2017年9月11日 更新

信頼される人がやっている!人の名前と顔を覚えるメリット

みなさんは人の名前と顔をすぐに覚えられますか?顔は覚えているけど名前が出てこず、「あー、先日はどうも」と言葉を濁した経験がある人も多いでしょう。そういうケースでは、「きっと名前覚えてもらえてないんだろうな」と気付かれている場合が多いようです。そこで今回は、しっかり人の名前と顔を覚えることで得られるメリットをご紹介します!ぜひ実践してみてください。

30 view お気に入り 0

信頼度が上がる

 (2293)

まず、人の名前と顔を覚えることで得られるメリットは相手からの「信頼度があがる」ことです。相手の名前と顔を覚えて頻繁に名前を呼ぶことで、相手の自己存在感を満たすことができます。そのため、人は自分の名前を呼んでくれる人を「信頼できる人」と記憶する傾向が高いようです。その心理を汲み取り、相手の自己存在感を満たすことで信頼関係を構築していくことができます。

好印象を持ってもらえる

 (2296)

信頼できる人と思ってもらえることは、同時に「好印象」を持ってもらえることも多いはず。
相手の名前を呼ぶことは、相手に敬意を示すことになるので、名前を呼んでくれる人に親しみを感じたり、また話したいなと思ったりしたことはありませんか?それは相手の敬意がこちらに伝わるからではありませんか。
いつも「え~と」や「あの~」などで会話が始まるよりも「○○さんはこの件どう思いますか?」など名前を先につけることで敬意を示すことができ、相手にも好印象まちがいなしです。

様々なシーンに呼ばれやすくなる

 (2299)

相手の名前と顔を覚えることで、相手との信頼関係が構築しやすくなります。そのため、一旦信頼関係が構築されると様々なシーンで声が掛かることもメリットととなります。
ビジネスの場であれば、重要な会議や役員とのコミュニケーションの機会など普段では関われない人との接点も生まれことも出てきます。友人関係であれば面白そうなイベントや、交友関係を広げるきっかけとなる場にも誘われることが多くなると思います。

メリットだらけ!すぐに実践してみよう

人の名前と顔をすぐに覚え、相手を名前で呼び、コミュニケーションを図るだけで信頼関係が深めやすくなることは最大のメリットですね。ビジネスの場や友人関係でぜひ実践してみてください。
11 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部