2017年10月12日 更新

上手な子どものトイレトレーニングの進め方

初めての子育てで大変なことの中にトイレトレーニングがあります。どのタイミングでトレーニングを開始すればいいのか、どれくらいの期間で自分で排泄できるようになるのかなど分からないことが多いですよね。そこで今回は、上手なトイレのトレーニング方法をご紹介します!

89 view お気に入り 0

トイレトレーニングを始めるタイミング

 (2304)

通常、トイトレを始めるタイミングは、2歳ごろのおしっこ感覚が2~3時間おきになったときや、おしっこしたと仕草や言葉で伝えてくるようになるころです。おしっこを失敗してしまったときのことを考えて、春~夏の薄着時期に始められることが理想と言えます。
また、トレーニングを開始したら、決まったタイミングでトイレトレーニングをするようにすると子供も「食べた後はおしっこ」と行動記憶しやすくなります。

おまるに座らせる

 (2307)

トイレトレーニングを始めるタイミングがつかめたら、まずはおまるから始めて見ましょう。
大人用のトイレでは地面に足がとどかないため、「怖い」「不安定」という気持ちから緊張したり、ストレスを感じてしまったりします。おまるなら、地面に足がつき、見守るママのそばで排泄できるので安心してするようになります。
慣れるまではおまるでトレーニングを進めましょう。おまるならどこにでも置けるので、収納も楽です。また、「ママ、もうウンチでそう」と言われたときもサッと持ってくることができます。

できなくても焦らない

 (2310)

おまるでのおしっこが慣れてきたら、次はトイレでのトレーニング開始です。トイレはどんな場所なのかを絵本を見せながら教えてトイレ環境を楽しいと思わせることがカギ。
食べた後にはおしっこがでなくてもなるべく行くようにしましょう。トイレトレーニングのポイントは、2分以上トイレに座らせておしっこが出ない場合はトイレから下ろしてあげることです。
出ないのに長時間座らせられているとストレスになってしまいます。さらに「出ないの?○○ちゃん、出るよね~?」など焦らせることもNG。あくまでもトイレは楽しい場所と思わせないとトイレが嫌いになってしまうかもしれません。

笑顔で見守る

トイレは何をする場所か認識するまでに時間がかかってしまう子もいます。そのため、中々思うようにおしっこが出ないということもありますが、怒ったり焦らせたりはせずに笑顔で見守ってあげましょう。
おしっこやウンチができたら「良くできたね!気持ちいいでしょ?」など褒めてトイレは快適な場所というイメージを伝えることが大切です。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子どもの好奇心を育てる「プレーパーク」とは

子どもの好奇心を育てる「プレーパーク」とは

公園でも、学童保育でもない子どもたちの居場所「プレーパーク」をご存知でしょうか。公園から遊具が撤去され、代わりに「ボール投げ禁止」の看板が立て掛けられる昨今、子どもたちがテレビゲームに夢中になるのも無理はありません。しかし、わが子をもっとのびのびと遊ばせたいとお考えなら、お近くのプレーパークに足を運んでみてはいかがでしょうか。
子供のため、どんなときでも夫婦はお互いをリスペクトしよう

子供のため、どんなときでも夫婦はお互いをリスペクトしよう

良好な家庭を築いていくためには、夫婦がお互いをリスペクトしていく姿勢が非常に大切です。リスペクトし合わず夫婦喧嘩ばかりしていると、自分たちだけでなく子供に良くない影響が出てしまう可能性もあります。子供の順調な成長のため、夫婦の関係を1度見直してみましょう。
読書と学力アップの因果関係は?…子どもの学力アップにはコツがある!?

読書と学力アップの因果関係は?…子どもの学力アップにはコツがある!?

皆さんは子どもの学力をアップさせたいと思った時、どんなことを考えますか?よく「小さい頃に読書をさせたから学力がアップした」という体験談を耳にしますが、読書が学力アップにつながるという因果関係はハッキリしているとは言えないそうで、「読書をさせたことで学力がアップした」のではなく、「学力の高い子が本を読んだだけ」と考える研究者もいるようです。では、子どもの学力をアップさせるにはどうしたら良いのでしょうか。
大掃除のポイント!

大掃除のポイント!

年末は大掃除のシーズンです。 レンジフードや冷蔵庫、大きな家具の裏側など、普段掃除の行き届かないところをキレイにするタイミング。この際ですからもう一歩進んで普段は見過ごしているおウチの中のあれこれを点検してみましょう。
漫画は子どもの教育に良い?!

漫画は子どもの教育に良い?!

あなたはお子さんに漫画を読ませますか?これを読んでいる人の中には、「漫画は勉強の邪魔になるから」「悪い影響があるのではないかと心配だから」と、子どもに漫画を読ませない人も少なくないかもしれません。しかし、本当に漫画は子どもの教育によくないのでしょうか。漫画を悪者と決めつける前に、今一度その影響力について考えてみましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部