2017年7月18日 更新

美容院でのカラーとセルフカラー、それぞれの特徴と違いとは

髪のカラーリング、あなたは美容院でする派ですか?それともセルフカラー(ホームカラー)派ですか?ここ数年、セルフカラー剤のカラーバリエーションはグッと増え、自宅でも好みの色に染められるようになったので「セルフ派」という人も増えているようです。しかし、「美容院とセルフでなぜ価格にあれほど大きな差があるの?」「価格が大きく違うということは、それ以外の面でも全然違うってこと?」と疑問に思ったことはありませんか?今回はそんな疑問にお答えします。

24 view お気に入り 0

美容院でのカラーのメリット

 (1795)

セルフカラーに比べて高価な美容院でのカラーですが、高価なのには理由があるんです。
美容院でのカラーのメリットはこちら。

●仕上がりが美しい
メリットとしてまず挙げられるのが、仕上がりの美しさ。自分で塗るとどうしてもムラになったり塗り残しがあったりしがちですが、美容院では美容のプロが染めてくれるのでその心配はありません。

●髪へのダメージが少ない
美容院では髪が傷まないよう、部位によってカラー剤を使い分けるなど最大限の配慮をしてくれます。そのため、セルフカラーに比べるとかなり髪へのダメージを軽減できます。

●自分が求めていた色になりやすい
カラー剤の発色の良し悪しは髪質により大きく異なるため、思い通りの色を出すにはプロの見極めの効果は大きいです。また、美容院にはさまざまな種類の薬剤があるので、あなたの要望にできるだけ応えるために美容師が数種類をブレンドして理想の色を作ってくれることも。

●モチがよい
一般にセルフカラー剤はシャンプーなどで色落ちしやすく、上記のような要因で美容院でのカラーの方が色モチがよいと言われています。

セルフカラーのメリット

 (1798)

では、セルフカラーのメリットとは?

●価格が安い
なんと言っても価格が安いことです。場合によっては美容院でのカラーの1/10程度の価格でカラー剤が買えてしまうことも。あまりお金をかけたくない人にとっては非常にありがたいですね。

●美容院に行く手間がかからない
根元が伸びたり、色落ちしてきたりするたびに美容院に行くのはかなり手間と費用がかかります。特に白髪染めをしている人などは頻繁に染め直す必要があるので、セルフカラー派の人が多いよう。

●比較的短時間で終わる
最近は泡状の薬剤をもみ込むだけのタイプなども多いため、時間がないときも手軽にできるようになりました。

美容院でのカラーとセルフカラーはここが違う!

 (1801)

美容院でのカラーとセルフカラーの大きな違いの一つは使用する薬剤です。セルフカラー剤は一般の方が自分で染めてもムラが発生しにくくなるよう、美容院のカラー剤よりも強い成分の薬剤を使用しています。そのため、髪や頭皮が傷みやすくなる危険性があります。

また、仕上がりも大きく異なります。セルフカラー剤は見本の色を見て選びますが、思った通りの色が出なかったという失敗も少なからずあります。一方、上記の通り美容院でのカラーでは数種類の薬剤を混ぜて理想の色を作ったり、髪質に合わせてカラー剤を調整したりするので希望通りの色に染められることが多くなります。

それぞれの特徴を知って賢く使い分けを!

美容院でのカラーは一見高価に思えますが、仕上がりのよさやダメージの少なさ、モチのよさなどを考えると案外お得と言えるかもしれません。とはいえ、セルフカラー剤の安さはやはり魅力的ですし、性能もどんどん改良が進んでいます。どちらが絶対にいい・悪いというものではなく、違ったよさがあるので、それぞれの特徴を踏まえておき、そのときの自分が求める条件に合った方を選びましょう!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

上手くいかないダイエット…失敗の理由って?

上手くいかないダイエット…失敗の理由って?

今年こそ!と思ってダイエットに取り組むけどいつの間にか辞めてしまっている…いつもダイエットが失敗に終わっている人はいますか?夏までに、なんとか体を絞りたいと思っていてもそう簡単に脂肪は落ちてくれませんよね。今回はダイエットに失敗してしまう原因と、効果的にダイエットを続ける方法をご紹介します!
原因はヘアケア習慣!ヘアカラーを長持ちさせる方法とは

原因はヘアケア習慣!ヘアカラーを長持ちさせる方法とは

季節や流行に合わせて服装を替えるように、髪も思い通りの色を保ちたいものですが、染めてすぐに色が落ちてしまったり、時間が経って雰囲気が変わってしまったりするのはなぜなのでしょうか。今回は美容院などで染めた髪の色を長持ちさせるためのコツについて調べてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部