2017年6月28日 更新

子育て中のママに人気!How to 子供に教える英語

グローバル化にともなって、日本でも多くの外国人を目にするようになっていてきます。特に各有名観光地や都内などを訪れる外国人観光客も年々増加傾向にあります。それは同時に、日常的に英語力が問われる時代になってきたとも言えます。そのためか、子どもに小さいときから英語を習わせておきたい!と考えるママさんも最近は多いようです!子どもに教える英語、勉強法はどのように行えばいいのでしょうか?

87 view お気に入り 0

小さいうちは耳を慣れさせる聞かせることがベスト!

 (1449)

そもそも、英語を学び始めるのは何歳ごろから効果的なのでしょうか?一般的には、親の話す言葉を真似始める2歳ごろから英語に触れさせることが適切と言われています。初めは英語を耳に馴染ませるため、簡単な英語のCDや音楽、子ども用の英語アニメなどを使って英語を聴かせることがオススメです。すると簡単な「yes」「ok」「I’m good」などの短いフレーズを覚え始めます。単語や短いフレーズに慣れてくるまでは英語を聴かせることに集中しましょう。

親子で英語を学ぼう!

 (1452)

子どもは覚えた単語やフレーズをすぐに使おうとします。そのため、ママもある程度の英語を知っておく必要があります。親子で同じアニメや動画を見たり、CDを聴いたりしながら一緒に英語を学ぶことで、親子の仲も深めながら英語学習に取り組むことができるという、一石二鳥のメリットもあります。単語や短いフレーズを一緒に言ったり、「ママの真似してね」と言いながら復唱させたり、楽しみながら英語に触れることができます。
動画サイトYoutubeには、子どもに聴かせるための英語などのショートムービーが多く投稿されているので参考にしてみてください。

日々の会話の中に英語を交ぜて即実践

 (1455)

英語は言語なので積極的に声に出したり、生活の中で使用したりしていくことがポイントです。子どもがdesk、penなどの名詞を覚えてきたら「what’s this?(これはなに?)」と聞いてみたり、「How are you, sweety?」と外国人のママのような接し方で子どもに接してみたりと、日々の会話の中に英語を交ぜてみてください。会話の中に英語をとり入れることで英語に対しての抵抗感がなくなり、大きくなってからも積極的に英語を学ぶようになるでしょう。

確実に英語力を身につけよう!

確実な英語力を身につけるためのポイントは、あれこれと欲張って多くの教材に手を出さないことです。あれもこれもとなると、結局何から手を付ければいいのか分からなくなります。一つの教材を反復して使用したり、参考にする動画サイトのチャンネルは一つに絞ったりと、子どもが迷わず、より興味を示す方法を見つけながら英語学習をしてみてください!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

読書と学力アップの因果関係は?…子どもの学力アップにはコツがある!?

読書と学力アップの因果関係は?…子どもの学力アップにはコツがある!?

皆さんは子どもの学力をアップさせたいと思った時、どんなことを考えますか?よく「小さい頃に読書をさせたから学力がアップした」という体験談を耳にしますが、読書が学力アップにつながるという因果関係はハッキリしているとは言えないそうで、「読書をさせたことで学力がアップした」のではなく、「学力の高い子が本を読んだだけ」と考える研究者もいるようです。では、子どもの学力をアップさせるにはどうしたら良いのでしょうか。
勉強しない、勉強嫌いな子供が「勉強に関心」を持つようになる方法

勉強しない、勉強嫌いな子供が「勉強に関心」を持つようになる方法

ママの悩みとして、子供が勉強をしないことを挙げる方は多いのではないでしょうか。勉強をしない子供の多くは、単純に「勉強が嫌い」ということを理由に挙げることがほとんどです。では、どうすれば子供を勉強好きにすることが出来るのでしょうか。今回は、以前本サイトにてご紹介した方法(http://kajisuma.info/articles/OeZvA)とはまた違った視点から考えてみましょう。
楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その2

楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その2

這えば立て、立てば歩めの親心 などという川柳もありますが、さあ子どもがよちよち歩き始めると、いよいよ目が離せなくなります 行動にもスピード感が増してくるので、更なる安全対策を講じたいところです
楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その1

楽しみな子どもの成長、でも安全対策はしっかり!! その1

子どもの成長のスピードって目を見張るものがあり、いつの間にかズリ這いからハイハイ、つかまり立ち、ヨチヨチ歩きと、もう少しゆっくり育ってくれればいいのに、なんて思ってしまった方も多いと思います。でも、だからこそしっかり取り組んでおきたい安全対策、こちらは子どもの成長に遅れを取らないことが肝心です。
奥深い魅力にやみつきに?キャンプを趣味にしよう!

奥深い魅力にやみつきに?キャンプを趣味にしよう!

「最近疲れたな……」「たまにはゆっくりしたいな」と感じているそこのあなた!そんなときは、キャンプで思いきり自然を満喫してみませんか?ファミリー向けのレジャーというイメージが強いキャンプですが、実は大人の趣味にも最適。今回は、そんなキャンプの魅力に迫ります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部