2018年6月24日 更新

必見!本をキレイに保つ方法

自分で読んだ本、本棚などに並べるならできるだけキレイに保ちたいですよね。本棚が溢れそうになったらフリマアプリなどに出品して…、という方法も考えられます。でも、どちらの場合でも本がキレイな状態になっていることに越したことはありません。キレイな本を出品して、高い評価を得ればそれだけ今後も出品がしやすくなり、逆に低評価がつくといくら出品しても中々売れなくなってしまいます。では、本をキレイに保つためには、どのようなポイントに注意すればいいのでしょうか。

29 view お気に入り 0

本を出品する際、評価が分かれるポイントとは

 (2905)

読まなくなった本を、フリマなどに出した場合、基本的に何も問題がなければ、最高点で評価されるのが一般的です。もしも、最高評価をもらえなかったとしたら、出品した本に何らかの問題があったのだということになります。問題としてよくあるケースが「本にシミがついていた」「本から変なにおいがした」などというもの。これらの問題は、対策次第で十分解決が可能なため、高評価獲得のためにもぜひ対策しておきましょう。
蔵書にする場合も、本はキレイな状態にしておきたいものです。注意点は同じです。

また、もう1つ注意しておきたいのが商談がまとまり、発送する際の梱包です。梱包がしっかりしていないと、配送時に濡れる、傷むなどのトラブルが発生して低評価の原因になります。無用なトラブルを避けるためにも、梱包はしっかり行うようにしましょう。

本の汚れをとる方法

 (2908)

本につく汚れで多いのが、コーヒーなどをこぼしてしまった際にできる「シミ」。フリマに出品するとしたら、当然受け取る側は、その「シミ」でかなり不快な思いをするでしょう。出品する本は事前によく確認し、シミがあればしっかり除去しておきましょう。

本のシミ抜きに大きく役立つのが「キッチン用漂白剤」です。まずは汚れが移らないようシミのついたページの裏に紙を挟んでおき、漂白剤を染みこませたティッシュを汚れ箇所に当てていきましょう。この時、直接漂白剤に触れないよう手袋をする、もしくはティッシュを割りばしなどで持ち直接触らないようにすることを忘れないでください。

漂白剤によってシミが消えたら、今度は水を染みこませたティッシュを使って、優しく漂白剤を落としていきましょう。この方法を使えば、本のシミを落とせることが多いようです。

本のにおいをとる方法

 (2911)

本の汚れ同様に注意しなければならないのが「におい」です。本は古ければ古いほどタバコやカビ、所持者の家独特のにおいなどがついてしまいがちです。当然購入する側は、そんな本に高評価をつけたくないでしょう。

本のにおいを落とすには、いくつかの方法があります。中でも1番手っ取り早いのが重曹を使う方法です。本と重曹を同じビニールなどの袋に入れ密閉し、数日放置しておけば本についたにおいを除去できます。

重曹を用意するのが手間という人は、新聞紙を使用するといいでしょう。本と同じ大きさに切った新聞紙をページの間に挟んでいったあとで、本全体を新聞紙で包みます。1日ごとに新聞紙を取り換えていけば、徐々ににおいは消えていくはずです。重曹に比べて時間はかかりますが、効果的な方法といえるでしょう。

知識の源泉、本はキレイであるように心がけましょう

蔵書にするにしろ、フリマなどに出品するにしろ、本がキレイなのは先ず、心持が良いですよね。読むときに大事にして汚さないというのが、そもそもの基本方針ですが、もし大事な本にシミやにおいがついてしまっている場合は、今回ご紹介した方法を実行して「美しい状態」を取り戻してみてください!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あっ!やっちゃった!服についたシミの落とし方は!?

あっ!やっちゃった!服についたシミの落とし方は!?

普段気をつけていても、油が飛んだりコーヒーをこぼしたりして、服にシミを作ってしまうこと、ありますよね。「あっ! やっちゃった!」と慌てて拭いても汚れが落ちず、落ち込む人も多いのではないでしょうか。そんな人たちのために、今回は服についたシミの落とし方をご紹介します!
料理苦手にさようなら。簡単料理動画アプリ3選

料理苦手にさようなら。簡単料理動画アプリ3選

「なかなか料理のレパートリーが増えない!」「料理嫌いから卒業したい!」という人、いませんか?。料理に慣れていないと、一品作るのにも多くの時間を費やしてしまうこともありますよね。そんな悩みを解決してくれる優秀な料理アプリをご存知でしょうか?30秒から1分ほどの動画で、材料から作り方、レシピまでを映像で紹介してくれる料理アプリが世のそんな女性を救済しています!今回はすぐにでもとり入れたくなる代表的な料理アプリを3つご紹介します!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部