2016年10月28日 更新

少しでもそうならない様に!産後の腰痛、原因は筋力!

産後に腰痛になる方が多いようです。出産という大事を経験したんだから、腰痛になるのは当たり前!と考えている方は少し違います。もちろん出産にも関係していますが、産後の腰痛は様々な原因で起こります。ここではその原因と予防についてご紹介します。

61 view お気に入り 0

筋力が低下することが原因で起こる腰痛

 (225)

妊娠を経験した人は妊娠したら自然と大事をとって激しい運動を避けていませんでしたか?2人以上出産経験のある方も、そのあたりは意識していたと思います。
と、言うことは運動量を妊娠前とはかなり違ってセーブするはずです。そうなると運動量の減少に比例する形で筋力は低下し、さらに、赤ちゃんを抱っこすることでそり腰になりやすくなり、腰を守っている筋肉が悲鳴をあげ、腰痛を起こしやすいという状態になります。

出産による骨盤のゆがみ

子宮内で赤ちゃんを育てるため、骨盤を守る靭帯がだんだんと緩くなっていきます。そして出産するとさらに骨盤がゆがむようになります。産後ずっと骨盤は開きっぱなしということではなく、10ヶ月程度かけて徐々に骨盤は閉じるようになりますが、妊娠中のゆがみが原因となり腰痛が引き起こりやすくなります。

出産後の育児で起こる腰痛

 (227)

産後とはいえ、赤ちゃんの世話は待ったなしです。おむつや抱っこ、授乳など、ママは赤ちゃんのお世話で大変です。その時、一番取りがちな姿勢が中腰です。それ以外にも家事があり、料理や洗濯は常に中腰という方もいるでしょう。

先ほど、緩んだ骨盤でゆがみが生じることで腰痛になるとご紹介しましたが、それに加えて骨盤が安定しないところに腰に負担がかかるような中腰の姿勢が腰痛を招きます。

産後の腰痛対策とは?

 (228)

10ヶ月も骨盤が自然に閉じるのを待っていては腰痛になりやすくなってしまいます。そこで骨盤を固定して、少しでも早く骨盤を正しい位置に戻してあげることがポイント。

例えば骨盤ベルトなどを使ってみましょう。これなら緩んだ骨盤を正しい位置に戻るサポートをしてくれます。ただし、正しいつけ方をしないと効果が薄れてしまうので要注意。意外と間違ったつけ方をしている人も多いとか。きちんと取り扱い説明書を読んだり、骨盤ベルトを使ったことのあるママ友に聞いてみるなどして、正しいつけ方を理解しましょう。

そして、なるべく中腰の作業をしないことです。
授乳時は授乳クッションを使う、洗濯物は机の上でたたむなど、できるだけ中腰の姿勢を避けるようにしましょう。

まとめ

妊娠・出産を機に女性は体に色々な変化が起こります。骨盤が不安定な時期は腰痛が起こりやすい時期でも、なるべく腰を守るような体勢や工夫をして家事や育児に取り組んでみてください。お風呂の後にストレッチするのも有効ですよ!
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

いびきの原因と解消法をご紹介!

いびきの原因と解消法をご紹介!

自分では気づかないうちに、周囲に迷惑をかけていることってありますよね。「いびき」はその代表的な例といえるでしょう。いびきと聞くと男性に多いイメージがありますが、実は女性でもいびきをかく人はいます。現在いびきに悩んでいるようなら、今回ご紹介するいびきの原因と対策をしっかり覚えておきましょう!
デスクワークの腰痛・肩こりを和らげる方法

デスクワークの腰痛・肩こりを和らげる方法

毎日長時間デスクワークを従事していると、どうしても腰痛や肩こりに悩まされがちなもの。痛くて集中できなくなってしまったり、悪化して頭痛が引き起こされたりするととても厄介ですよね。今回は予防策から解消法まで、デスクワークの腰痛・肩こり対策に焦点を当てていきたいと思います。
上手くいかないダイエット…失敗の理由って?

上手くいかないダイエット…失敗の理由って?

今年こそ!と思ってダイエットに取り組むけどいつの間にか辞めてしまっている…いつもダイエットが失敗に終わっている人はいますか?夏までに、なんとか体を絞りたいと思っていてもそう簡単に脂肪は落ちてくれませんよね。今回はダイエットに失敗してしまう原因と、効果的にダイエットを続ける方法をご紹介します!
これから来る汗の季節!気になる体臭のケアを!

これから来る汗の季節!気になる体臭のケアを!

これからの季節、湿度が高くなり暑さが増してくると汗をかくことが増えてきます。そこでどうしても気になってしまうのが臭い。自分では気付かないけど「周りの人には臭いと思われていないだろうか…」など不安に思ってしまう方も多いはず。今回はそんな汗が気になる季節に知っておきたい「臭い」のお話です。
しつこいコバエを撃退!おすすめ対策

しつこいコバエを撃退!おすすめ対策

暖かくなり、今年もコバエの発生時期が近づいてきました。どこからともなく湧いてきてどんどん増えるコバエは、鬱陶しいだけでなく不衛生な厄介者。今年の夏はコバエと無縁の生活を送りたい!という人は、今のうちに対策を学んで発生に備えておきましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部