2017年3月6日 更新

小さな器に広がる自然!手軽に始められるミニ盆栽の作り方

趣味はなにか、と聞かれて見つからず、口ごもってしまった経験がある人はいませんか? いま手軽に始められる趣味としてミニサイズの盆栽が話題になっています。小さな器のなかで自然を感じ、個性を表現するのはとても奥深いものです。今回はミニ盆栽の作り方をご紹介いたします。

132 view お気に入り 0

時代はミニ盆栽ブーム!?

ミニ盆栽は、見た目の可愛らしさから女性や若い人を中心に人気を集めつつあるようです。たとえばデスクの上で桜や紅葉を育ててみれば四季の移り変わりを感じることができ、その美しさに癒されることと思います。ミニ盆栽は時間をかけて育てる楽しみもあります。小さな自然に日頃のストレスも癒されること間違いなしです。

ミニ盆栽を作ってみよう!

 (1007)

おしゃれなインテリアショップでは、しばしばミニ盆栽を見かけることができます。しかし、せっかくなら世界にひとつだけのオリジナルミニ盆栽が欲しいですよね。そんな人は、お近くの花屋やホームセンターなどで苗木を手にいれることから始めましょう。苗木をお気に入りの鉢に植え替えればオリジナリティがアップすることでしょう。

必要なもの:
・ 鉢
・ 土(ケト土と小粒の赤球土を混ぜたもの、もしくは市販の盆栽用の土が良いでしょう)
・ 植え付ける植物
・ 剪定バサミ
・ ピンセット
・ 鉢底ネット
・ 針金

植物は手のひらにおさまるサイズであれば、樹木でも草花でもOKです。鉢は底に穴が空いているものを使い、鉢底ネットを敷いた上で土を入れていきましょう。水はけを良くするためです。茶碗や湯のみなど穴が空いていないものを使用する場合は、必ず穴を開けて使うようにしましょう。ミニ盆栽には、つつじ、さつき、ざくろ、萩、すいれんぼく、さくらんぼの木や楓などが人気です。

作り方:
1. 鉢の底にネットを敷く
2. 鉢底ネットの穴から針金を鉢の両サイドに通す
3. 苗木を鉢に入るくらいまでに切り揃える
4. 針金で固定をしながら苗を鉢に植える
5. 株の周りに土を入れる
6. たっぷりと水やりをすれば完成

たったこれだけで、誰でも自分だけのオリジナルミニ盆栽を作ることができます。簡単なので、お子様やご年配のご家族と一緒に作ってみても良いかもしれませんね。

まとめ

 (1008)

ミニ盆栽は観葉植物とは違い、温度や湿度の管理をこまめに気にしてあげる必要があります。季節ごとに日が当たる時間をコントロールしたり、水やりは表面が乾いたらたっぷりあげるなど日頃から観察を怠らないようにしましょう。剪定は成長を見ながらおこなえばOKです。今度の週末にでもオリジナル盆栽作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。
8 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部