2016年12月1日 更新

本日から変わりました!?

ニュースにもなっているので、ご存知の方も多いでしょう。2016年12月1日より、洗濯表示が変わりました。 洗濯表示というのは、衣類のタグについているあの絵文字のようなピクト表示のことです。 では、どのように変わったのでしょうか?

276 view お気に入り 0

見慣れていた表示が変わって、困る?

 (712)

ご家庭で洗濯するとき、特にデリケートな衣類などは、洗濯表示を必ず見てることと思います。長年見慣れてきたその表示が新しいものに変わる? ちゃんと判るのかしら?と、不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

新しい洗濯表示は41種類あって、そんなにすぐには覚えられないだろうし… 慣れるまで大変だな~ 
でも、今度の洗濯表示は、5つの基本記号とそれに意味を加える付加記号とで組成されていて、手っ取り早く言うと、その基本記号と付加記号の意味を覚えてしまえば、個々の表示マークを覚えなくても何を表示しているかが理解できるというものです。

5つの基本記号

それでは、5つの基本記号を説明していきます。
洗濯処理記号

洗濯処理記号

洗濯する時にどうするかを表示しています
漂白処理記号

漂白処理記号

漂白するときにどうするかを表示しています
乾燥処理記号

乾燥処理記号

洗濯物を干すときにどうするかを表示しています
アイロン仕上げ処理記号

アイロン仕上げ処理記号

アイロンがけの時の表示です
商業クリーニング処理記号

商業クリーニング処理記号

クリーニングに出すときにどう扱うかの表示です


以上のように、5つの基本記号があるのを覚えておきましょう

付加記号について

弱く

弱く

非常に弱く

非常に弱く

高温で処理

高温で処理

低温で処理

低温で処理

26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

どうしてる?冬場の部屋の洗濯物干し対策

どうしてる?冬場の部屋の洗濯物干し対策

今年も冬の足音が聞こえ始めると同時に風邪やインフルエンザなどのウィルスや手荒れ、肌荒れなど、乾燥に気を使う季節になってきました。ベタに加湿器を使うのもいいけど、ちょっと賢く工夫すれば、洗濯をしながら乾燥対策も同時にOK。 そんな目からウロコの、役立つお部屋の乾燥対策と洗濯物干しの方法をご紹介します。
川口技研 | 4,547 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

川口技研 川口技研