2018年9月12日 更新

髪質に合わなくなったリンスは捨てないで!意外なリンス活用術

あなたのご自宅には、匂いが好きで買ってみたものの髪質に合わなかったリンスや、シャンプーを先に使い切ってしまって処遇に困っているリンスはありませんか?シャンプーとセットでなければ使えないと思われがちなリンスですが、実は他にも日々の生活に役立ついろいろな使い道があるんです!今回は今までリンスを捨てていた人必見のテクニックをご紹介します。

4,159 view お気に入り 0

シャンプーで落ちにくいワックスにリンスが効く!

 (3227)

結婚式やパーティーのお呼ばれでなどで、がちがちに髪をスタイリングした夜、1度のシャンプーではスタイリングが落ちず、何度も髪を洗い直した経験はありませんか?
そんなときは、シャンプーをつける前の髪にリンスをもみこみ、お湯で洗い流すと、すんなりとワックスが落ちます。リンスには油脂が含まれているため、髪についたワックスとなじんで油分を洗い直すことができるのです。

リンスが髪質に合わなかったり、シャンプーを先に使い切って余ったりしても、すぐに処分するのではなく、こんな場合のスタイリング落としとしてバスルームに置いておきましょう。

リンスはお洗濯でも大活躍!

 (3230)

リンスをコップ1杯のぬるま湯に溶かして洗濯機に投入すれば、柔軟剤の代わりになります。
これは多くの柔軟剤の主成分である「陽イオン系界面活性剤」がリンスにも含まれているためです。リンスを含んだ水で洗った衣服は柔らかくなりますし、リンスの香りが服になじんで一日中ハッピーに過ごせそうですね。

また、リンスを溶かした水に、縮んだセーターをつけておくと、繊維の絡まりが解消されセーターが元の大きさに戻ります。セーターをよくすすいだ後は優しく脱水して日陰に干しましょう。

テレビの表面や床をいい香りでコーティング

 (3233)

リンスはもともと、髪の表面をコーティングし髪同士の摩擦を軽減するためのものなので、部屋の拭き掃除に使えばテレビの表面やフローリングをツヤツヤにすることができます。
リンスを使って拭き掃除をするときは、リンスを水で5~6倍に薄め、雑巾によくなじませたのち、雑巾の水分を固く絞りましょう。

リンスを含んだ水で拭き掃除をすれば、拭いたものの表面に汚れがつきにくくなることはもちろん、静電気も発生しにくくなります。
テレビの表面などに使えばホコリがつきにくくなり、お掃除の頻度が減らせるかもしれませんね。お掃除をした後に甘い香りがほんのり残ることもリンスならではのポイントです。

リンスの有効活用で無駄のない暮らしを

まだ使えるリンスを処分してしまうのはもったいないだけでなく、排水口へ捨ててしまったりしたときの、環境への影響も看過できません。
使わなくなったリンスがご自宅にある方は、今回紹介した方法で有効活用してみましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

身近なものでできる!ハサミの切れ味を戻す方法

身近なものでできる!ハサミの切れ味を戻す方法

お子さんがガムテープを使った工作に熱中してハサミがベトベトに!食べ物の塩分で台所用のハサミがサビついてしまった!など、ハサミの切れ味が悪くなる原因は何気ないシーンに潜んでいます。切れ味の冴えないハサミでイライラしがちの方は、身近にある意外なものを使って、スパスパの切れ味を取り戻しましょう。
カジスマ編集部 | 1,707 view
後悔しないために!真夏に車を運転する際の注意点

後悔しないために!真夏に車を運転する際の注意点

夏は車に乗って遠くへの旅行を計画している方も多いかもしれません。しかし、真夏の車でのドライブには注意点がたくさんあります。注意を怠ると、後で悔やむ結果になる恐れもあるため、対策は万全にしておきたいところです。では、真夏の車の運転では、どのような点に注意すればいいのでしょうか。
暑いけど冷房は苦手!部屋を冷やすにはどうしたらいい?

暑いけど冷房は苦手!部屋を冷やすにはどうしたらいい?

35℃を超す日も珍しくなくなってきた日本の夏。室内の温度を下げるため、最近では冷房が必須となりつつありますが、「冷房は苦手!」という人も決して少なくはありません。では、冷房を使わずして部屋を冷やすためにはどのような方法があるのでしょうか。今回はその方法についていくつかご紹介していきます。
飛行機vs新幹線!旅行の移動手段に選ぶなら……

飛行機vs新幹線!旅行の移動手段に選ぶなら……

旅行を計画する際、頭を悩ませることになるのが「移動手段」です。遠距離移動の場合、「飛行機」と「新幹線」どちらの移動手段を選ぶかで悩む方が多いのではないでしょうか。この両者は熾烈な競争をしていることで知られ、それぞれ特有のメリットがあります。
こんな前兆が出たら要注意!熱中症への意識を高めよう

こんな前兆が出たら要注意!熱中症への意識を高めよう

これから夏に向け、暑さはどんどん増していきます。そこで注意したいのが「熱中症」です。最近ではニュースで取り上げられることも多く、危険性を理解する人は増えてきていますが、まだまだ熱中症を甘く見てしまっている人がいるのも事実。しっかりと熱中症への意識を高め、前兆が出たらすぐに対策をとる姿勢が大切です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部