2019年3月26日 更新

お気に入りの指輪がゆるくて抜けそう!そんなときどうする?

体型が変わり、お気に入りの指輪がゆるくなってしまったとき、あなたはどうしていますか?お店にサイズ調整を依頼することもできますが、預ける手間や費用を考えると、できれば自力で何とかしたいですよね。今回はそんな方のために、サイズの合わない指輪を外れにくくする裏ワザをご紹介します!

315 view お気に入り 0

サイズ調整を依頼すると費用や時間はどのくらいかかる?

 (3813)

指輪のサイズが合わないときは、修理専門店や購入したショップで調整してもらうこともできます。ただし、サイズ調整には費用が2000~5000円ほどかかるうえ、だいたい2~3週間ほどお店で預かってもらうことに。そのため、「お金や時間をかけるくらいなら我慢しよう……」と思ってしまう方もいるかもしれません。

ですが、サイズの合わない指輪をつけていると、なにかの拍子に指から滑り落ちてしまう可能性もあります。大切な指輪をなくさないためにも、サイズが合わないままつけるのはやめた方がいいでしょう。では、どうすればサイズ調整をしなくても指輪の滑り落ちを防止できるのでしょうか?

対処法①:小さな指輪を重ねづけする

 (3816)

もっとも簡単な対処法のひとつが、指輪の上に一回り小さい指輪を重ねづけすること。小さい方の指輪が指にぴったりとフィットすることで、ゆるい指輪が滑り落ちるのを食い止めてくれます。

重ねづけなら見た目も自然で、ファッション感覚で指輪の抜け落ち防止ができます。元の指輪のデザインを邪魔したくないという方のために、重ねづけ専用の目立たないリングも市販されています。

対処法②:専用のストッパーをつける

 (3819)

もうひとつオススメの対処法が、指輪の内側にサイズ調整専用のストッパーをつける方法。プラスチック製やシリコン製のパーツ、専用のワイヤーなどをつけることで、指と指輪のすき間が埋まり、滑り止めのような役割を果たしてくれます。パッと見はまったくわからず、デザインの邪魔になったり指輪にキズをつけたりすることもないため、気軽に試せそうです!

ちょっとした工夫でお気に入りの指輪を守ろう♪

ご紹介したような裏ワザを使えば、お金や時間をかけすぎずに、大切な指輪を抜け落ちから守ることができます。重ねづけ用リングもストッパーもインターネットで簡単に購入できるので、ぜひ試してみてくださいね!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生活をちょっとだけ豊かにするかもしれないライフハック集

生活をちょっとだけ豊かにするかもしれないライフハック集

ちょっとした知識をもっておくことで、いつもの日常をほんの少しだけでも過ごしやすいものにできたら素敵なことだとは思いませんか?今回は、大きく生活を変えることはできないけど、生活をちょっぴり豊かにできるかもしれないライフハックをご紹介していきます。
室内干し、洗濯物を早く乾かしたい!そんなときに試したい裏ワザ!

室内干し、洗濯物を早く乾かしたい!そんなときに試したい裏ワザ!

「洗濯物を早く乾かしたい」そんな悩みを抱えたことはありませんか?日差しの強い夏に屋外で洗濯物を干せば短時間で乾くかもしれませんが、日差しの弱い、また日差しの少ない季節ではそうもいきません。そこで今回は、主に室内で洗濯物を干すときのワンポイントを紹介します。
カジスマ編集部 | 7,650 view
夏休み必読!子供に教えたい効率が良い宿題のこなし方

夏休み必読!子供に教えたい効率が良い宿題のこなし方

夏休みに親の頭を悩ませるのは「子供の宿題」です。計画的にしっかりこなしていかなければ、夏休みの残りが少なくなってから大慌てするのは間違いなし。しかし、頭ごなしに「宿題をしろ」といっても、素直に聞いてくれないのが困りどころ。そんな事態を防ぐため、親としてどのようなアドバイスをしていったらいいかをご紹介します。
この夏は浴衣でお出かけ!きれいに見える浴衣の着付けポイントをご紹介!

この夏は浴衣でお出かけ!きれいに見える浴衣の着付けポイントをご紹介!

夏といえば浴衣を着てお出かけしたくなる季節!とはいえ、普段から着なれない浴衣の着付けは難しく感じるものです。そういった点で、浴衣を敬遠してしまう方も少なくないのでは?そこで今回は、浴衣をきれいに着付けるポイントや、簡単に着付けるコツを紹介していきます。
夏に発生するコバエを駆除!おすすめの対策方法とは?

夏に発生するコバエを駆除!おすすめの対策方法とは?

暑くなると水場などで増えるコバエ。コバエが飛んでいるといい気持ちにはなりませんし、衛生的にも心配になってしまいます。そこで今回は、暖かくなると増える厄介なコバエの対策を紹介します。
カジスマ編集部 | 1,920 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部