2017年7月20日 更新

万が一の災害に備えよう!子どもがいる家庭に必須の防災グッズ

地震大国の日本では、いつどこで地震が起こってもおかしくありません。また、台風や洪水などで思わぬ被害を受ける可能性も。そのような災害がいつ起こっても子どもの安全や健康を守れるようにするためには、普段からの備えが不可欠です。今回は、子どもがいる場合に必ず準備しておきたい防災グッズについてご紹介します。

2,617 view お気に入り 0

子どもがいるなら防災グッズの準備はマスト!

 (1609)

どんな人も普段から災害に備えた準備をしておく必要がありますが、小さい子どもがいる場合は特に準備を万全にしておきたいもの。災害時には子どもに必要な物資が手に入りにくくなったり、避難所で生活を送ることになる可能性もあります。

そんなときでも親として子どもの安全と健康を守るためには、基本的な防災グッズのほかに子ども用の防災グッズを必ず用意しておく必要があります。準備した防災グッズは、寝室の出入り口や玄関など、避難するときにすぐに持ち出せるような場所に常に置いておきましょう。

避難するときの持ち物は?

 (1612)

避難する際にすぐに持ち出せるよう、以下のような持ち出し用の防災グッズを用意しておきましょう。

▼基本の持ち出し用防災グッズ
・非常食(缶詰、レトルト食品、飴やチョコレートなど)
・飲料水(一人あたり2リットル)
・懐中電灯
・携帯ラジオ
・予備の電池、バッテリー
・身分証明書のコピー
・現金
・衣類
・タオル
・救急セット、常備薬
・ティッシュ
・生理用品
・マスク

▼子どものための持ち出し用防災グッズ
・抱っこ紐
・防災頭巾やヘルメット
・おむつ、下着
・衣類
・お尻ふき
・ミルク、哺乳瓶
・子ども用の非常食

つい、あれもこれも……と袋に入れたくなりますが、すみやかな避難の妨げとなる可能性があるので大きすぎる荷物はNG。本当に必要なものだけを入れるようにしましょう。

備蓄しておくべきもの

 (1615)

持ち出し用の防災グッズに加えて、以下のようなものを普段から自宅に備蓄しておくと安心です。

・水(一人あたり2リットル×3日分以上)
・食料(パスタ、カップラーメン、缶詰、乾パンなど日持ちするもの)
・水貯蔵タンク(生活用水を溜めるもの)
・カセットコンロ用のガスボンベ

交通が遮断されていなくとも、救援物資が届くのには3日間かかると言われています。水や食料は最低でも3日分は用意しておいた方がよさそうです。なお、備蓄食料や水には消費期限があるため、定期的に期限をチェックし、期限が切れそうなものは消費して新しいものと入れ替えておきましょう。

普段から備えを万全に!

災害時でもなるべく子どもにはストレスなく過ごさせたいもの。緊急時に慌てたり困ったりすることがないよう、今日ご紹介した情報を参考に普段からしっかり災害に備えておきましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

忘れ物や無くし物が多い…うっかりさんのための生活のコツとは

忘れ物や無くし物が多い…うっかりさんのための生活のコツとは

ついつい忘れ物をしたり、所持品を無くしてしまったり、ミスをしたり……。自分が困るのはもちろん、人にも迷惑をかけてしまうことのあるこのような「うっかり」をなんとか無くしたい!と思っている人は少なくないのではないでしょうか。今回は、そんな「うっかりさん」のための「ひと工夫」を考えてみましょう。
【子育て】子供の創造性を豊かにする3つの方法

【子育て】子供の創造性を豊かにする3つの方法

子供のうちに創造性を豊かにしておけば、大人になってから求められることの多い発想力や意識の転換に大変役立つことは間違いありません。親としては、できれば子供に創造性豊かに育ってもらいたいもの。しかし、創造性を身につけさせようと思っても、何をどうすればいいのか、分からない人が大多数ではないでしょうか。いったいどんな方法が、子供の創造性を育むうえで効果的なのでしょうか。
子供の「イヤイヤ期」乗り越える方法と正しい接し方

子供の「イヤイヤ期」乗り越える方法と正しい接し方

「魔の2歳児」という言葉もあるほど、多くのママたちから恐れられているのが子供のイヤイヤ期です。イヤイヤ期に入った子供は、何をするにも「嫌だ嫌だ」と駄々をこね、まったくいうことを聞いてくれません。多くのママがこのイヤイヤ期に直面するとイライラが溜まってしまい、それが子供に伝わると、余計にイヤイヤが増していくという悪循環に陥っていってしまう恐れがあります。そんな状況を避けるためにも、イヤイヤ期を乗り越える正しい方法を身につけていきましょう。
勉強しない、勉強嫌いな子供が「勉強に関心」を持つようになる方法

勉強しない、勉強嫌いな子供が「勉強に関心」を持つようになる方法

ママの悩みとして、子供が勉強をしないことを挙げる方は多いのではないでしょうか。勉強をしない子供の多くは、単純に「勉強が嫌い」ということを理由に挙げることがほとんどです。では、どうすれば子供を勉強好きにすることが出来るのでしょうか。今回は、以前本サイトにてご紹介した方法(http://kajisuma.info/articles/OeZvA)とはまた違った視点から考えてみましょう。
子供への愛情、不足してませんか?子供への接し方を見直しましょう

子供への愛情、不足してませんか?子供への接し方を見直しましょう

「子どもが言うことを聞かない」、「原因もわからず泣きっぱなし」という経験は、お子さんを持つ親御さんの多くが経験していることでしょう。 親としては愛情を注いでいるつもりでも、意外にも子どもには伝わっていなかったり、逆にそれが窮屈と感じている場合があります。今回は子どもへの適切な接し方についてまとめてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部