2018年7月11日 更新

夏場の食生活維持に、豆腐のバリエーションはいかが?

夏場になるとどうも食欲が…という悩みを抱える女性にうれしい&おいしい注目食品 女性ホルモンと似た働きがあることから、美肌効果が期待できるとして人気の イソフラボンを豊富に含む食品といえば…お豆腐・味噌・納豆などの大豆です。 いま、そのなかでも革命的においしい豆腐商品が誕生してるのはご存知ですか?

158 view お気に入り 0

イタリアンテイストも、スイーツも豆腐で?!

きっと口にした人に衝撃的だと思われるのは、 相模屋食料が作るマスカルポーネのような
ナチュラルとうふ。大豆100%で乳製品は使ってないと明記されていますが、口に入れた瞬間
トロける、ほどける…。「何コレ?」っと思わず呟いちゃうほど。
さらに添えられたBOSCOのオリーブオイルに塩を振るだけで、チーズのさっぱり版に早変わり。ワインにも合いますね。サイズはてのひら大なのでおかわりしたくなっちゃうかもしれません。

ちなみに同社同シリーズのチョコレート味は、まさに夜どうしても、甘いものが我慢できなくなった時などに食べてください。178kcalの豆乳クリームを使ったしっかりチョコ味で、オリゴ糖の甘さもたまらない甘党の強い味方です。
 (3096)

そんな甘党にはもう1品おすすめしたいのが、おとうふ工房いしかわ「まめぞうプリン」。
なめらかプレーン味、ほろにが抹茶味、まったり黒ゴマ味が選べます。
これは、子どもが喜ぶママ手作りの味がします。どれもおいしく、サイズも食べやすくなっているのが嬉しいです。
おやつに豆腐、おやつにプリン、両方のいいとこ取りしてます。
 (3097)

パックを開けるだけで絶品!

ここでお役立ちを1つ。
急なお客さまにも、とっても喜ばれたのが、比叡ゆば「とろ湯葉」。
とろっとした豆乳にしっかりの鰹だしが入っていて、器に移してわさびを載せたら もう、立派なおもてなしの一品。湯葉をすくうように食べられるし温めても美味しい。
最後の一滴まで飲み干しちゃう美味しさ。京都の本格湯葉が自宅にやって来ましたって感じです。
 (3100)

まとめ

実は豆腐ブームが巻き起こりつつあるのは、体型キープを何より重視するモデルの間から始まって、それを素早く取り込む女子高生たちが盛り上げたからで、日本在住の日本大好きな海外の方々が、最近ではかなりまとめ買いをしているのだとか。

毎日の食卓を預かるママたちもこのナチュラルな美味しさを見逃す手はありません。今年も暑さが厳しそうなこの夏を、枝豆、ビールにおいしいお豆腐で、家族の笑顔を増やしましょう。
10 件

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部