2017年10月3日 更新

【子育て】子供の創造性を豊かにする3つの方法

子供のうちに創造性を豊かにしておけば、大人になってから求められることの多い発想力や意識の転換に大変役立つことは間違いありません。親としては、できれば子供に創造性豊かに育ってもらいたいもの。しかし、創造性を身につけさせようと思っても、何をどうすればいいのか、分からない人が大多数ではないでしょうか。いったいどんな方法が、子供の創造性を育むうえで効果的なのでしょうか。

216 view お気に入り 0

創造性を豊かにするポイント①:自由に遊ばせる時間を持たせる

 (2403)

創造性を豊かにするのに大切なのは、子供に自由に遊ぶ時間を与えることです。ポイントは「自由に」ということ。親が「これで遊んだら?」「それはやめておいたら?」など指図をしてしまうと、子供はそれに従ってしまい自主的に創造性を育むことはできません。

学生時代、自由研究が宿題で出されると、何をしたらいいか分からず困った人も多いでしょう。自分で発想し、実行に移すという行動は思っているよりずっと難しいのです。しかし、それをくり返すことで創造性は磨かれていきます。だからこそ、子供に自由に遊ぶ時間を与えることは、とても大切なのです。

創造性を豊かにするポイント②:正解を自力で見つけさせる

 (2406)

子供は好奇心の塊であり、何かあるとすぐに疑問を尋ねてくる場合が多いかと思います。そんな時、親としてはすぐに答えてあげたいところですが、そこはぐっと我慢して子供に答えを見つけさせるよう上手く誘導しましょう。自分で考え、自分で答えを見つけることこそが、創造性を豊かにする秘訣です。

また、もし子供の見つけた答えが間違っていたとしても、頭ごなしに否定するのは禁物。まずそこまで辿りついたことを褒めたうえで、「何が間違っていたか」「どうすれば正解に近付けるのか」を優しく教えてあげましょう。

創造性を豊かにするポイント③:親が模範となる

 (2409)

子供は親を見て育ちます。そのため、いくら子供に創造性を育ませようと思っても、自分たちが仕事や家事に追われて余裕のない状態にいるようではなかなか思うとおりに子供も成長してくれません。
父親や母親が楽器や絵、ガーデニングといった創造性あるジャンルのことを行っていると、子供も親を真似ていくでしょう。

子供の創造性を育むためには、家庭での協力が大事!

集団性を重んじる学校では、なかなか1人1人の創造性を育てていくことは難しいのが現状です。そのため、子供の創造性を高めるには、家庭での実践が不可欠。自由に遊べる時間を与えること、父親や母親が率先して子供の模範となれるよう、意識してみましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アドラー効果を使った子育て方法とは?

アドラー効果を使った子育て方法とは?

最近話題の「アドラー効果」。書店にはアドラー効果を使った仕事術などが紹介されていますが、アドラー効果を子育てに使う方法もあります。そもそもアドラー効果とはどのようなものなのでしょうか?今回はアドラー効果や、効果を利用した子育ての方法をご紹介します!さっそく実践してみてください!
勉強しない、勉強嫌いな子供が「勉強に関心」を持つようになる方法

勉強しない、勉強嫌いな子供が「勉強に関心」を持つようになる方法

ママの悩みとして、子供が勉強をしないことを挙げる方は多いのではないでしょうか。勉強をしない子供の多くは、単純に「勉強が嫌い」ということを理由に挙げることがほとんどです。では、どうすれば子供を勉強好きにすることが出来るのでしょうか。今回は、以前本サイトにてご紹介した方法(http://kajisuma.info/articles/OeZvA)とはまた違った視点から考えてみましょう。
子供のため、どんなときでも夫婦はお互いをリスペクトしよう

子供のため、どんなときでも夫婦はお互いをリスペクトしよう

良好な家庭を築いていくためには、夫婦がお互いをリスペクトしていく姿勢が非常に大切です。リスペクトし合わず夫婦喧嘩ばかりしていると、自分たちだけでなく子供に良くない影響が出てしまう可能性もあります。子供の順調な成長のため、夫婦の関係を1度見直してみましょう。
後輩ママの本音は?欲しいおさがり・いらないおさがり

後輩ママの本音は?欲しいおさがり・いらないおさがり

自分の家で着なくなった服を他の家に譲るおさがり。すぐに着られなくなる子どもの服などを有効活用できるので、あげたことがある、もらったことがあるという方も多いかもしれません。しかし、あげた方は好意のつもりでも、もらった方は実は迷惑……ということも時にはあります。お互いが気持ち良くおさがりを利用するには、いったいどんな工夫が必要なのでしょうか?
それ、もしかしたら子育てうつのサインかも…うつ症状対策法

それ、もしかしたら子育てうつのサインかも…うつ症状対策法

出産後からなぜか気分が重かったり、行動力がでなかったりという症状に悩まされてはいませんか?子どもに理由もなくイライラしてしまうこともあるでしょう。その症状はもしかしたら子育てうつかもしれません。今回は子育てうつの原因と対処法をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部