2016年11月24日 更新

どうしてる?冬場の部屋の洗濯物干し対策

今年も冬の足音が聞こえ始めると同時に風邪やインフルエンザなどのウィルスや手荒れ、肌荒れなど、乾燥に気を使う季節になってきました。ベタに加湿器を使うのもいいけど、ちょっと賢く工夫すれば、洗濯をしながら乾燥対策も同時にOK。 そんな目からウロコの、役立つお部屋の乾燥対策と洗濯物干しの方法をご紹介します。

815 view お気に入り 2

冬場の洗濯って、思ったよりもストレス!

 (493)

なぜって、そもそも日照時間が短いから洗濯物が乾き切らないなんてこともあるし、
風の冷たいベランダやバルコニーで長い時間、洗濯物を干しているのはホントツラい。
そこでこの時期、洗濯物に室内干しを積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。
確かに、室内空間がスッキリしない…なんてことはあるでしょうが、この室内干しが乾燥対策にも一役買うんです。

室内で物干しをするメリットその1

 (496)

洗濯は朝、と決めている人って結構多いと思います。だって、日照時間は限られているから早く洗って早く干さないと夕方までに乾かない…!だから、たとえ一番忙しい朝の時間帯でも洗濯はやらなきゃ、ってなるのです。
でも、洗濯を室内干しにしてしまえば…。
日照時間を気にする必要が無く、つまりなにも朝の一番慌ただしい時間帯に洗濯をしなくても、時間の余裕がある時にやればいいんです。生乾きなのに取り込むなんてこともなく、しっかり乾くまで干して置けばいいし、あとは生活導線の邪魔にならないように干すスペースを工夫すればOK。

室内で物干しをするメリットその2

 (499)

脱水した洗濯物から蒸発する水分が適度に部屋を潤してくれます。最近は部屋干し用の洗剤やアロマ成分が入った柔軟剤などが発売されて生乾き臭を気にせず、服を干している間だけでなく、着た後でも安らぎを感じることができるようになりました。
また、この時期は寒い外よりも快適な室内で干せるのもメリットです。
川口技研の「室内用ホスクリーン」シリーズはそんな季節にうってつけのアイテムです。

まとめ

洗濯はほぼ毎日取り組むことです。だからそれがうまく回っていかないと積み重なるストレスも相当なもの。でも、ちょっとした気持ちの切り替えとグッズがあれば、憂鬱な洗濯も「一石何鳥もの便利なこと」にすることができます。毎日のことだからこそ、考えてみる価値は大いにありますね。
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

片付けがメンドクサイ女子必見。ちょっとの我慢でキレイは続く!

片付けがメンドクサイ女子必見。ちょっとの我慢でキレイは続く!

汚部屋という造語、ご存じですか?汚部屋と書いて「おへや」と読みます。読み仮名だけなら綺麗ですが、実際は汚れたお部屋、掃除が行き届かないお部屋という意味です。部屋の掃除をしているつもりでも、ついつい荒れてしまうという方は、あるコツを覚えると劇的に綺麗にできるかも。ここでは綺麗なお部屋をキープするコツや片付け方をご紹介します。
意識しないうちにお金が貯まる!そのコツとは?

意識しないうちにお金が貯まる!そのコツとは?

花火大会、プール、旅行、夏フェスなど、楽しいイベントが目白押しの夏。しかし、イベント盛りだくさんだからこそ出費が多い季節なのもまた事実……。気を抜くとせっかくの夏のボーナスもあっという間に使いきってしまうかも!?そんな怖~い事態にならないために、普段の生活で無理なくお金を貯める秘訣をご紹介します!
ひとりカラオケを存分に楽しむ3つのコツ

ひとりカラオケを存分に楽しむ3つのコツ

突然ですが、ひとりカラオケをしたことはありますか?近年は一人でカラオケに行く人が増えていて、というよりもむしろひとりカラオケを趣味にしている人も相当数いるほどの人気ぶり。しかし中には、「一人でカラオケに行っても楽しめるのかな」と「?」を感じる人もいるようです。では、ひとりカラオケを思いっきり楽しむにはどのようなコツがあるか、探ってみましょう。
コミュニケーション下手な人に意識して欲しいこと

コミュニケーション下手な人に意識して欲しいこと

他者との会話で難しさを感じたり、意図せず気まずさを感じたことはありませんか? 今回は他人とのコミュニケーションが苦手と感じる人に意識してみて欲しいことをまとめました。円滑な人間関係のために、参考にしてみてはいかがでしょうか。
子供の情緒を育む冬にオススメの外遊び

子供の情緒を育む冬にオススメの外遊び

子供は風の子、外遊びは当たり前、だった時代があります。寒さは体を丈夫にして、寒さに慣れることで免疫力アップが期待できます。ですが、最近は季節に関係なく、外遊びする子供の数は昔と比べると減少傾向にあります。 ゲームの発達や外遊びできる場所が減ってきたなど、子供を取り巻く環境が昔と違ってきているということが原因の一つではないでしょうか。ここでは子供の発育に応じた、冬にオススメの外遊びをご紹介したいと思います。色々な刺激を受けることで子供の発育にも良い結果をもたらします。ぜひ親子で楽しんでみてください。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

川口技研 川口技研