2016年10月31日 更新

就学の壁…共働き、小学生の子供がいるなら冬休みが超大変!?

子供が小学校に上がる年齢になると、日々の成長速度に目を奪われる方も少なくないはず。でも嬉しいことばかりでもなく、共働きの方は特に大変になりますが、入学準備に頭を悩ませたり、夏休みの間は平日でも子供が家にいるので3度3度の食事、おやつの用意なども考えなければなりません。そして実は冬休みは夏休み以上に大変で、親もそのことをよく考えておかなければなりません。このコラムでは、そんな子供と一緒の冬休みの乗り切り方について一緒に考えてみたいと思います。

183 view お気に入り 0

楽しい冬休みは一体何日あるの?

 (432)

冬休みは子供達にとっては楽しいもの。クリスマス・お正月など子供にとってはイベントだらけです。ところが大人は楽しめるような余裕がありません。
地域によっても違いもありますが、基本的に冬休みは約2週間。その間は給食なしです。
まずは、いつから子供が冬休みなのかを事前に確認しましょう。働いている親は、会社が休みになるまでは子供と同じ時期に休みが取れません。親の年末年始休暇は、28日頃から3日までが多いようで、つまり、親が一緒に子供といられる日数は約1週間ほどということになります。ということは、それ以外の1週間はお弁当など子供の食事を用意する必要があるということです。最近では会社によっては長めにお休みを取れるところも増えてはきましたが、それでもそんなラッキーな会社はまだまだ少ないのが現実です。

お弁当時短テク&復習教材の準備

 (433)

お弁当だけはまとめて作っておくことができません。お弁当の時短テクとして、晩御飯を作るときに少しだけ意識して翌日のお弁当のネタを作っておくこと。お弁当を少し意識しておけば朝慌てずにすむでしょう。
また、正月に残ったおせちもお弁当のネタになります。例えばかまぼこなどは優秀な食材です。フライにしたり、とろけるチーズなどをかけて焼いてあげてください。黒豆や栗きんとんなどはちょっとしたデザートに早変わり。保存食も上手に利用してお弁当にしてみましょう。
 (434)

さらに、学校のお知らせや学童保育のお知らせをきちんと確認しておかなければ、「私だけ弁当がなかった!」なんてことにもなるので要注意です。
学童保育でも勉強する教材が必要です。学校の宿題だけでなく、復習ドリルなどのシンプルだけど期間内に終わるものを、1冊だけでも渡してみましょう。やり遂げると気持ち良いということを自覚させるのもこの時です。

生活のリズムを守りましょう!

夏休みは親もあまり休めない(お盆休みなどがありますが)場合がある一方、冬休みは夏休みよりも多めに休める会社も多いでしょう。ただし、一緒にいられる時間が多いからといって油断は禁物です。親も一緒の期間をどのように過ごすのか、いない間はどのように過ごさせるのかを事前に計画しておきましょう。
 (435)

そして子供にはまず生活のリズムを崩さないように注意してあげましょう。風邪をひきやすい季節です。健康に注意して栄養のある食事に気を付ける、一緒に家のお手伝いをして、できることを増やしてみるなど、子供にとっても大切な時期です。

まとめ

年末に体調を崩すと年明けに元気よくスタートが切れません。この時期は1年の総括みたいな時期だからこそ油断してしまいがちですが、この時期も普段と変わらず淡々と、生活のリズムを守りながら過ごしてみましょう。
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子供の情緒を育む冬にオススメの外遊び

子供の情緒を育む冬にオススメの外遊び

子供は風の子、外遊びは当たり前、だった時代があります。寒さは体を丈夫にして、寒さに慣れることで免疫力アップが期待できます。ですが、最近は季節に関係なく、外遊びする子供の数は昔と比べると減少傾向にあります。 ゲームの発達や外遊びできる場所が減ってきたなど、子供を取り巻く環境が昔と違ってきているということが原因の一つではないでしょうか。ここでは子供の発育に応じた、冬にオススメの外遊びをご紹介したいと思います。色々な刺激を受けることで子供の発育にも良い結果をもたらします。ぜひ親子で楽しんでみてください。
冬の寒さから子供を守る!オススメ防寒アイテム3選

冬の寒さから子供を守る!オススメ防寒アイテム3選

本格的な冬の到来に備えて、子供の防寒を考えてみましょう。寒くないように、対策をばっちりしてしまうと荷物が多くなったりかさばったり・・・、なんてことないですか?子供の防寒グッズは手軽なものを選ぶようにしましょう。ここではお勧めの子供の防寒グッズを紹介します。ぜひ本格的な冬に向けて、参考にしてください。
【子育て】子供の創造性を豊かにする3つの方法

【子育て】子供の創造性を豊かにする3つの方法

子供のうちに創造性を豊かにしておけば、大人になってから求められることの多い発想力や意識の転換に大変役立つことは間違いありません。親としては、できれば子供に創造性豊かに育ってもらいたいもの。しかし、創造性を身につけさせようと思っても、何をどうすればいいのか、分からない人が大多数ではないでしょうか。いったいどんな方法が、子供の創造性を育むうえで効果的なのでしょうか。
子供の「イヤイヤ期」乗り越える方法と正しい接し方

子供の「イヤイヤ期」乗り越える方法と正しい接し方

「魔の2歳児」という言葉もあるほど、多くのママたちから恐れられているのが子供のイヤイヤ期です。イヤイヤ期に入った子供は、何をするにも「嫌だ嫌だ」と駄々をこね、まったくいうことを聞いてくれません。多くのママがこのイヤイヤ期に直面するとイライラが溜まってしまい、それが子供に伝わると、余計にイヤイヤが増していくという悪循環に陥っていってしまう恐れがあります。そんな状況を避けるためにも、イヤイヤ期を乗り越える正しい方法を身につけていきましょう。
万が一の災害に備えよう!子どもがいる家庭に必須の防災グッズ

万が一の災害に備えよう!子どもがいる家庭に必須の防災グッズ

地震大国の日本では、いつどこで地震が起こってもおかしくありません。また、台風や洪水などで思わぬ被害を受ける可能性も。そのような災害がいつ起こっても子どもの安全や健康を守れるようにするためには、普段からの備えが不可欠です。今回は、子どもがいる場合に必ず準備しておきたい防災グッズについてご紹介します。
カジスマ編集部 | 2,691 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部