2021年12月22日 更新

ハーブティーで 身も心もホッコリ!

冬将軍、大活躍中、つい温かい飲み物が恋しくなりますよね。なんでも、体温が通常より1度下がると免疫力は30%下がるなんて言われています。そう思うとつい、珈琲や紅茶に手が伸びますが、夜、寝る前だったりするとカフェインが気になりませんか?そんなとき、カフェインフリーで香りも楽しいハーブティーはいかがでしょうか。

664 view お気に入り 1

ハーブティーの主な効能

そもそも薬用植物を乾燥させてお茶にするのがハーブティー。だから、香りのアロマテラピー効果と、飲用することでハーブの持つ有効成分が体内に吸収されるW効果が期待できるのです。メリットを活用するためには、目的に合わせて選ぶことが大事です。
そこで、今の時期おすすめしたいハーブティーをご紹介します。
 (7802)

おすすめのハーブティー

 (7803)

・エキナセア

免疫力を高め、ウィルスや細菌の侵入から体をガードする効果が期待できます。このハーブは抗アレルギー作用もあるといわれていて、花粉症や鼻炎の緩和も期待できます。
あっさりとしていて飲みやすく、色は紅茶色で、少しだけ草っぽい香りがします。キク科の多年草で「インディアンのハーブ」とも言われていますので、キクアレルギーがある方はご注意ください。はちみつや、アガベシロップを垂らすと一層美味しくいただけます。
・エルダーフラワー

身体を温めて発汗させて熱を下げ、炎症を抑えたり、ウィルスを抑制する効果が期待できます。風邪が治る時にでる、咳やたんにも効果的だと言われています。
イギリスでは「庶民の薬箱」とも言われるほどポピュラーで、最近はシロップも大人気。甘めでとても飲みやすく、薄い黄色っぽい色合いでマスカットのような香りがします。
そのままでも美味しいですが、生のフルーツや、ドライフルーツを入れて注ぐと、より美味しくいただけますよ。
・カモミール

風邪の初期症状である、のどの痛みや、咳、胃の粘膜の保護、筋肉のこわばりを解消するリラックス効果(安眠)が期待できるカモミール。カモミールは万能ハーブとも言われていて、ハーブティー入門者にお勧めのハーブです。
ドイツでは、牛乳に入れて煮だしたものを子供に与えるそうです。リンゴのような甘い香りで、味は少しだけ苦みがあるので、ドライフルーツやはちみつ・アガベシロップ・メープルシロップを加えていただくと、より飲みやすくなります。購入するときは、なるべく花の形が残っているものの方が成分をより抽出できるようです。

まとめ

冬の寒さから体温が1度下がると免疫力が30%も落ちてしまうと言われます。
自然の恵みとエネルギーが詰まったハーブの力を信じて、一日3~4回を3ケ月くらい続けてみてください。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

心身ともに健康に♪ガーデニングを趣味にする魅力とは

心身ともに健康に♪ガーデニングを趣味にする魅力とは

心も体も癒される、気軽に始められるなど、魅力たっぷりの趣味がガーデニングです。ここでは、ガーデニングを始めようか迷っている方に向けて、ガーデニングの魅力についてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部