2018年9月12日 更新

髪質に合わなくなったリンスは捨てないで!意外なリンス活用術

あなたのご自宅には、匂いが好きで買ってみたものの髪質に合わなかったリンスや、シャンプーを先に使い切ってしまって処遇に困っているリンスはありませんか?シャンプーとセットでなければ使えないと思われがちなリンスですが、実は他にも日々の生活に役立ついろいろな使い道があるんです!今回は今までリンスを捨てていた人必見のテクニックをご紹介します。

1,669 view お気に入り 0

シャンプーで落ちにくいワックスにリンスが効く!

 (3227)

結婚式やパーティーのお呼ばれでなどで、がちがちに髪をスタイリングした夜、1度のシャンプーではスタイリングが落ちず、何度も髪を洗い直した経験はありませんか?
そんなときは、シャンプーをつける前の髪にリンスをもみこみ、お湯で洗い流すと、すんなりとワックスが落ちます。リンスには油脂が含まれているため、髪についたワックスとなじんで油分を洗い直すことができるのです。

リンスが髪質に合わなかったり、シャンプーを先に使い切って余ったりしても、すぐに処分するのではなく、こんな場合のスタイリング落としとしてバスルームに置いておきましょう。

リンスはお洗濯でも大活躍!

 (3230)

リンスをコップ1杯のぬるま湯に溶かして洗濯機に投入すれば、柔軟剤の代わりになります。
これは多くの柔軟剤の主成分である「陽イオン系界面活性剤」がリンスにも含まれているためです。リンスを含んだ水で洗った衣服は柔らかくなりますし、リンスの香りが服になじんで一日中ハッピーに過ごせそうですね。

また、リンスを溶かした水に、縮んだセーターをつけておくと、繊維の絡まりが解消されセーターが元の大きさに戻ります。セーターをよくすすいだ後は優しく脱水して日陰に干しましょう。

テレビの表面や床をいい香りでコーティング

 (3233)

リンスはもともと、髪の表面をコーティングし髪同士の摩擦を軽減するためのものなので、部屋の拭き掃除に使えばテレビの表面やフローリングをツヤツヤにすることができます。
リンスを使って拭き掃除をするときは、リンスを水で5~6倍に薄め、雑巾によくなじませたのち、雑巾の水分を固く絞りましょう。

リンスを含んだ水で拭き掃除をすれば、拭いたものの表面に汚れがつきにくくなることはもちろん、静電気も発生しにくくなります。
テレビの表面などに使えばホコリがつきにくくなり、お掃除の頻度が減らせるかもしれませんね。お掃除をした後に甘い香りがほんのり残ることもリンスならではのポイントです。

リンスの有効活用で無駄のない暮らしを

まだ使えるリンスを処分してしまうのはもったいないだけでなく、排水口へ捨ててしまったりしたときの、環境への影響も看過できません。
使わなくなったリンスがご自宅にある方は、今回紹介した方法で有効活用してみましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

身近なものでできる!ハサミの切れ味を戻す方法

身近なものでできる!ハサミの切れ味を戻す方法

お子さんがガムテープを使った工作に熱中してハサミがベトベトに!食べ物の塩分で台所用のハサミがサビついてしまった!など、ハサミの切れ味が悪くなる原因は何気ないシーンに潜んでいます。切れ味の冴えないハサミでイライラしがちの方は、身近にある意外なものを使って、スパスパの切れ味を取り戻しましょう。
やっている人も多い?実はNGな掃除機のかけ方

やっている人も多い?実はNGな掃除機のかけ方

家をキレイな状態で保つためには適度な掃除が必要不可欠。特に床に落ちたごみは気になるところ……。少しでも部屋をキレイにしようと、掃除機をかける際についつい力が入るという方も少なくないはずです。しかし、皆さん正しく掃除機かけられていますか?何気なくやっている掃除機のかけ方、もしかしたら間違った方法かもしれません。そこで今回はやってしまいがちな「NGな掃除機のかけ方」をご紹介していきます。
カジスマ編集部 | 1,127 view
もうこれは手放せない!重曹ホイップで掃除が何倍もはかどる!

もうこれは手放せない!重曹ホイップで掃除が何倍もはかどる!

以前の記事でトイレの黄ばみを落とす際に重曹を使うことをおすすめしましたが、重曹は他の掃除にも効果的なアイテム!さらに、ホイップ状にするひと工夫で、さらに使いやすくなります。そこで今回はトイレ以外の重曹の利用方法や重曹ホイップの作り方などをご紹介していきます。
カジスマ編集部 | 14,395 view
万が一の災害に備えよう!子どもがいる家庭に必須の防災グッズ

万が一の災害に備えよう!子どもがいる家庭に必須の防災グッズ

地震大国の日本では、いつどこで地震が起こってもおかしくありません。また、台風や洪水などで思わぬ被害を受ける可能性も。そのような災害がいつ起こっても子どもの安全や健康を守れるようにするためには、普段からの備えが不可欠です。今回は、子どもがいる場合に必ず準備しておきたい防災グッズについてご紹介します。
カジスマ編集部 | 5,492 view
忘れ物や無くし物が多い…うっかりさんのための生活のコツとは

忘れ物や無くし物が多い…うっかりさんのための生活のコツとは

ついつい忘れ物をしたり、所持品を無くしてしまったり、ミスをしたり……。自分が困るのはもちろん、人にも迷惑をかけてしまうことのあるこのような「うっかり」をなんとか無くしたい!と思っている人は少なくないのではないでしょうか。今回は、そんな「うっかりさん」のための「ひと工夫」を考えてみましょう。
カジスマ編集部 | 1,183 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部