2017年3月7日 更新

頑固なお風呂の汚れを、簡単に落とす掃除方法

綺麗に掃除をしているつもりでも、水回りはいつのまにかヌルヌルしてしまっていたり、カビが生えてしまったりとトラブルが尽きません。身体を洗うための場所である以上、お風呂場は常に清潔にしておきたいところ。今回は頑固なお風呂の汚れをラクに落とせる掃除方法をご紹介いたします。

99 view お気に入り 0

お風呂は毎日「ながら掃除」をするのがいちばん!

 (1015)

毎日お風呂に入る習慣がある人なら、お風呂に入ったついでに掃除をしてしまえば、頑固な汚れになる前に対処できます。ある住宅設備メーカーのデータによると、毎日お風呂の掃除をすると答えた人は29%、2〜3日に一度と答えた人は23%程度。
お風呂を掃除するとなると、湯船や床にかがみこんでこするなどといった動作もあり、身体や服が濡れたり洗剤が身体についてぬめりを感じたりなど面倒なことも多いものです。それなら、お風呂に入ったタイミングで掃除もしてしまえば、服や身体が濡れることも心配せずに済む上、かがみこむような姿勢もあまり無理な体制にならずに対応できるのではないでしょうか。

ポイント別 お風呂掃除の仕方

 (1016)

・ 湯船の掃除には重曹がベター
湯船には人の汗や皮脂などがこびりついてしまいがちで、皮脂は湯船が温まっているうちに落とす方が簡単です。家族がお風呂から出たら、残り湯にカップ1/2杯程度の重曹を溶かしましょう。お風呂の蓋を閉めて一晩置けば汚れがふやけて軽い力でこするだけで落ちるようになっています。

・ 床や壁の汚れには重曹&酢でクレンジング
床の汚れは、人間の皮脂や石鹸などが混ざった複合汚れです。アルカリ性の重曹と、酸性の酢を混ぜてペースト上にしたら、それを使ってこすり洗いをしましょう。ペースト状になったものは勢いよく泡を発生します。この泡が頑固な汚れを浮かび上がらせてくれるのです。壁はスポンジを使って、床はブラシなどでこすればOKです。

・ くすんだ鏡は酸の力で落とせ!
蛇口や鏡は石鹸カスや水垢で白くくすんでしまうことがあります。そんなときに役に立つのが、クエン酸パックです。クエン酸は掃除用具として、薬局やホームセンターなどで手に入ります。水100mlに対し、クエン酸小さじ1/2程度を溶かし、キッチンペーパーを貼り付けながら汚れた箇所にスプレーします。半日ほど置いてからキッチンペーパーをはがして洗い流せば、効果は出ているはずです!

・ 排水溝の汚れは、重曹と酢、熱湯で解決
排水溝は石鹸カスや髪が詰まったりなど、お風呂の中でももっとも汚れやすいところ。まずは排水溝に溜まった髪やごみを取り除き、その上に重曹1カップをふりかけましょう。次に酢を流し入れ、数十分ほど放置したら熱湯で洗い流しましょう。綺麗になっていることと思います。

まとめ

毎日のお風呂掃除を習慣化すれば、頑固な汚れになら前にきれいな状態を維持できそうですね。また酢や重曹など食品としても使えるものを利用すると、小さなお子様やペットを飼っている家庭でも安心感が違います。さっそく今日から上記の方法で入浴時のお風呂掃除を習慣化してみませんか。
8 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

プラスアルファで収入アップ!簡単にできる副業とは?

プラスアルファで収入アップ!簡単にできる副業とは?

「今年こそは副業を始めて収入をアップさせたいけど、何をしたらいいのか・どんな仕事があるのかわからない」という方も多いのでは?そこで今回は、忙しい主婦の方や日中働いている方でも簡単にできるおすすめの副業を紹介します♪
子育て中でダイエットができないママさん必見!簡単ダイエット法

子育て中でダイエットができないママさん必見!簡単ダイエット法

「子供が生まれてからは子育がメインになりダイエットができない!」と焦っている人はいませんか?いつの間にかこんなところに脂肪が…と嘆いている人も多いでしょう。いつも子育てに忙しいママさんが気軽にできるダイエット方法から、時間をかけて行うダイエットまでご紹介します!
片付けがメンドクサイ女子必見。ちょっとの我慢でキレイは続く!

片付けがメンドクサイ女子必見。ちょっとの我慢でキレイは続く!

汚部屋という造語、ご存じですか?汚部屋と書いて「おへや」と読みます。読み仮名だけなら綺麗ですが、実際は汚れたお部屋、掃除が行き届かないお部屋という意味です。部屋の掃除をしているつもりでも、ついつい荒れてしまうという方は、あるコツを覚えると劇的に綺麗にできるかも。ここでは綺麗なお部屋をキープするコツや片付け方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部