2019年6月29日 更新

暑さに負けない!夏の疲れを解消するレシピ集

もうすぐやってくる夏!夏の厳しい暑さにやられて、バテてしまうという方も少なくないはず。そんなとき、「何か食べなきゃ」とは思っていてもなかなか食欲もわかないこともあるでしょう。そこで今回は、夏の暑さでバテていても食べやすく、栄養がしっかり摂れるようなレシピを紹介していきます。

64 view お気に入り 0

香味野菜でさっぱり!みょうがの豚肉巻き!

 (4401)

材料(2人分)

・豚肩ロース(薄切り) 240g
・みょうが 3個
・塩 少々
・コショウ 少々
・ごま油 適量

作り方

1. みょうがを千切りにして豚肉で巻いていきます。
2. 熱したフライパンに油をしき、全体に火が通るまで中火でしっかりと焼きます。
3. 塩とコショウで味を調えて完成です。

作り方がシンプルでサッと作ることができるレシピです。味付けも塩とコショウでさっぱりとしているので、食欲がなくても食べやすいでしょう。味のバリエーションを増やしたいときは、めんつゆなどをつけて食べるのも良いかもしれません。

冷たいパスタでさっぱりと!トマトとツナのカッペリーニ

 (4407)

材料(2人分)

・パスタ(カッペリーニ用) 2人分
・トマト 1/5個
・レタス 70g
・ツナ缶 1缶
★ハチミツ 小さじ1と1/2
★レモン汁 大さじ1
★醤油 大さじ1/2
・塩 少々
・コショウ 少々

作り方

1.トマトを湯剥きし、1cm角に切ります。レタスは千切りにしておきましょう。
2.1.のトマトと★の材料を和えて塩コショウで味を調えます。
3.沸騰したお湯でパスタを茹で、仕上がったら冷水で冷ましてからしっかりと水気をきります。
4.2.と3.のパスタ・オリーブオイル・レタス加えて混ぜ合わせます。
5.器に盛って、水気をきったツナをのせれば完成です。

暑い夏にピッタリな冷たいパスタです。具材もツナとトマトなのでさっぱりと食べることができるでしょう。トマト・レタス・ツナ・オリーブオイルなどを使っているため、栄養面もばっちりです。そうめんばかりで飽きてしまったら、パスタにして変化をつけてみてはいかがでしょうか。

もう一品欲しいときはコレ!モヤシと切り干し大根のナムル

 (4413)

材料(2人分)

・モヤシ 100g
・切り干し大根 15g
・ごま油 小さじ1
・醤油 小さじ2
・にんにく 少々
・すりごま 少々

作り方

1.切り干し大根を水でもどしておきます。
2.沸騰したお湯でモヤシと1.の切り干し大根を軽く茹でたら、ザルに上げて流水で冷まします。
3.水気をしっかりときったら、ごま油、醤油、にんにく、すりごまと混ぜ合わせて完成です。

「もう一品何か欲しい」というときに、簡単に作ることのできる一品です。切り干し大根はカルシウム・鉄・食物繊維、ごまはカルシウム・マグネシウム・鉄・ビタミンEなどが豊富に含まれており、栄養もしっかり摂ることができます。

夏バテしてもご飯はしっかりと食べよう!

暑い夏でバテてしまっているときは、食欲もわかないこともあるでしょう。しかし、それで何も食べないでいると体力が落ちてしまい、夏バテ状態から脱することはできません。今回紹介したような、夏バテでも食べられて栄養もある料理を食べて、元気に夏を過ごしましょう!
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

暑いけど冷房は苦手!部屋を冷やすにはどうしたらいい?

暑いけど冷房は苦手!部屋を冷やすにはどうしたらいい?

35℃を超す日も珍しくなくなってきた日本の夏。室内の温度を下げるため、最近では冷房が必須となりつつありますが、「冷房は苦手!」という人も決して少なくはありません。では、冷房を使わずして部屋を冷やすためにはどのような方法があるのでしょうか。今回はその方法についていくつかご紹介していきます。
暑い季節に向けた西日対策!

暑い季節に向けた西日対策!

暑い夏。部屋の中は少しでも涼しく保っていたいものですが、強い西日が部屋に入ると室温の上昇はもちろん、床・家具・衣服などの日焼けの原因になってしまいます。そこで今回は、今からでも簡単に取り入れることができる西日対策を紹介していきます。
後悔しないために!真夏に車を運転する際の注意点

後悔しないために!真夏に車を運転する際の注意点

夏は車に乗って遠くへの旅行を計画している方も多いかもしれません。しかし、真夏の車でのドライブには注意点がたくさんあります。注意を怠ると、後で悔やむ結果になる恐れもあるため、対策は万全にしておきたいところです。では、真夏の車の運転では、どのような点に注意すればいいのでしょうか。
こんな前兆が出たら要注意!熱中症への意識を高めよう

こんな前兆が出たら要注意!熱中症への意識を高めよう

これから夏に向け、暑さはどんどん増していきます。そこで注意したいのが「熱中症」です。最近ではニュースで取り上げられることも多く、危険性を理解する人は増えてきていますが、まだまだ熱中症を甘く見てしまっている人がいるのも事実。しっかりと熱中症への意識を高め、前兆が出たらすぐに対策をとる姿勢が大切です。
これから暑くなる季節!水分補給のため覚えておきたい麦茶と緑茶の違い

これから暑くなる季節!水分補給のため覚えておきたい麦茶と緑茶の違い

これから暑くなる季節に向けて、意識を徹底しておきたいのが「水分補給」です。水分補給を怠っていると熱中症などの危険も多くなってきます。水分補給を考えたとき、多くの人が飲むのが「麦茶」と「緑茶」ではないでしょうか。そこで今回は、麦茶と緑茶の特徴と違いについてご紹介していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部