2017年7月20日 更新

万が一の災害に備えよう!子どもがいる家庭に必須の防災グッズ

地震大国の日本では、いつどこで地震が起こってもおかしくありません。また、台風や洪水などで思わぬ被害を受ける可能性も。そのような災害がいつ起こっても子どもの安全や健康を守れるようにするためには、普段からの備えが不可欠です。今回は、子どもがいる場合に必ず準備しておきたい防災グッズについてご紹介します。

5,679 view お気に入り 0

子どもがいるなら防災グッズの準備はマスト!

 (1609)

どんな人も普段から災害に備えた準備をしておく必要がありますが、小さい子どもがいる場合は特に準備を万全にしておきたいもの。災害時には子どもに必要な物資が手に入りにくくなったり、避難所で生活を送ることになる可能性もあります。

そんなときでも親として子どもの安全と健康を守るためには、基本的な防災グッズのほかに子ども用の防災グッズを必ず用意しておく必要があります。準備した防災グッズは、寝室の出入り口や玄関など、避難するときにすぐに持ち出せるような場所に常に置いておきましょう。

避難するときの持ち物は?

 (1612)

避難する際にすぐに持ち出せるよう、以下のような持ち出し用の防災グッズを用意しておきましょう。

▼基本の持ち出し用防災グッズ
・非常食(缶詰、レトルト食品、飴やチョコレートなど)
・飲料水(一人あたり2リットル)
・懐中電灯
・携帯ラジオ
・予備の電池、バッテリー
・身分証明書のコピー
・現金
・衣類
・タオル
・救急セット、常備薬
・ティッシュ
・生理用品
・マスク

▼子どものための持ち出し用防災グッズ
・抱っこ紐
・防災頭巾やヘルメット
・おむつ、下着
・衣類
・お尻ふき
・ミルク、哺乳瓶
・子ども用の非常食

つい、あれもこれも……と袋に入れたくなりますが、すみやかな避難の妨げとなる可能性があるので大きすぎる荷物はNG。本当に必要なものだけを入れるようにしましょう。

備蓄しておくべきもの

 (1615)

持ち出し用の防災グッズに加えて、以下のようなものを普段から自宅に備蓄しておくと安心です。

・水(一人あたり2リットル×3日分以上)
・食料(パスタ、カップラーメン、缶詰、乾パンなど日持ちするもの)
・水貯蔵タンク(生活用水を溜めるもの)
・カセットコンロ用のガスボンベ

交通が遮断されていなくとも、救援物資が届くのには3日間かかると言われています。水や食料は最低でも3日分は用意しておいた方がよさそうです。なお、備蓄食料や水には消費期限があるため、定期的に期限をチェックし、期限が切れそうなものは消費して新しいものと入れ替えておきましょう。

普段から備えを万全に!

災害時でもなるべく子どもにはストレスなく過ごさせたいもの。緊急時に慌てたり困ったりすることがないよう、今日ご紹介した情報を参考に普段からしっかり災害に備えておきましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

いざというときに備えて!災害時に使えるライフハック集

いざというときに備えて!災害時に使えるライフハック集

いつ起こるかわからない災害。いざというときに困ることのないように、災害に対する備えをしておくことが大切です。非常食やグッズなどを備えている方も多いかと思いますが、それと同時に災害時に役立つ知識も頭に入れておきましょう。
災害に備える食料備蓄のススメ

災害に備える食料備蓄のススメ

近年、地震や台風などの災害を目にすることも多く、防災意識が高まっているご家庭も少なくないはず。いつ起こるかわからない災害に備えて、しっかりと対策は行っておきたいところ。そこで今回は、数ある災害対策の中で食料の備蓄に注目!食料を備蓄しておくうえで知っておきたいポイントを紹介していきます。
忘れ物や無くし物が多い…うっかりさんのための生活のコツとは

忘れ物や無くし物が多い…うっかりさんのための生活のコツとは

ついつい忘れ物をしたり、所持品を無くしてしまったり、ミスをしたり……。自分が困るのはもちろん、人にも迷惑をかけてしまうことのあるこのような「うっかり」をなんとか無くしたい!と思っている人は少なくないのではないでしょうか。今回は、そんな「うっかりさん」のための「ひと工夫」を考えてみましょう。
カジスマ編集部 | 1,608 view
メリットが多い!明日から早起きをしたくなる3つの理由

メリットが多い!明日から早起きをしたくなる3つの理由

「早起きは三文の徳」ということわざを、知らないという方は少ないはず。このことわざの通り、早起きをすれば多くのメリットを享受できます。ただ、具体的にどのようなメリットがあるかはっきりしないと、わざわざ早起きするのは辛いという方も多いでしょう。そこで今回は、早起きをするメリットを詳しくご紹介していきます。
夏休み必読!子供に教えたい効率が良い宿題のこなし方

夏休み必読!子供に教えたい効率が良い宿題のこなし方

夏休みに親の頭を悩ませるのは「子供の宿題」です。計画的にしっかりこなしていかなければ、夏休みの残りが少なくなってから大慌てするのは間違いなし。しかし、頭ごなしに「宿題をしろ」といっても、素直に聞いてくれないのが困りどころ。そんな事態を防ぐため、親としてどのようなアドバイスをしていったらいいかをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部