2019年8月13日 更新

「褒める子育て」のメリットとデメリット

褒める子育てという言葉が広まってからずいぶん日が経ちました。称賛ばかりがされていた頃と違い、最近ではデメリットについてもよく言及されるようになっているようです。そこで今回は、褒める子育ての功罪について迫っていきます。

57 view お気に入り 0

褒める子育てのメリット

 (2982)

誰であれ褒められれば嬉しいもの。特に小さな子供にとっては、親から褒められるのは何物にも代えがたい喜びでしょう。親から褒められて育った子供は自分に自信を持ちやすくなり、持っている才能を開花させるのに効果的です。

また、褒められた子供は自己肯定感が育ちます。自己肯定が高い子供は卑屈にならず心に余裕ができやすいため、他人を思いやる気持ちが育ちやすくなるでしょう。心優しく、周囲から愛される子供になってほしいと願うのであれば、しっかり子供を褒めてやることが大切です。
ただし、褒め方については注意する必要もあります。

褒める子育ての落とし穴

 (2983)

子供を褒めて成長させるのは大切ですが、何でもかんでも安易に褒めてしまうのは禁物です。褒められることが当たり前になってしまうと、子供にとってそれは喜びではなくなってしまい、効果が薄くなります。
さらに子供が「褒められ慣れ」になってしまうと、逆に褒められなければ何もやらない子供になってしまう可能性も否定できません。

また、褒め方を上手くやらないと、子供は結果を出さなければ褒めてもらえないという思考に陥ってしまい、「いい子症候群」を発症してしまう恐れがあります。いい子症候群とは、親や大人に褒められることばかりを第一に考え、自分自身の判断や感情を上手く活用できなくなってしまう症状です。

子供を褒めるのに大切なポイント

 (2984)

闇雲に褒めても、子供の健やかな成長にはつながりません。大切なのは、上手に褒めてやること。ではどうすれば、上手に褒められるか?

それにはまず、観察上手になる必要があります。子供の言動をよく見て、褒める場面があれば褒めていくようにしましょう。
褒めるときはただ「すごいね!偉いね!」とだけ言うのではなく、具体的にどんな言動が良かったのか、しっかり伝えてあげてください。

また、「褒める育児=叱らない育児」と考えてしまうのは禁物です。むしろ叱るべき状況ではしっかり叱ってこそ、褒めたときの効果は高まります。
子供であっても1人の人間であることを忘れず、「盲目的な褒め」を回避し、良くない言動を子供がとったときには毅然とした態度を心がけるようにしましょう。

上手に褒めることを心がけよう!

最近では褒める育児に対して懐疑的な意見も多いですが、子供を褒めるのが悪い、などということは決してありません。
何度も言うように、大切なのは褒め方です。きちんとした子供に成長させていくため、今回ご紹介したような方法を取り入れてみてください!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ペットを飼うことが子供の情操教育に良い影響を与える?

ペットを飼うことが子供の情操教育に良い影響を与える?

子供の情操教育は勉強などの知識を積むことと同じくらい、大切だと考えている方は大勢いらっしゃるでしょう。それにはペットを飼うなどして、命の大切さを感じさせながら伸ばすという方法もあります。 しかし、どうしてペットを飼うことが子供に良いのか、情操教育の本質的意味を理解していないと、なかなかわからない点でもあります。ここではペットを飼うことがどのように子供の情操教育にいい影響を及ぼすのかを解説します。
サイクリングを趣味にするといいことがたくさん!

サイクリングを趣味にするといいことがたくさん!

自転車に乗り風を切って進むサイクリングは、「爽快感」と自身の脚で進む「達成感」が魅力。そのほかにもサイクリングを趣味にする楽しみやメリットはたくさん! そこで今回は、サイクリングの魅力について見ていきたいと思います。
教育にも!子育てにピッタリな絵本「3選」

教育にも!子育てにピッタリな絵本「3選」

絵本は子どもを楽しませるだけでなく、知育や感受性の向上にも役立ちます。しかし、一口に絵本と言ってもその数は膨大であり、「どれを選んだら良いかわからない」という方もいるでしょう。そこで今回は、特にオススメしたい絵本をいくつかご紹介します。
今こそコインランドリーがおすすめな理由

今こそコインランドリーがおすすめな理由

一家に一台洗濯機があることが当たり前となっている今、一人暮らしでもなければコインランドリーを積極的に活用しているということはあまり多くないかも知れません。しかし、コインランドリーには家庭用洗濯機にはないメリットも多いんです! そこで今回は、コインランドリーの活用をおすすめしたい理由をご紹介します。
カジスマ編集部 | 2,105 view
子どもを感染症から守るために意識しておきたい対策とは

子どもを感染症から守るために意識しておきたい対策とは

新型コロナウイルス終息の見込みが立たない現在、多くのママの不安材料としてあるのが、「小さな子どもの感染症対策」でしょう。子どもを未知のウイルスから守るため、外出はなるべくさせたくないと考える一方、「何でもかんでも禁止はしたくない」というジレンマを抱えているかもしれません。今回はそんなママに向けて、子どもを感染症から守るポイントについてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部