2019年5月23日 更新

気になるスーツのシワはどうやって直す?

仕事をするうえで清潔感や身だしなみは非常に重要な要素です。商談・会議・打ち合わせなどの場では特に気をつけなければいけません。そういった場ではスーツを着ることが多くなるかと思いますが、そのスーツがヨレヨレでは相手に悪い印象を与えてしまい、うまくいくものもうまくいかなくなる可能性があります。そこで今回は、スーツのシワを直す、予防するテクニックをご紹介していきます。

68 view お気に入り 0

スーツをアイロンがけする際の基礎知識!

 (4205)

シワを取るのに真っ先に思いつくのがアイロンがけ。しかしスーツをアイロンがけする際は、次のようないくつかの点に注意しなければいけません。

素材によってアイロンの温度を変える

スーツの生地を傷めないために、その素材によってアイロンの温度を変える必要があります。

・ナイロンやアクリルの場合 110℃~130℃
・ウールの場合 140℃~160℃
・綿や麻の場合 180℃~200℃

水分を与えてからアイロンがけ

アイロンがけをする前に生地に水分を与えることで、シワを伸ばしやすくしたり臭いを消したりすることができるので、霧吹きなどを用意しましょう。アイロンのスチーム機能を使用するのもオススメです。

あて布

スーツに直接アイロンを当ててしまうと、生地が傷んだりテカってしまったりする原因になります。それを防ぐには、アイロンをかけるときは、綿100%のハンカチなどであて布をすることを習慣にしましょう。

簡単にスーツのシワを取る方法とは?

 (4214)

シワを取るにはアイロンがけが一番ですが、毎日アイロンをかけるというのもなかなか難しいことでしょう。そんな時は以下のようなスーツのシワ取りテクニックを試してみてはいかがでしょうか。

霧吹きで水をかける

スーツをハンガーにかけ、霧吹きで水を吹きかけてから乾かすだけでもある程度のシワを取ることができます。非常に手軽なので仕事終わりで疲れている夜などにオススメです。水ではなくお湯を使うことで、よりシワを取りやすくなります。

浴室の湿気を利用

お風呂上がりで蒸気が充満している浴室に30分ほどスーツをかけた後、部屋干しして乾かすことでシワを伸ばすことができます。こちらもさほど手間がかからないので、入浴後から就寝前などでも行うことができるでしょう。

シワを取る便利グッズを使う

最近ではシワを取るスプレーやハンガーにかけたまま使えるハンディーアイロン・スチーマーなどが売られているため、そういったグッズが1つあると便利かもしれません。これらは出張先などに持ち運ぶこともできるし、忙しい朝も手軽にシワを伸ばすことができたりするのも嬉しいポイントです。

スーツのシワを予防するには?

 (4223)

26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏の通勤を少しでも快適に……おすすめのグッズを紹介!

夏の通勤を少しでも快適に……おすすめのグッズを紹介!

厳しい暑さが続く夏はできるだけ家にいたいと思っていても、仕事には行かなければいけません。リモートワークが増えたとはいえ、まだまだ出勤しなくてはいけない場面も多いはず。そこで今回は、夏の出勤を少しでも快適にするグッズを紹介していきます。
夏のスーツを選ぶ際におさえておきたいポイント!

夏のスーツを選ぶ際におさえておきたいポイント!

最近ではノージャケットなどのクールビズも浸透してきましたが、まだまだ営業や訪問などをする場合はジャケット着用が必須ということもあるはず。そういったとき、厳しい暑さの中で少しでも快適に過ごすことができるように、今回は夏用のスーツ選びについてご紹介していきます。
疲れに悩んでいませんか?知っておきたい疲労回復の方法

疲れに悩んでいませんか?知っておきたい疲労回復の方法

仕事や日々の生活の中で溜まってしまう疲れ。休息をしっかりとれれば疲れを癒すことができますが、中には「疲れがとれない……」とお悩みの方もいるはず。疲れが残ったままでは仕事のパフォーマンスが上がらないだけでなく、体の不調につながる恐れもあります。まずは疲労について知り、効果的な疲労回復を行っていきましょう。
リモートワークをするなら快適な環境づくりを!

リモートワークをするなら快適な環境づくりを!

緊急事態宣言が発令されたのをきっかけに、本格的にリモートワークを取り入れられたという会社にお勤めの方も多いのではないでしょうか。しかし、家で仕事をするとなると周囲の環境が気になるという方も多いはず。そこで今回は、家でも快適に仕事をするためのポイントを紹介します。
御社と貴社の違いって?ビジネスメールで間違えやすいポイント!

御社と貴社の違いって?ビジネスメールで間違えやすいポイント!

社会人として、社外の人とビジネスメールのやり取りをする場合には、相手に失礼がないようにしなければなりません。敬語などの言葉遣いや言い回し、表現にも気を遣う必要があります。そこで今回は、ビジネスメールで間違えやすいポイントについて、例文なども交えつつ紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部