2017年7月31日 更新

紫外線対策はバッチリ!?でも髪の紫外線対策忘れてない?

1年中降り注ぐ紫外線、ご存知の通り特に夏の季節は紫外線がより多くなってきます。シミの原因になるからと日焼け止めを肌に塗って紫外線対策をするという方は多いと思いますが、髪や頭皮の方が肌に比べてより多くの紫外線を浴びているといわれているのをご存知ですか?今回は紫外線が髪に与える影響や対策などについてまとめてみました。

紫外線が髪に与える影響とは

 (1850)

髪の毛は主にシスチンというアミノ酸がくっついてできているタンパク質で構成されています。紫外線はこのくっついているアミノ酸をバラバラにしてしまいます。その結果、キューティクルが損傷し、髪の毛のツヤがなくなったり枝毛や切れ毛の原因となってしまうのです。

また紫外線は髪の毛の色の元となっているメラニン色素も分解し、髪の色を赤茶色に褪色させてしまいます。メラニンは、お肌のシミの原因というイメージがあるかと思いますが、髪にあるメラニンは紫外線から髪を守るという役割を担っているのです。

頭皮にも対策を!

 (1853)

髪のダメージというと切れ毛や枝毛、褪色といったことだけが注目されがちですが、頭皮も髪と同じくらいの紫外線を浴びているため、対策をしなければなりません。頭皮といっても、顔の延長線上であり同じ皮膚です。紫外線を浴びれば顔同様に水分が失われハリもなくなってしまいます。

また頭皮にある毛母細胞が破壊されることで抜け毛や薄毛の原因となることや、色素細胞が傷つけられることで白髪の発生を促進してしまいます。頭皮の紫外線対策をしないと、今、生えている髪の毛だけでなく、これから生えてくる髪の毛にまで影響が出てしまいます。

紫外線対策はどうしたらいい!?

 (1856)

・帽子と日傘
もっとも手軽で簡単な紫外線対策は外出する時には帽子をかぶることです。UVカット効果の付いている帽子を選ぶようにすればより効果が期待できます。また日傘をさすことで強い日差しもしっかりと紫外線から髪や頭皮を守ってくれるでしょう。

・UVカットスプレーやオイル
肌に塗る日焼け止めがあるように髪にかけたり、塗る日焼け止めもあります。カラーをしている人用のものや敏感肌の人用など様々な種類が出ているので自分の状態や使いやすいタイプのものを選びましょう。中には顔や体にも使えるものがあるので髪と肌で分けるのが面倒な方にはそういったタイプを選ぶと、一つで全身の紫外線対策が可能です。

・地肌に日焼け止め
頭皮は顔と同じ皮膚なので、頭皮に日焼け止めを塗ることは問題無いといえます。しかし日焼け止めは紫外線を反射させるため、白浮きしてしまう可能性があることや、またシャンプーなどの際にしっかりと落とさないと、頭皮に悪影響を及ぼしてしまう可能性も考えられるため注意が必要です。

肌だけでなく髪や頭皮も忘れないで!

シミやハリが失われる原因となる紫外線は、頭皮にも大きなダメージを与えます。顔や肌ばかりに気を取られがちですが、しっかりと髪や頭皮の紫外線対策を行って美しい髪を保てるようにしましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子どもの写真をSNSに投稿する際、知っておくべきこと

子どもの写真をSNSに投稿する際、知っておくべきこと

入学式や運動会、発表会などは子どもの成長を記録する絶好のチャンス。カメラで撮影した写真を現像してアルバムにまとめ、それを後から見返すのは楽しいことですよね。しかしそれをネット上で行うとなると話は別です。SNS上で全世界に公開された画像はアップロードが完了した瞬間から、ネット上から抹消できない「デジタルタトゥー」となってしまう危険があるのです。
仕事でミスをしてしまった時、どうすればいい?

仕事でミスをしてしまった時、どうすればいい?

大事な仕事でミスをしてしまった時、焦りと不安で何とも言えない気持ちになってしまいますよね。そんな時あなたならどうしますか?大体の人はすぐに謝罪をするでしょう。しかし、謝罪の仕方もさまざまです。今回はミスをしたあとの謝り方や、ミスを減らす方法をご紹介します。
暑いのに冷える!?夏の冷え性にご用心!

暑いのに冷える!?夏の冷え性にご用心!

夏は暑いため冷え性とは無関係なイメージがあるかもしれませんが、夏でも冷え性に悩む人が増えているようです。体が冷えてしまうことで健康にも悪影響が出てしまうことも…。今回はそんな夏の冷え性についてまとめてみました。
夏が来る前に!オフィスの空調が寒い・暑いときの対策とは

夏が来る前に!オフィスの空調が寒い・暑いときの対策とは

長時間、冷房が効いた部屋で作業をすると、あまりの涼しさに体がついていけず、体調を崩してしまうことがあります。設定温度を変更したいと思っても、オフィスの中で寒がっているのは自分だけという場合はなかなか言い出しづらいもの。女性にとって冷えは天敵なので、冷房で体を冷やさないために自分で対策をとりましょう。
原因はヘアケア習慣!ヘアカラーを長持ちさせる方法とは

原因はヘアケア習慣!ヘアカラーを長持ちさせる方法とは

季節や流行に合わせて服装を替えるように、髪も思い通りの色を保ちたいものですが、染めてすぐに色が落ちてしまったり、時間が経って雰囲気が変わってしまったりするのはなぜなのでしょうか。今回は美容院などで染めた髪の色を長持ちさせるためのコツについて調べてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部