2017年11月10日 更新

アドラー効果を使った子育て方法とは?

最近話題の「アドラー効果」。書店にはアドラー効果を使った仕事術などが紹介されていますが、アドラー効果を子育てに使う方法もあります。そもそもアドラー効果とはどのようなものなのでしょうか?今回はアドラー効果や、効果を利用した子育ての方法をご紹介します!さっそく実践してみてください!

598 view お気に入り 0

そもそもアドラー効果ってなに?

 (2315)

アドラー効果と呼ばれるものは、オーストラリアの精神科医である「アルフレッド・アドラー氏」が提唱している心理学です。
このアドラー心理学の思想は「共同体感覚」。自己受容や他者への信頼、貢献感が共同体感覚に含まれる要素です。また、すべての行動には意味と目的があり、自分の行動はすべて自分が決めているという自己決定論などの理論も提唱しています。

叱らなくても済む方法

 (2318)

このアドラー心理学は子育てにいい影響をもたらします。
例えば、「叱ってもしかっても子供が同じ行動をしてしまう。」という行動をとっている場合、実はママさんが子供にそうさせている原因になっているという可能性があります。言うことを聞かない子供が、叱られることで委縮してしまい、そのため次の機会にも却って親の困る行動をとってしまうということが考えられます。

叱る代わりに、勇気を与えることを心がけましょう。勇気に満ちた子は自分で解決する力を持つようになり、同じ失敗を繰り返さなくなります。
たしなめる前に一呼吸してから、「○○くん、すごいね!●●できたんだね。次は失敗しないようにするにはどうする?」など、子供の行動を一度評価し認めてあげてから、対策を話し合うことがポイントです。

自立した子に育てるコツ

 (2321)

そしてこの勇気づけをする根底には親子の信頼、相互尊敬があります。
この根底を理解し、アドラー効果を使うことで子供と横の関係を結ぶことがポイントです。縦の関係が強すぎてしまうと、自分で意思決定ができなくなってしまったり、親に怒られないようにすることばかりを考える消極的な子になってしまったりする恐れがあります。さらに、子供のころに身についてしまった消極的な部分などは大人になってからも克服することが難しくなってしまいます。
そこで必要なことは横の関係です。横の関係を結ぶには親は子供の行動に口出しをせず、援助をメインとすることを目的とします。子供は自ら行動し失敗することで学び、次への行動につなげる力が付きます。

勇気づけるというアドラー効果を利用しよう!

叱ったり褒めたりすることより効果的な勇気づけ。「急いでるんだから、早くして!」ではなく、「○時までに準備できたらいいね。あとが急がなくて良くなるね」といった言い方で、行動を促してみましょう。勇気づけにアドラー効果を利用して、チャレンジ心旺盛な子へと成長させてあげてください。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【子育て】子供の創造性を豊かにする3つの方法

【子育て】子供の創造性を豊かにする3つの方法

子供のうちに創造性を豊かにしておけば、大人になってから求められることの多い発想力や意識の転換に大変役立つことは間違いありません。親としては、できれば子供に創造性豊かに育ってもらいたいもの。しかし、創造性を身につけさせようと思っても、何をどうすればいいのか、分からない人が大多数ではないでしょうか。いったいどんな方法が、子供の創造性を育むうえで効果的なのでしょうか。
楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その2

楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その2

這えば立て、立てば歩めの親心 などという川柳もありますが、さあ子どもがよちよち歩き始めると、いよいよ目が離せなくなります 行動にもスピード感が増してくるので、更なる安全対策を講じたいところです
楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その1

楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その1

子どもの成長のスピードって目を見張るものがあり、いつの間にかズリ這いからハイハイ、つかまり立ち、ヨチヨチ歩きと、もう少しゆっくり育ってくれればいいのに、なんて思ってしまった方も多いと思います。でも、だからこそしっかり取り組んでおきたい安全対策、こちらは子どもの成長に遅れを取らないことが肝心です。
奥深い魅力にやみつきに?キャンプを趣味にしよう!

奥深い魅力にやみつきに?キャンプを趣味にしよう!

「最近疲れたな……」「たまにはゆっくりしたいな」と感じているそこのあなた!そんなときは、キャンプで思いきり自然を満喫してみませんか?ファミリー向けのレジャーというイメージが強いキャンプですが、実は大人の趣味にも最適。今回は、そんなキャンプの魅力に迫ります。
好き嫌いが多い子に!苦手な食材をおいしく食べさせるメニュー

好き嫌いが多い子に!苦手な食材をおいしく食べさせるメニュー

子どもの好き嫌いに手を焼いているママは多いのではないでしょうか。中でも野菜は、子どもに嫌われる食材の代表格といえます。野菜にはビタミンなど身体に必要な成分が多く含まれているため、できればたくさん食べて欲しいもの。そのためには、メニューに一工夫が必要かもしれません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部