2017年4月8日 更新

陶芸教室で、世界に1つだけの作品を創ってみませんか?

新しい季節に何かを始めたいと感じたら、陶芸はいかがですか? 陶芸は、一生続けられる趣味として人気があります。また陶芸を一生の生業とする方もいらっしゃるほど、奥の深い工芸のひとつです。感性をかたちにする楽しみだけではなく、陶芸を通して仲間もできるでしょう。たとえば、料理好きな方は自分で使う食器などを作ってみるのも面白そうです。あなたも陶芸で自分だけの作品を創ってみませんか?

159 view お気に入り 0

土に触る喜びを感じよう

 (1155)

陶芸の楽しさは作品作りだけではなく、土に触る喜びを得られることです。土には癒し効果があり、触ることで日常との切り替えをし、「無」になるともいわれています。土に触ること自体に、懐かしさを感じるようです。泥遊びや粘土遊びをしていた、子どものころを思い出すとの声もあります。力いっぱい粘土を練るなんてことは、いつからしていないでしょうか? 
昨今の陶芸は、男性だけでなく、女性のファンも増やしています。陶芸を始めることで新しい視点が開け、これまで興味がなかった美術館や展覧会に足を運びたくなる人もいるようです。

作品をプレゼントする楽しみも

 (1156)

陶芸で、どんなものを作るのかは自分次第です。世界にふたつとない作品を通して自分でも気づかなかった、個性に気付くこともあるかもしれません。 最初は作るのが簡単な、お皿から始める方が多いようです。自分で作ったお皿に料理を盛ったときの感激は何ともいえないものがあるはず。
上達すると、たとえば湯呑みを作って両親にプレゼントしたり、恋人とお揃いのカップを作ったりすることもできます。陶芸のコツは、とにかく直感に従って手を動かし自分のなかの創造力を稼働させること。陶芸は両手をフルに使って、さまざまな形を作ることができます。上手、下手という視点だけではなく、自分らしさを持って楽しむことがなによりも大切です。

汚れても構わない服装がベスト!

 (1157)

陶芸教室には、汚れても構わない服装で行きましょう。陶芸は、ろくろを回すと土が飛び散ったりします。衣服を汚してしまうことが多いものですが、それも含めて陶芸なのだとその雰囲気を楽しみの一つととらえては? 
また、ろくろを使うときは脚を広げるのでパンツスタイルがおすすめです。袖も長すぎると作業の邪魔になるので、下がってこないものを選びましょう。靴も汚れるのでスニーカーなどが良いでしょう。また爪はなるべく短く切っておくと、爪の間が汚れずに済みます。

まとめ

陶芸はプロ・アマを問わないコンテストも全国各地で開催されています。陶芸に慣れてきたら、そういったものを目標にするのも楽しいはずです。同じ土を使っても、作る人によって違うものが出来上がるのが陶芸の面白さ。あなたもこの春から挑戦してみませんか?
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部