2017年7月4日 更新

【リメイク術】ペットボトルをオシャレなインテリアに変身させよう!

毎日の生活の中で、ペットボトルにまったく触れないという人は少ないのではないでしょうか。缶と違って蓋ができ、気軽に持ち運びができるペットボトルはとても便利ですよね。ただしペットボトルはあくまでも容器。当然、中身を飲み終わったらそのままゴミ箱に持っていくと思いますが、実はペットボトルという容器には大きな可能性が詰まっているとご存知でしたでしょうか。工夫次第で、一見何の変哲もなさそうなペットボトルを、オシャレなインテリアに変身させることも可能になるのです。

109 view お気に入り 0

ペットボトルが便利でオシャレな収納グッズに!

 (2392)

手ごろなサイズのペットボトルは、工夫次第で便利な収納グッズに変身することができます。上手く収納したいサイズにペットボトルを切っていけば、オシャレな小物入れになるだけでなく、靴などを収納することも可能です。また、様々な着色ができるのもペットボトルの魅力の1つ。好みに応じて上手くペイントをしていけば、生活空間に彩りを加えることができるでしょう。

綺麗な状態であれば、ペットボトルは透明で清潔感があります。そのため食材を保管するのにもうってつけです。お米や野菜などを保管するアイテムとして役立ててみてはいかがでしょうか。また、ドレッシングやパスタなど常温で保存できるものを収納するのにも向いています。

プランターにもペットボトルが使える!?

 (2395)

ペットボトルはプランターとして活用できるのも大きな魅力。様々な大きさのものがあるペットボトルなら、大きめの観葉植物から、キッチン周りで育てることのできるハーブまで、幅広く対応することができます。つりさげ型にするか、置くタイプにするか、壁にかけるタイプにするか、といったデザインからカラーまで、加工も容易で工夫次第で様々な形状にすることができるため、腕の見せ所といえます。

ペットボトルでオシャレなランプを

 (2398)

ペットボトルの透明性を活かし、オシャレなランプにリメイクするという方法もあります。吊しランプやテーブルランプなど、どんなデザインにするかも重要ですが、もっとも大切なのはカラーといってもいいでしょう。上手くペットボトルに着色をしていくことで「これ本当にペットボトル?」といいたくなるような雰囲気あるランプを作成することもできます。

ペットボトルを上手くリメイクしてオシャレでエコな生活を

ペットボトルには本来の役目を終えた後でも、再利用法はいくつもあります。上手くリメイクをして、オシャレでエコな生活を楽しみましょう!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

捨てるのはもったいない!ティッシュの空き箱の活用術

捨てるのはもったいない!ティッシュの空き箱の活用術

ティッシュを使いきった後はいつも、空き箱を”そのまま捨ててしまう”という方は多いのではないでしょうか?しかし、ティッシュ箱をそのまま捨てるのは非常にもったいないこと!ティッシュ箱は工夫次第でリメイクでき、普段の生活に役立つ小物に変身する優秀アイテムなんです。今回は、そんなティッシュ箱のリメイク法、活用術をいくつかご紹介します♪
部屋の雰囲気づくりに重要!覚えておきたい電球の色の種類

部屋の雰囲気づくりに重要!覚えておきたい電球の色の種類

「部屋の照明の色にはあまりこだわりがない」という方もいるでしょうが、実は、電球の色によって部屋の雰囲気や仕事などの効率には大きく差が出ます。電球の色にはどんなタイプがあり、どんな効果をもたらすのかをご紹介します。
この秋何着る?アウターに悩んだらとりあえずコレ!

この秋何着る?アウターに悩んだらとりあえずコレ!

朝晩の冷え込みが気になるようになってきた今日この頃。そろそろ秋物アウターをコーディネートに取り入れる季節です。ここでは、「この秋はどんなアウターを着ればいいの?」とお悩みの方に、この秋着たいトレンドのアウターをご紹介します♪
今年もそろそろ準備しよう!カレンダー選びのポイント

今年もそろそろ準備しよう!カレンダー選びのポイント

そろそろ2020年のカレンダーが販売される季節。自宅用、仕事用、取引先への年末挨拶用にカレンダーを購入する方も多いと思います。では、カレンダーを選ぶ際はどんなポイントに気を付ければいいのでしょうか?
室内を緑で彩る!観葉植物を置くメリットとは?

室内を緑で彩る!観葉植物を置くメリットとは?

「室内が無機質で味気ない……」という悩みを抱いている人に対して、おすすめしたいのが観葉植物です。ただ室内を緑で彩ってくれるだけでなく、その他にも観葉植物を置くのにはさまざまなメリットがあります。そこで今回は、観葉植物の魅力について詳しくご紹介していきましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部