2017年8月13日 更新

ひとりカラオケを存分に楽しむ3つのコツ

突然ですが、ひとりカラオケをしたことはありますか?近年は一人でカラオケに行く人が増えていて、というよりもむしろひとりカラオケを趣味にしている人も相当数いるほどの人気ぶり。しかし中には、「一人でカラオケに行っても楽しめるのかな」と「?」を感じる人もいるようです。では、ひとりカラオケを思いっきり楽しむにはどのようなコツがあるか、探ってみましょう。

コツ1:歌う時間は2時間!普段歌えてない曲を片っ端から歌う

 (2449)

最初のポイントは、歌う時間を2時間にすることです。1時間だと短すぎて、ノってきたときにタイムアップとなってしまいます。一方、3時間だと「もう歌う曲が思い浮かばない」という現象が起きてしまう場合もあります。そのため、ひとりカラオケデビューで楽しむには2時間がちょうどよいです。

そして、2時間の間に普段歌えていない曲を片っ端から歌ってみましょう!試しに歌ってみたい曲や、人前だと恥ずかしくて歌えない曲、丁度いいキーで練習したい曲、洋楽にチャレンジするなど、誰も聞いている人がいないのでのびのび歌えます。また、同じ曲をひたすら歌うのも◎!誰かが一緒だったらできないことですものね。中には10連続で同じ歌を歌う強者もいるようです。

コツ2:採点を付けて歌スキルを磨く

 (2452)

ひとりカラオケでは採点を付けて歌のスキルを磨くこともできます。普段は恥ずかしくて採点をしていない人も、ひとりカラオケでは自分の歌唱力を向上させる場として利用できるでしょう。採点機能は精密に歌声を採点してくれるものや、リアルタイムで同じ曲を歌っている人と採点バトルできるものまであるので、自分にあった採点方法で楽しめます。

職場の人たちや友達と行ったカラオケの場合でも、採点が高かった曲を歌えば自信をもって人前で披露できるはずです!

コツ3:なりきって歌ってみる

 (2455)

そしてひとりカラオケの最終章、「これができたらひとりカラオケマスター」と呼ばれているのが「なりきって歌う」ことです。ひとりカラオケでも最初はおとなしく椅子に座って歌う人が多いですが、ひとりカラオケの常連さんともなると完全にプロになりきって歌っているようです。
これこそがひとりカラオケの醍醐味と言え、立ちあがって身振り手振りやボディアクションを加えその歌手になりきって歌うことでスカッと気分爽快になり、ストレス発散にもつながります。

一度勇気を出して行ってみましょう!

ひとりカラオケに行ってみたいと思っていた人は、これを機にぜひ行ってみてください。
あまり人がいない平日や休日の昼間がオススメ。一度行って愉しんでしまえば、恥ずかしさも払拭されて新たな趣味としてとり入れることができるはずです!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

意識しないうちにお金が貯まる!そのコツとは?

意識しないうちにお金が貯まる!そのコツとは?

花火大会、プール、旅行、夏フェスなど、楽しいイベントが目白押しの夏。しかし、イベント盛りだくさんだからこそ出費が多い季節なのもまた事実……。気を抜くとせっかくの夏のボーナスもあっという間に使いきってしまうかも!?そんな怖~い事態にならないために、普段の生活で無理なくお金を貯める秘訣をご紹介します!
コミュニケーション下手な人に意識して欲しいこと

コミュニケーション下手な人に意識して欲しいこと

他者との会話で難しさを感じたり、意図せず気まずさを感じたことはありませんか? 今回は他人とのコミュニケーションが苦手と感じる人に意識してみて欲しいことをまとめました。円滑な人間関係のために、参考にしてみてはいかがでしょうか。
女性が女性を見るのはココだった!!

女性が女性を見るのはココだった!!

若い女性が、同性に対してオバサンか若いか を判断するポイントは? 男性目線はごまかせても、同性の厳しいチェックは逃れられません。 そのポイントはズバリ、ここ。 だから、そこをしっかりケアすれば同性からも合格点を貰えます。
mimi | 141 view
どうしてる?冬場の部屋の洗濯物干し対策

どうしてる?冬場の部屋の洗濯物干し対策

今年も冬の足音が聞こえ始めると同時に風邪やインフルエンザなどのウィルスや手荒れ、肌荒れなど、乾燥に気を使う季節になってきました。ベタに加湿器を使うのもいいけど、ちょっと賢く工夫すれば、洗濯をしながら乾燥対策も同時にOK。 そんな目からウロコの、役立つお部屋の乾燥対策と洗濯物干しの方法をご紹介します。
川口技研 | 337 view
片付けがメンドクサイ女子必見。ちょっとの我慢でキレイは続く!

片付けがメンドクサイ女子必見。ちょっとの我慢でキレイは続く!

汚部屋という造語、ご存じですか?汚部屋と書いて「おへや」と読みます。読み仮名だけなら綺麗ですが、実際は汚れたお部屋、掃除が行き届かないお部屋という意味です。部屋の掃除をしているつもりでも、ついつい荒れてしまうという方は、あるコツを覚えると劇的に綺麗にできるかも。ここでは綺麗なお部屋をキープするコツや片付け方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部