2017年8月4日 更新

仕事でミスをしてしまった時、どうすればいい?

大事な仕事でミスをしてしまった時、焦りと不安で何とも言えない気持ちになってしまいますよね。そんな時あなたならどうしますか?大体の人はすぐに謝罪をするでしょう。しかし、謝罪の仕方もさまざまです。今回はミスをしたあとの謝り方や、ミスを減らす方法をご紹介します。

33 view お気に入り 0

非があることを認めた謝罪方法

 (1883)

ミスをしてしまったあとの謝罪方法次第で、相手の怒りの感情を軽減できるのか、増幅させてしまうのかが変わってきます。どのような謝罪方法が相手の怒りを軽減させ、許そうと思う心理状態に向かわせるのでしょうか?
上手な謝り方をする人はまず自分の非を認め、お詫びの言葉を述べます。謝って終わり!ではありません。謝るときに相手の感情に寄り添います。「細かな気を配っていただいていたのにも関わらず、今回●●のようなミスをしてしまい大変申し訳ございません」と言ったように相手の感情を思いやることが重要です。
さらに、今後はどのようにそのミスをなくすのか、犯してしまった過ちをどのように解決するのかなど「今後の対策」について話しましょう。その後、再度お詫びの言葉を述べるという謝罪方法が相手の感情を落ち着かせ、許しの感情を生みます。

今後の対策を話す

 (1886)

謝罪の中で「今後の対策」を話すことは必須要素です。二度とミスをしないための対策を話すことで、謝罪されている側は、ミスをした人の誠意を感じます。ただ「申し訳ございませんでした」と謝るだけでは、何に対して申し訳ないと思っているのか、今後そのミスをなくすためにどう取り組んでいくのかが分かりません。そのため、ミスをした人の誠意が感じ取れず、中々許してもらえないという状況になってしまいます。
謝罪の際に、今後の対策も話すということはビジネスの場に関わらず、恋愛の場や夫婦間、友人関係にも大きな影響をもたらすでしょう。

ミスを減らすには

 (1889)

ミスをしてしまうことは仕方のないことかもしれませんが、頻繁にミスをしてしまう場合は、今のやり方をもう一度チェックする必要があるでしょう。どうすればミスを少なくすることができるのでしょうか?
ミスが少ない人に共通していることは、まず目的を知り、その目的達成のためにどのような役割をしていくのかなど全体像を把握していることです。次に再発防止の方向性を決め、目的達成するために必要な情報や技術などを身につけます。
誰が主体で、何の目的で、いつまでに仕事を完成させなければいけないのかをしっかりと把握することでミスを減らすことができます。

ミスをしたらすぐに謝罪しよう

ミスをした後、そのミスをなかったことにしようとするか、すぐにミスを認め、謝罪し誠意を見せるかはあなた次第です。相手からの信用を落とさないためには、やはりミスをしたことを認め、すぐに謝罪をすること大切ではないでしょうか。ミスを隠し、それがわかった時のマイナスは計り知れません。今回ご紹介したポイントを押さえてすぐに謝罪し、今後ミスのない行動を心がけましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

毎日の仕事を楽しめる人の仕事術~メンタル編~

毎日の仕事を楽しめる人の仕事術~メンタル編~

「明日も仕事か…いやだな」と思ったことは誰にでもあるはずです。納期に追われていたり、上司からの指摘が待っていると思ったら行きたくないと思ってしまいますよね。しかし、どのようなときでも明るく仕事に向き合っている人もいるものです。その人たちはどのような心がけをもって仕事をしているのでしょうか?
子どもの写真をSNSに投稿する際、知っておくべきこと

子どもの写真をSNSに投稿する際、知っておくべきこと

入学式や運動会、発表会などは子どもの成長を記録する絶好のチャンス。カメラで撮影した写真を現像してアルバムにまとめ、それを後から見返すのは楽しいことですよね。しかしそれをネット上で行うとなると話は別です。SNS上で全世界に公開された画像はアップロードが完了した瞬間から、ネット上から抹消できない「デジタルタトゥー」となってしまう危険があるのです。
デキる人はこうしている!手帳の効果的な使い方!

デキる人はこうしている!手帳の効果的な使い方!

ビジネス手帳を買ったは良いもののどうやって使ったらいいのかわからない、ただ予定を書き込むだけ、メモするだけ、で使っている方もいるのではないでしょうか。しかし仕事がデキる人は手帳をしっかりと一つのツールとして使いこなしているようです。そこで今回は手帳の効率的な使い方を紹介していきます。
紫外線対策はバッチリ!?でも髪の紫外線対策忘れてない?

紫外線対策はバッチリ!?でも髪の紫外線対策忘れてない?

1年中降り注ぐ紫外線、ご存知の通り特に夏の季節は紫外線がより多くなってきます。シミの原因になるからと日焼け止めを肌に塗って紫外線対策をするという方は多いと思いますが、髪や頭皮の方が肌に比べてより多くの紫外線を浴びているといわれているのをご存知ですか?今回は紫外線が髪に与える影響や対策などについてまとめてみました。
暑いのに冷える!?夏の冷え性にご用心!

暑いのに冷える!?夏の冷え性にご用心!

夏は暑いため冷え性とは無関係なイメージがあるかもしれませんが、夏でも冷え性に悩む人が増えているようです。体が冷えてしまうことで健康にも悪影響が出てしまうことも…。今回はそんな夏の冷え性についてまとめてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部