線を浴びているといわれているのをご存知ですか?今回は紫外線が髪に与える影響や対策などについてまとめてみました。
暑いのに冷える!?夏の冷え性にご用心!

暑いのに冷える!?夏の冷え性にご用心!

夏は暑いため冷え性とは無関係なイメージがあるかもしれませんが、夏でも冷え性に悩む人が増えているようです。体が冷えてしまうことで健康にも悪影響が出てしまうことも…。今回はそんな夏の冷え性についてまとめてみました。
夏が来る前に!オフィスの空調が寒い・暑いときの対策とは

夏が来る前に!オフィスの空調が寒い・暑いときの対策とは

長時間、冷房が効いた部屋で作業をすると、あまりの涼しさに体がついていけず、体調を崩してしまうことがあります。設定温度を変更したいと思っても、オフィスの中で寒がっているのは自分だけという場合はなかなか言い出しづらいもの。女性にとって冷えは天敵なので、冷房で体を冷やさないために自分で対策をとりましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部