2019年8月1日 更新

この夏は浴衣でお出かけ!きれいに見える浴衣の着付けポイントをご紹介!

夏といえば浴衣を着てお出かけしたくなる季節!とはいえ、普段から着なれない浴衣の着付けは難しく感じるものです。そういった点で、浴衣を敬遠してしまう方も少なくないのでは?そこで今回は、浴衣をきれいに着付けるポイントや、簡単に着付けるコツを紹介していきます。

230 view お気に入り 0

浴衣を美しく着こなすならくびれを消すことから!

 (4438)

通常は、くびれのあるメリハリのきいたボディが持てはやされますが、浴衣を着る際はくびれがあると帯の上下部分にシワが寄ってしまいます。そのため、浴衣ではくびれのない寸胴体型が理想形とされています。浴衣を着る際は肌着の上からタオルを巻くなどして、くびれを消すようにしましょう。タオルを巻いておくことで、汗が浴衣につかなくなるメリットもあります。

また、くびれを消すための専用の補正道具も売られているため、そちらを使用するのも良いでしょう。何回も浴衣を着る方や毎年浴衣を着る方は、そういった専用の道具を持っておくのも良いかもしれません。

着丈はくるぶしが隠れるくらいに!

 (4441)

浴衣を羽織って、衿先から1/3ほどの位置を持ち上げて裾の高さを決めます。裾はくるぶしが隠れるくらいの高さで、床と平行になるようにしましょう。位置が決まったら、裾の位置が変わらないようにしながら、右手側が下、左手側が上に来るように前で合わせ腰ひもを結びます。

腰ひもを結んだらおはしょりを整える!

おはしょりとは、浴衣の余った部分を折り、腰ひもで留めた部分を指します。両脇の空いている部分(身八つ口)に手を入れて、手の側面で前後のおはしょり部分をきれいに整えていきましょう。おはしょりは腰骨ほどの位置に合わせ、衽線(浴衣の縦の縫い目)を合わせるようにするとバランスがよく見えます。

衣紋抜きは拳1つ分を目安に!

 (4446)

衣紋を抜くというのは、衿の後ろ部分をずらして首元を開けることを指します。衣紋を抜くことで首をすらっと見せたり女性らしさを演出したりすることが可能です。衣紋抜きは、片手で胸元の衿が重なっている部分を持ち、もう片方の手で背中の中心を引っ張り首の後ろを拳1つ分開けるようにします。

衿合わせは喉のくぼみから指2本分!

衿が重なる部分は、上すぎると窮屈そうに見えてしまい、下すぎてもだらしない印象になってしまします。目安としては喉のくぼみから指2本分を目安に、鎖骨が見えない程度のV字を作るようにしましょう。

ポイントをおさえてきれいに浴衣を着こなす!

浴衣の着付けは少し大変な上に、「苦労して着付けたのに仕上がりがイマイチ……」なんてこともあるでしょう。しかし、いくつかのコツをしっかりとおさえておくことで、浴衣をきれいに着こなすことができます。慣れるまでは大変かもしれませんが、今年の夏は浴衣を着てお出かけしてみてはいかがでしょうか。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏に発生するコバエを駆除!おすすめの対策方法とは?

夏に発生するコバエを駆除!おすすめの対策方法とは?

暑くなると水場などで増えるコバエ。コバエが飛んでいるといい気持ちにはなりませんし、衛生的にも心配になってしまいます。そこで今回は、暖かくなると増える厄介なコバエの対策を紹介します。
カジスマ編集部 | 1,918 view
暑いけど冷房は苦手!部屋を冷やすにはどうしたらいい?

暑いけど冷房は苦手!部屋を冷やすにはどうしたらいい?

35℃を超す日も珍しくなくなってきた日本の夏。室内の温度を下げるため、最近では冷房が必須となりつつありますが、「冷房は苦手!」という人も決して少なくはありません。では、冷房を使わずして部屋を冷やすためにはどのような方法があるのでしょうか。今回はその方法についていくつかご紹介していきます。
暑さに負けない!夏の疲れを解消するレシピ集

暑さに負けない!夏の疲れを解消するレシピ集

もうすぐやってくる夏!夏の厳しい暑さにやられて、バテてしまうという方も少なくないはず。そんなとき、「何か食べなきゃ」とは思っていてもなかなか食欲もわかないこともあるでしょう。そこで今回は、夏の暑さでバテていても食べやすく、栄養がしっかり摂れるようなレシピを紹介していきます。
暑い季節に向けた西日対策!

暑い季節に向けた西日対策!

暑い夏。部屋の中は少しでも涼しく保っていたいものですが、強い西日が部屋に入ると室温の上昇はもちろん、床・家具・衣服などの日焼けの原因になってしまいます。そこで今回は、今からでも簡単に取り入れることができる西日対策を紹介していきます。
カジスマ編集部 | 1,250 view
夏のお弁当で気をつけることは?傷みにくいオススメのおかずも!

夏のお弁当で気をつけることは?傷みにくいオススメのおかずも!

気温が高く、湿度も高い夏の季節。お弁当を作るの際は、おかずの傷みに注意しなければいけません。せっかく作ったお弁当も傷んでしまっては台無しです。そこで今回は、夏のお弁当で気をつけるポイントや、傷みにくいおかずをご紹介していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部