2020年3月24日 更新

マラソンで話題!ピンクのシューズとは?何が違うの?

マラソンは走りやすいシューズさえあれば誰でも楽しめるスポーツのため、趣味として楽しんでいる人も多いはず。そんな中で、NIKEが開発したピンクのシューズが話題になっていることをご存知でしょうか。その革新的な性能によって、今大きな注目を集めているのです。

48 view お気に入り 0

革新的なシューズとして多くのランナーが注目

 (5937)

最近テレビでマラソンを含む陸上の大会を見ていると、ピンクのシューズを履いているランナーが目立つことに、気づいた方はいるのではないでしょうか。あのピンクのシューズこそNIKEの開発した「ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」なのです。

このピンクシューズは、「脚にかかる負担を減らしたい」というアスリートたちからの希望によって生まれました。スプーン状のカーボンプレートが内部に含まれており、推進力を発揮。まるでシューズがひとりでに走ってくれるかのような感覚を味わえます。

加えて水分吸収率もこれまでのシューズに比べて高く、雨天時にも気にせず走り続けられるのがポイント。こうした革新的な機能により、多くのアスリートが着用をしています。

シューズでパフォーマンスは変わる?

 (5938)

「本当にシューズを変えるだけでパフォーマンスが変わるの?」と疑問を持つ方もいるかもしれません。もちろん、大前提としてランナーの能力が大切になるのは事実です。しかし、シューズ次第でその能力をより発揮させやすくなるのは間違いありません。

ピンクシューズはクッション性が高く脚をしっかり守ってくれるため、ランナーの疲れがたまりにくい作りとなっています。疲れがたまりにくければ、当然パフォーマンスが変わってくるのは間違いありません。こうした特徴から、トップアスリートはもちろん、日頃のマラソンやジョギングを趣味としている人に対してもおすすめのシューズとなっています。

気になるピンクシューズの今後

 (5939)

ピンクシューズはその性能の高さから、「大会での着用を国際陸上連盟が禁止するのでは?」という話題も上がっています。しかし、2020年1月の時点では着用は認められており、このままなら東京五輪でも大活躍が期待できるでしょう。

もちろん、単純に趣味として楽しむ分には、たとえ国際陸連が禁止したあとでも問題なく着用できます。「走りやすいシューズが欲しいな」という方は、検討してみてもいいかもしれません。

今後もシューズはますます進化していく?

革新的な性能により注目を集めるピンクシューズですが、今後もさらなる高い性能を備えたシューズが登場してくる可能性は否定できません。将来的にどんなシューズが生み出されるのか、今から楽しみですね!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏だからこそできる!マリンスポーツを始めてみよう

夏だからこそできる!マリンスポーツを始めてみよう

暑い夏は熱中症の心配もあり、屋外でスポーツが難しい季節。とはいえ、外で身体を動かしたいという人は多はず。そんな人におすすめしたいのが「マリンスポーツ」。普段とは違う海のレジャーを楽しめば、肉体面での健康はもちろん精神部分でも気分転換になるのは間違いありません。
サイクリングを趣味にするといいことがたくさん!

サイクリングを趣味にするといいことがたくさん!

自転車に乗り風を切って進むサイクリングは、「爽快感」と自身の脚で進む「達成感」が魅力。そのほかにもサイクリングを趣味にする楽しみやメリットはたくさん! そこで今回は、サイクリングの魅力について見ていきたいと思います。
気軽に始められる!サイクリングで健康になろう

気軽に始められる!サイクリングで健康になろう

何か趣味を作りたいと考えている人に向けて、おすすめしたいのが「サイクリング」です。自転車さえあれば誰でも始められる趣味であり、さまざまな魅力があります。では、いったいサイクリングにはどのような魅力があるのでしょうか。
熱いドラマが観たいなら、スタジアムでのスポーツ観戦がおすすめ!

熱いドラマが観たいなら、スタジアムでのスポーツ観戦がおすすめ!

寒い時こそ熱い人間ドラマに心を震わせたいのであれば、スタジアムでの「スポーツ観戦」をおすすめします。ほとんどのスポーツはテレビやインターネットで視聴することが可能ですが、やはりスポーツの真の魅力はスタジアムに足を運んでこそ実感ができるものです。今回は、スタジアムでのスポーツ観戦の魅力についてご紹介します。
コロナによる外出自粛……運動不足はお家で解消!

コロナによる外出自粛……運動不足はお家で解消!

寒さで体を動かすことが億劫になる冬。また、今年はコロナによる外出自粛の影響もあり、「外で思いっきり運動する」ということが難しい状況です。そこで気になるのが運動不足や正月太りではないでしょうか。今回は、家でもできる運動不足解消法について解説します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部