2017年3月22日 更新

トイレの気になる黄ばみ・・・、重曹とクエン酸でキレイさっぱり落とそう

どんなに気を使ってトイレ掃除していても、頑固な黄ばみはなかなか落とせません。その正体は尿石。しかし尿石は重曹とクエン酸のふたつのアイテムで落とせることをご存知でしょうか。重曹とクエン酸を賢く使えば、洗剤要らずできれいなトイレをキープすることもできるのです。重曹とクエン酸で、いつもと違ったトイレ掃除にトライしてみませんか?

5,700 view お気に入り 0

用意するのは重曹とクエン酸のみ!

 (1148)

重曹とクエン酸には、それぞれ有効な汚れの分野があります。クエン酸は酸性なので、トイレの黄ばみのほかに尿などのアンモニア臭にも効果を発揮します。またシンクの水垢や手垢、ポットに付着したカルシウムなども落とします。ただし、クエン酸は塩素系洗剤などと混ぜると有毒ガスが発生してしまうため、塩素系と混ぜないように気を付けましょう。また酸なので、鉄製品は錆びてしまいます。大理石も溶かしてしまうので、使用の際には注意が必要です。
一方、重曹はアルカリ性です。油汚れや、焦げ付き、手垢などを落とす性質を持っており、消臭作用もあります。ただし重曹はアルミ製品を変色させてしまうので気を付けましょう。天然素材も変色させてしまう可能性があります。

重曹とクエン酸の化学反応で黄ばみが落ちる

 (1158)

早速、クエン酸と重曹を使ってトイレの黄ばみを落としましょう。まずは、便器全体に重曹を振りかけます。水がたまっている部分にクエン酸を入れると、クエン酸と重曹が反応し、泡が発生します。この泡にこそ、洗浄効果があるのです。発生した泡を、ブラシで便器全体に広げるようにしてこすりましょう。そのあとに水を流せば、便器はきれいになっています。これだけでは落ちない汚れには、泡の上にトイレットペーパーをパックのように置き、そのまま数時間置いて汚れを浮かせましょう。その後水を流してみてください。さらに頑固な汚れにはさらに重曹とクエン酸を増やし、パックする時間も伸ばしてみましょう。

手間いらずでいつもピカピカのトイレに

 (1159)

お出かけする前に、便器の水が溜まるところにクエン酸を振りかけておくと、帰宅後ブラシでこするだけで尿石や水垢が綺麗に落ちます。さらに、トイレタンクの水に重曹を大さじ1杯ほど入れておくと、カビを防ぐこともできます。重曹は定期的に追加してください。重曹水は商品化されているほどの汚れ落としアイテムです。手間をかけずにいつもきれいなトイレをキープしましょう。

まとめ

クエン酸と重曹はトイレだけではなく、洗面所やお風呂場、シンクなどさまざまな箇所に使えます。トイレ用、お風呂用、台所用、など用途別に洗剤を揃える必要がないので、省スペース効果もあるでしょう。スーパーや100円ショップなどでも売っているので、気軽にお掃除に用いてみてはいかがでしょうか。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

上手な子どものトイレトレーニングの進め方

上手な子どものトイレトレーニングの進め方

初めての子育てで大変なことの中にトイレトレーニングがあります。どのタイミングでトレーニングを開始すればいいのか、どれくらいの期間で自分で排泄できるようになるのかなど分からないことが多いですよね。そこで今回は、上手なトイレのトレーニング方法をご紹介します!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部