2017年6月23日 更新

子育てと仕事の両立が難しい!そんなときはどうしたら?

子供が生まれてから子育てと仕事とに追われてつらい!と思っているママさんはいますか?仕事では職場で同僚に気を使ったり、家では「子育て・家事を完璧にこなさなきゃ!」と焦ったりする人が多いようです。今回は子育てと仕事の両立が難しいと感じたときに実践するラクになるポイントをご紹介します。

90 view お気に入り 0

子育ても仕事も完璧にこなすのは無理!と割り切る

 (1483)

子どもがいないときは平日働いて、休日は旦那さんや友人とゆっくり過ごすといった生活サイクルを送っていた人が多いでしょう。しかし、子どもができたら自分の時間はなくなるほどに仕事、子育て、家事に追われますよね。今まで通り仕事をこなそうと思っても「母親」という役割が増えた以上、完璧に仕事をこなすことはほぼ無理と言えます。

特に子どもが小さいときは体調の変化もあるため、仕事を急に休まなければいなくなってしまうこともあり得ます。母親という役割が増えた後もこれまで通り、すべてを完璧にこなそうと思うとストレスが増大してしまったり、疲れが原因で体調を崩したりすることにもなりかねません。
であれば、いっそのこと「子どもがいる以上、今まで通り仕事をこなすことは無理!」と割り切って考えてしまった方が、余計なプレッシャーからも解放されて却って仕事も効率よくできたりするかもしれませんよ。

優先順位を決める

 (1485)

子育てと仕事をこなす中で優先順位を決めることは必須です!
「仕事の段取り組んで、朝ごはん作って、保育園に送迎して…」などおそらく毎日毎日、やることが山積みになっていますが、頭の中だけで考えているとパニックに陥ってしまうでしょう。

焦りからイライラして子どもや旦那さんに八つ当たりをしてしまうかもしれません。そうならないためにも、自分の中で一日のやることの優先順位を決め、携帯のアプリなどにメモをして習慣化していきましょう。手助けが必要だったり、疲れがたまっていたりするときは素直に旦那さんと現状を話し合って助力を求めることも仕事をこなすこと以上に大切です。

旦那さんと話し合う

 (1488)

余裕がなくて、ちょっとしたことで旦那さんと言い合うことが多くなったという方もいるようです。それは夫婦間のコミュニケーション不足が原因と言えます。仕事の状況や職場や家庭内で辛いと思っていることなどをちゃんと話し合うことで、家事や子育てを分担することもでき、精神的に追い詰められることは回避できるでしょう。
ゴミ出しや朝食の準備は旦那さんにやってもらう、など細かい部分まで話し合うことで共通認識が生まれ、言い合いなどの改善にもなります。仕事の段取りも立てやすくなるのは、時間に余裕ができるからというより気持ちに余裕ができるからといったこともあるかもしれません。

完璧を目指さず自分に優しくする

「いいママでいたい!」と思う気持ちはみんな同じですよね。でも、良いママというのはなんでも完璧にこなすママとはちょっと違います。
たとえ手を抜くところは手を抜いたとしても、家族のコミュニケーションを円滑にして、旦那さんや子どもと楽しい時間を過ごせるようにするのが、良いママなのではないでしょうか。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「デキるヒト」になるための4つのポイント。これで仕事もプライベートも思い通りに!

「デキるヒト」になるための4つのポイント。これで仕事もプライベートも思い通りに!

どの職場にも一人はいるであろう「デキるヒト」。仕事をテキパキと要領よくこなしプライベートも充実している…そんなデキるヒトにあこがれる方も少なくないのではないでしょうか。今回はそんなデキるヒトの特徴を紹介してみます。特徴を参考にして少しずつでも真似をしていけばあなたもデキるヒトになれるかもしれません。
「仕事と家庭を両立させる」ために必要なたったひとつのポイント

「仕事と家庭を両立させる」ために必要なたったひとつのポイント

女性の社会進出が活発になり、家庭がありながら仕事もめいっぱい頑張っている女性の姿を多く目にします。しかし、一方では仕事と家庭をうまく両立させるのが難しく、課題を抱えている家庭もあります。 保育所の待機児童問題もはかばかしい進展を見せていません。そんな中、今回は働く女性必見の仕事と家庭を両立させるポイントをご紹介いたします。
好き嫌いが多い子に!苦手な食材をおいしく食べさせるメニュー

好き嫌いが多い子に!苦手な食材をおいしく食べさせるメニュー

子どもの好き嫌いに手を焼いているママは多いのではないでしょうか。中でも野菜は、子どもに嫌われる食材の代表格といえます。野菜にはビタミンなど身体に必要な成分が多く含まれているため、できればたくさん食べて欲しいもの。そのためには、メニューに一工夫が必要かもしれません。
子供のため、どんなときでも夫婦はお互いをリスペクトしよう

子供のため、どんなときでも夫婦はお互いをリスペクトしよう

良好な家庭を築いていくためには、夫婦がお互いをリスペクトしていく姿勢が非常に大切です。リスペクトし合わず夫婦喧嘩ばかりしていると、自分たちだけでなく子供に良くない影響が出てしまう可能性もあります。子供の順調な成長のため、夫婦の関係を1度見直してみましょう。
後輩ママの本音は?欲しいおさがり・いらないおさがり

後輩ママの本音は?欲しいおさがり・いらないおさがり

自分の家で着なくなった服を他の家に譲るおさがり。すぐに着られなくなる子どもの服などを有効活用できるので、あげたことがある、もらったことがあるという方も多いかもしれません。しかし、あげた方は好意のつもりでも、もらった方は実は迷惑……ということも時にはあります。お互いが気持ち良くおさがりを利用するには、いったいどんな工夫が必要なのでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部