2017年5月17日 更新

仕事のストレスで限界に達してしまったら…

「仕事で立て続けに失敗した」「周りは上手くできているのに、自分だけ何をやっても上手くいかない」。こうしたことが続いていくと、どんどんストレスが溜まっていき、気付いたときには限界を超え心身ともにボロボロに……という状態に陥ってしまう人は少なくありません。それでは、どうすればそのような状態となることを阻止できるのでしょうか。

59 view お気に入り 0

仕事で失敗ばかりのときに必要なのは…

 (1394)

失敗が続き、上司や取引先から叱責を受けたり、呆れられたりすると、否が応でもストレスは溜まっていってしまいます。失敗を取り返そうとより一層仕事に打ち込むのももちろん大切ですが、肉体や精神が疲労していると、集中力が失われていくため、どんどん仕事のクォリティーを落としていってしまう可能性があります。

また、仕事を頑張り過ぎて身体を壊してしまえば、結果として会社に負担をかけてしまうことにつながりかねません。ストレスが溜まっているなと感じたときには、一度肩の力を抜き、ストレス発散の方法を探すことが大事なのです。

仕事のストレス発散法1:非日常を感じる遠いところへ行く

 (1397)

ストレス発散方法として、まずあげられるのは「非日常」が感じられる場所へ行くということです。なるべく仕事から離れ、短い時間でも仕事を忘れられるような場所へ行くことをオススメします。

可能であれば海外などに行くことが一番の気分転換につながりますが、時間や金銭的に厳しいという場合には、日本国内であってもなるべく自分の生活範囲から離れた場所へ行くことをオススメします。普段見ることのない建物や自然、人などに触れあうことで、気分をリフレッシュさせてくれるはずです。

仕事のストレス発散法2:趣味に打ち込む

 (1400)

もう1つストレス発散の方法として、趣味に打ち込むということがあげられます。趣味はどんなものでも良いですが、できればアウトドアの趣味がオススメです。また、今から何か趣味を見つけようとする場合は、恋人や友人と一緒に楽しめるものを選んでみてください。誰かと何かを楽しむという行為が、疲れた心を癒やしてくれるはずです。

仕事がすべてではないと知ることが大切

自分の人生は仕事がすべてと思いこんでしまうと、それが上手くいかなかったときに大きなストレスがかかってしまいます。仕事はあくまで人生の一部と割り切り、旅行をしてみたり趣味を楽しんだりすることが非常に大切なのです。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「大人の塗り絵」で楽しみながら脳を活性化!?

「大人の塗り絵」で楽しみながら脳を活性化!?

ここ数年、じわじわと流行り続けているのが「大人の塗り絵」。若者から高齢者まで幅広い年代の人が取り組んでおり、特に女性からの人気が高いそうです。趣味や時間つぶしとして楽しめるのはもちろん、メディアで「認知症予防に効果がある」と紹介されるなどメリットもさまざま。今回はそんな「大人の塗り絵」の魅力に迫ります。
毎日の仕事を楽しめる人の仕事術~メンタル編~

毎日の仕事を楽しめる人の仕事術~メンタル編~

「明日も仕事か…いやだな」と思ったことは誰にでもあるはずです。納期に追われていたり、上司からの指摘が待っていると思ったら行きたくないと思ってしまいますよね。しかし、どのようなときでも明るく仕事に向き合っている人もいるものです。その人たちはどのような心がけをもって仕事をしているのでしょうか?
デキる人はこうしている!手帳の効果的な使い方!

デキる人はこうしている!手帳の効果的な使い方!

ビジネス手帳を買ったは良いもののどうやって使ったらいいのかわからない、ただ予定を書き込むだけ、メモするだけ、で使っている方もいるのではないでしょうか。しかし仕事がデキる人は手帳をしっかりと一つのツールとして使いこなしているようです。そこで今回は手帳の効率的な使い方を紹介していきます。
仕事でミスをしてしまった時、どうすればいい?

仕事でミスをしてしまった時、どうすればいい?

大事な仕事でミスをしてしまった時、焦りと不安で何とも言えない気持ちになってしまいますよね。そんな時あなたならどうしますか?大体の人はすぐに謝罪をするでしょう。しかし、謝罪の仕方もさまざまです。今回はミスをしたあとの謝り方や、ミスを減らす方法をご紹介します。
仕事の引き継ぎで抑えておきたいポイント

仕事の引き継ぎで抑えておきたいポイント

転職や結婚を機に現在勤めている会社を退職する際に、必ず発生するのが引き継ぎ業務です。会社にとってもこの引き継ぎはとても重要であるため、いかにスムーズかつ確実な引き継ぎができるか、力量が試される場面でもあります。会社に迷惑をかけることなくすっきりと退職できるような引き継ぎをするためには、どのようにすればいいのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部