2020年11月3日 更新

ブルーライトカットメガネは必要?効果はあるの?

ブルーライトカットメガネが登場してから時が経ち、現在では人々の間に浸透してきています。普段からパソコンと向き合うデスクワークでは、ブルーライトカットメガネが手放せないアイテムになっている方も多いのではないでしょうか。一方で、ブルーライトカットメガネの必要性や効果について、疑問を持っている方もいるはず。そこで今回は、ブルーライトカットメガネの特徴について詳しくご紹介します。

854 view お気に入り 0

そもそも「ブルーライト」とは?

 (6814)

ブルーライトカットメガネは、名前の通り「ブルーライト」を遮断してくれるメガネです。ブルーライトとは、主にパソコン・スマホといった機器の画面から放たれる光を指します。

ブルーライトの特徴は、波長の短さです。目に見える光のなかでは最短の波長となっており、途中で吸収されないまま網膜にまで到達します。網膜に光が到達するとその刺激は脳へと伝わり、たとえ時間帯が夜であっても身体が日中と勘違いしてしまうのです。ブルーライトを浴び続けていると、ただ眼精疲労が溜まっていくだけでなく体内時計が崩れ、満足な睡眠がとれなくなる恐れがあります。

心当たりがないのに睡眠不足を感じたり、目に疲れを感じたりする場合は、このブルーライトの影響を知らず知らずのうちに受けているかもしれません。

ブルーライトカットメガネの魅力

 (6817)

ブルーライトカットメガネは、人体に与え得る悪影響から目をガードしてくれるメガネです。平成25~26年には、神奈川県がブルーライトカットメガネ15銘柄の透過率調査を実施。その結果、最も低い透過率で13%、最も高い透過率では67%のカット率があると測定されました。

効果の実感については個人差があるためひとまとめには言えませんが、デスクワークで目の奥に重みを感じたり、目がチカチカしたりといった症状を感じている場合は、ブルーライトカットメガネの使用を検討してみるといいでしょう。

また、ブルーライトカットメガネは子どもでも使用できます。最近は、小学生でもスマートフォンを持つ時代です。成長過程にある子どもの目に悪影響を及ぼさないよう、ブルーライトカットメガネの効果が期待されています。

ブルーライトカットメガネをかける際の注意点

 (6820)

ブルーライトカットメガネをかけることで、眼精疲労や睡眠不足を解消する効果が期待される一方、覚えておきたい注意点もあります。ブルーライトは悪い影響ばかりでなく、人の生体リズムを作り上げていくサポートとしての役割も担っています。そのため、ブルーライトを1日中遮断した状態にしていると、かえって睡眠障害につながる恐れがあるのです。

ブルーライトカットメガネは、1日中かけるのではなく、外す時間帯も確保しておく意識が求められます。デスクワークにより過度なブルーライトを浴びそうな場合や、夜間にスマートフォンを操作する際など、時と状況に応じて使用するといいですね。

デスクワークの方にはブルーライトカットメガネがおすすめ

ブルーライトカットメガネによってブルーライトの影響を防げると、目の疲れや睡眠不足解消につながります。1日の大半をパソコンと向き合っているデスクワークの方には、特にブルーライトカットメガネがおすすめです。また、スマートフォンやタブレットを常に使用している方も、ブルーライトカットメガネの検討をおすすめします。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

雨が続く季節……持ち歩くからこそ知っておきたい傘の選び方

雨が続く季節……持ち歩くからこそ知っておきたい傘の選び方

もうすぐやってくる梅雨。雨が続くということはその分傘の出番が増えるということ! そんな雨の日の必需品である傘を選ぶとき、「使えればいいや」と適当に選んではいませんか?傘は雨の日に必ず使うものだからこそ、少しだけこだわって選んでみましょう。そこで今回は傘を選ぶポイントをご紹介します。
「レンズが汚れてる……」知っておきたいメガネのキレイな洗い方

「レンズが汚れてる……」知っておきたいメガネのキレイな洗い方

特に触れていなくても、気付いたら汚れているメガネのレンズ。メガネが汚れていると視界が遮られてしまい気になりますよね。とはいえ、雑に拭いてしまうとメガネのレンズに傷がついてしまいます。そこで今回は、メガネのレンズを傷つけずキレイにする洗い方をご紹介します。
この夏は浴衣でお出かけ!きれいに見える浴衣の着付けポイントをご紹介!

この夏は浴衣でお出かけ!きれいに見える浴衣の着付けポイントをご紹介!

夏といえば浴衣を着てお出かけしたくなる季節!とはいえ、普段から着なれない浴衣の着付けは難しく感じるものです。そういった点で、浴衣を敬遠してしまう方も少なくないのでは?そこで今回は、浴衣をきれいに着付けるポイントや、簡単に着付けるコツを紹介していきます。
夏に発生するコバエを駆除!おすすめの対策方法とは?

夏に発生するコバエを駆除!おすすめの対策方法とは?

暑くなると水場などで増えるコバエ。コバエが飛んでいるといい気持ちにはなりませんし、衛生的にも心配になってしまいます。そこで今回は、暖かくなると増える厄介なコバエの対策を紹介します。
カジスマ編集部 | 19,376 view
暑いけど冷房は苦手!部屋を冷やすにはどうしたらいい?

暑いけど冷房は苦手!部屋を冷やすにはどうしたらいい?

35℃を超す日も珍しくなくなってきた日本の夏。室内の温度を下げるため、最近では冷房が必須となりつつありますが、「冷房は苦手!」という人も決して少なくはありません。では、冷房を使わずして部屋を冷やすためにはどのような方法があるのでしょうか。今回はその方法についていくつかご紹介していきます。
カジスマ編集部 | 1,436 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部