2020年1月4日 更新

冬の乾燥肌対策!粉ふきやかゆみを予防。

冬は肌の乾燥が気になる季節。きちんと対策しないと、粉をふいたりかゆみが出たりすることもあります。乾燥が本格化する季節に向けて、普段から心がけたい乾燥肌対策についてご紹介します。

冬の肌はなぜ乾燥する?

 (5431)

冬は一年のうちでもっとも空気が乾燥する季節のため、おのずと肌も乾燥します。さらに、屋内は空調が稼働状態なため、いっそう空気の乾燥が進み、肌の水分はますます奪われます。湿度が高いイメージの日本海側であっても、冬は空気中に含まれる水分量が少ないため、油断は禁物です。

肌が乾燥すると、粉ふきやかゆみ、カサつきなどの症状が起こるほか、バリア機能が低下し化粧品などの刺激で肌荒れしやすくなります。肌の乾燥を防ぐためには、普段の生活で以下のポイントを意識しましょう。

加湿器で部屋の湿度を上げる

自宅やオフィスに加湿器がある場合はぜひ使用し、室内の湿度を60%前後に保つようにしましょう。加湿器がない場合は、濡れタオルや洗濯ものを部屋に干すだけでも効果があります。水やりが必要な鉢物の植物を飾るのもおすすめです。

お風呂やシャワーはぬるめの温度で

熱いお湯を浴びると、肌表面を保護する皮脂膜が奪われ、肌内部の水分が失われやすくなります。お風呂やシャワーの温度設定はぬるめにし、肌のうるおいを守りましょう。浴槽のお湯に保湿成分の多い入浴剤を入れたり、保湿成分を多く含むボディソープを使ったりするのも有効です。

お風呂上がりはすぐに保湿する

 (5438)

お風呂から上がったらすぐに顔・体をタオルで拭き、保湿剤を塗りましょう。肌が濡れた状態のまま放っておくと、肌表面に付着した水分とともに、肌内部のうるおいまで蒸発してしまいます。

「顔の保湿を優先すると、体の保湿がおろそかになってしまう」「全身にゆっくり保湿剤を塗る余裕がない」という方には、濡れた体にそのまま塗れるクリームやミルクもおすすめ。濡れた肌の上に塗るので伸びがよく、手早くスキンケアが完了します。塗った後はタオルで優しく水分を押さえましょう。

外出時はマスクや手袋を使う

 (5441)

乾燥しやすい顔や手を守るため、外出時はマスクや手袋を積極的に使いましょう。外出前にしっかり保湿剤を塗ってマスクや手袋をすれば、うるおいが長時間保たれます。

毎日の習慣で冬の乾燥に打ち勝つ

肌には「乾燥してバリア機能が低下すると、さらに乾燥しやすくなる」という負のスパイラルがあります。負のスパイラルから抜け出すため、今回ご紹介したポイントを普段から意識し、冬の乾燥から肌を守りましょう。
15 件

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部