2017年7月3日 更新

あきらめないで!目の下のクマを上手に隠すには?

疲れがたまったり、寝不足が続いたりすると、身体の不調が目の下のクマとなって現れることがあります。クマがあると、顔の印象が悪くなり、実年齢よりも老けて見えることもしばしば。普段のメイクじゃ隠しきれない目の下のクマにはどんな対策が有効なのでしょうか。

43 view お気に入り 0

そもそもクマとは?

 (1576)

目の下にできるクマは、その色や原因から3つに分けることができ、それぞれによって有効な対策が変わってきます。クマを上手にリカバリーするためにはまず、自分のクマの原因を判断することからはじめましょう。

・黒クマ
加齢による皮膚のたるみやへこみが原因で目に下に光が当たらず、影ができてしまうのが黒クマです。黒クマは実際に肌の色が変わっているわけではないので、コンシーラーはまったく効果がありません。普通に正面を向いたときと上を向いたときの肌の色を比べて、上を向いたときの方が色が薄くなるようであれば、あなたのクマは黒クマです。

・青クマ
生活習慣の乱れや、ストレス、目の疲れなどによって目の周りの血流が滞ると、皮膚の下の血管が透けて見えることで、目の下が青くなるのが青クマの正体です。生まれつきである場合もありますが、肌の色が白い人ほど目立ちやすい傾向があります。

・茶クマ
蓄積された紫外線ダメージや落としきれなかった化粧品の色素沈着によってできるのが茶クマです。肌が乾燥しやすい方や、日焼けをして黒くなりやすい方に多いとされています。

根本的な解決には生活習慣の見直しが必要

 (1579)

色素沈着や血行不良によるクマは、ある程度メイクでごまかすことができますが、実際のクマを薄くするためには、生活習慣を見直すことで効果が上がります。

加齢による黒クマでお悩みの方は、普段のスキンケアで目の周りの肌にハリを取り戻すことを意識しましょう。アイクリームなどで保湿を行い、皮膚のたるみを改善させることができれば影は薄くなります。
青クマは直接的な原因である血行不良を解消することがはじめの一歩。睡眠をしっかり取り、適度な運動を心がけ、日ごろから身体を冷やさないようにしましょう。

色素沈着が原因で起こる茶クマがある方は、日々のスキンケアで目の周りを強くこすっている可能性があります。メイクを落とすときは、アイメイク専用リムーバーを使って、目の周りのメイクを優しくオフしてください。

メイクでクマを隠す

 (1582)

クマを消すためにコンシーラーを使用している方は多くいらっしゃいますが、化粧品の選び方やその使い方を間違えると、かえってクマの存在が際立ってしまう場合もあります。ここからはクマの種類に合わせた正しいコンシーラーの使い方をご紹介します。

まず、黒クマでお悩みの方はパール感のあるコンシーラーで、目元にハリ感を出しましょう。また、アイシャドウやリップを目立たせて、クマに視線が行かないようにすることも有効な手段です。
青クマには、メイク前の蒸しタオルがおすすめ。目の周りを温めることで血行を促し、それからオレンジ系のコンシーラーを使うとクマが目立たなくなります。
茶クマにはイエロー系のコンシーラーを薄く馴染ませると、他の肌とのギャップが埋まります。

そのクマ、病気のサインかも?

日ごろから濃いクマに悩まされている方のなかには、クマがある顔は自分本来の姿と割り切ってしまっている方も多いのではないでしょうか。しかし、クマができるのには何かしら身体的原因があってであるのに、慢性的な貧血や睡眠不足を放置したままでいるのは、健康のためにもいいことではありません。今後の人生をよりよくするためには、クマの解消と併せて、生活習慣を改善する努力が大切です。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

一緒に長生きを目指して!旦那に健康管理をさせるコツ

一緒に長生きを目指して!旦那に健康管理をさせるコツ

休日はゴロゴロしてばかり、食べるものは味の濃いものばかり・・・、旦那さんの生活習慣に不安を覚えることはありませんか?子供と違い、一人前の大人の健康は本人の努力なしに保つことはできません。かけがえのないパートナーと健康で長生きするために、今のうちからできる健康サポートを考えていきましょう。
パソコンで疲れた目は冷やす?それとも温める?

パソコンで疲れた目は冷やす?それとも温める?

パソコンの画面を見て行う作業が続くと、目が疲れたり頭が痛くなったりすることもありますよね。ドラッグストアで目の疲れに効くアイテムを探すと、目を冷やすシートや目の周りを温めるマスクなど、様々な商品が見つかりますが、冷やすのと温めるのは真逆の行為!どれを選んだらいいかわからないときのために、それぞれの目のお悩みにぴったりの解決法を探してみました。
デスクワークの腰痛・肩こりを和らげる方法

デスクワークの腰痛・肩こりを和らげる方法

毎日長時間デスクワークを従事していると、どうしても腰痛や肩こりに悩まされがちなもの。痛くて集中できなくなってしまったり、悪化して頭痛が引き起こされたりするととても厄介ですよね。今回は予防策から解消法まで、デスクワークの腰痛・肩こり対策に焦点を当てていきたいと思います。
ネイルサロンいらず!自宅でのお手入れでキレイな「素爪」を保つ方法は?

ネイルサロンいらず!自宅でのお手入れでキレイな「素爪」を保つ方法は?

キレイな爪を保つのは女性にとって非常に大切なことです。しかし、社会人ともなるとネイル禁止の職場も多く、日々の忙しさもあってお手入れがついつい疎かになってしまうことも。また、結婚し子どもが産まれると家事や育児のためネイルができなくなってしまうという人も多いでしょう。そんな人たちのために、自宅でできるキレイな素爪を保つためのケアをご紹介します。
吐き気や頭痛…つらい二日酔いを予防&軽減するには

吐き気や頭痛…つらい二日酔いを予防&軽減するには

お酒を飲んでいる時は楽しくてついつい飲みすぎ、次の日の朝二日酔いで後悔…。お酒を飲む人であればこんな経験1度はあるのでは?二日酔いになると頭痛や吐き気が続いて気持ちの良いものではありませんよね。今回はそんな辛い二日酔いの予防や軽減する方法についてまとめてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部