2017年3月2日 更新

赤ちゃんの夜泣きを止めるには、抱っこして歩くことが効果的

赤ちゃんが夜泣きした時に抱っこしてもどうしても夜泣きを止めさせることができないということもあるでしょう。わかっていることですが、実は抱っこにも秘訣があるのです。 実は同じ抱っこでも座るより、立ったり歩いたりして抱っこしたほうが赤ちゃんの夜泣きを止める効果があります。ここではそんな不思議な抱っこと赤ちゃんの関係を解説します。

165 view お気に入り 0

輸送反応という仕組み

 (881)

赤ちゃんを抱っこして揺らしたり、部屋の中を歩いたりして泣き止むのを待つという経験がある方もいるでしょう。親が子供を抱いて運ぶというスタイルは赤ちゃんをリラックスさせることが科学的に証明されています。これは輸送反応という仕組みらしいです。

たとえば、ある実験では母親が赤ちゃんを抱いて歩いている時と座っている時では、抱いて歩くほうが赤ちゃんの心拍数は低下して、泣く頻度も10分の1程度になり、かなりリラックスしていることが判明しているようです。

他の哺乳類も同様?

 (882)

同じ哺乳類であるマウスでも同様の結果が見られたようです。母マウスが子供マウスを運ぶ時に、子供マウスの首の後ろを持って咥えて移動します。この首の後ろをつまみ上げる動作をすると、子供マウスもリラックスするということがわかっているそうです。
このリラックス反応は母親に協力して自らの身を守るためにするものでもあるということがわかってきてたそうです。わかりやすく言うと、人もマウスも抱っこされて運ばれる時、自分から運ばれやすい姿勢を取り、親に協力するということなのです。

まとめ

 (883)

科学的に証明とか言われると、なんとなく難しいもののように思うでしょう。でも、赤ちゃんと一緒に外出した時に抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこしているときに、自然と体を揺らしたり、ゆらゆらしたりしていませんか?

歩いたりすると今まで泣いていた子も泣き止んだりします。これは誰かに教えられたというより、自然に赤ちゃんのリラックス法を身につけているように感じられます。もちろん育児法の本などには書かれているかもしれませんが、このような輸送反応を利用したあやし方は赤ちゃんの本能に基づいたものです。

親が赤ちゃんをリラックスさせる方法を自然と摂って、同時に赤ちゃんも親の動きに呼応して泣き止んで、親に協力をしているということです。
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その1

楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その1

子どもの成長のスピードって目を見張るものがあり、いつの間にかズリ這いからハイハイ、つかまり立ち、ヨチヨチ歩きと、もう少しゆっくり育ってくれればいいのに、なんて思ってしまった方も多いと思います。でも、だからこそしっかり取り組んでおきたい安全対策、こちらは子どもの成長に遅れを取らないことが肝心です。
赤ちゃんが離乳食で、えずく原因と対処法

赤ちゃんが離乳食で、えずく原因と対処法

赤ちゃんにミルク以外のものをあげるようになる、離乳食初期。「固さは大丈夫かな」、「食材はこれで良いかな」とお母さんも緊張することでしょう。そんな離乳食初期に赤ちゃんが離乳食を食べてくれず、吐くような仕草をすることがあります。この反応は「えずき」。今回は赤ちゃんが離乳食でえずく原因と対処法についてまとめてみました。
赤ちゃんが何でも口に入れる理由は?実は意外なメリットも!?

赤ちゃんが何でも口に入れる理由は?実は意外なメリットも!?

赤ちゃんは身近な手に触る物をすぐ口に入れたがります。これは物だけでなく、自分の手足も口に持っていきますね。ばい菌のことを考えると止めさせたいと考えるママも多いでしょう。 でも、なぜ口に物を入れてしまうのでしょうか?その理由を明確に知っている人は少ないかもしれません。ここでは口に入れる行動と赤ちゃんの能力が関係していることをご紹介します。
子供が赤ちゃん返りをしてしまう原因と対処法

子供が赤ちゃん返りをしてしまう原因と対処法

下の子が生まれると、上の子が赤ちゃん返りをするというケースがあるようです。子供の赤ちゃん返りの原因と対処法をここではご紹介します。今までできていたことが突然できなくなる子供には、ここでご紹介する方法を一度試してみてください。
赤ちゃんが眠らない・・・、原因と対処法を知ろう

赤ちゃんが眠らない・・・、原因と対処法を知ろう

可愛い我が子が全然眠ってくれなかったとしたら、心配でどうしたらいいのか分からなくなってしまいますね。赤ちゃんの睡眠には個人差がありますから、いろいろな原因が考えられます。今回は赤ちゃんが眠らない原因と対処法についてまとめてみました。参考にしてみてください。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部