2019年8月15日 更新

夏のスーツを選ぶ際におさえておきたいポイント!

最近ではノージャケットなどのクールビズも浸透してきましたが、まだまだ営業や訪問などをする場合はジャケット着用が必須ということもあるはず。そういったとき、厳しい暑さの中で少しでも快適に過ごすことができるように、今回は夏用のスーツ選びについてご紹介していきます。

17 view お気に入り 0

生地の素材に注目!

 (4453)

夏に着るジャケットを選ぶのであれば、その生地や素材に注目しましょう。まずは、夏のジャケット向きの素材・生地をいくつかご紹介していきます。

強撚ウール

その名前の通り、ウールを強く撚って作られた糸で織られた生地です。強撚ウールの生地の特徴として、着心地がさらっとしており、通気性や清涼感に優れている点が挙げられます。見た目もビジネス向きなので、外回りや営業などでも活躍してくれるでしょう。

モヘア

モヘアとはアンゴラ山羊からとれる毛を指します。モヘアを使用した生地の特徴として、通気性に優れ、熱がこもりにくいことが挙げられます。生地に光沢感もあるため、ビジネスの場でも問題なく着用可能です。

リネン

リネンは麻を使用した生地を指し、夏の素材の定番としても知られています。リネンの生地の特徴として、吸水性や発散性に優れ、生地がしなやかで涼しさを感じさせてくれることが挙げられます。ただしリネン100%のものはシワになりやすく、見た目もカジュアルな印象が強いため、フォーマルな場へ行く場合は混紡素材のものを選ぶようにしましょう。

トロピカル

トロピカル素材とは、ウールを使用した「トロピカルクロス」と呼ばれる生地を指します。トロピカル生地の特徴として、軽くてさらりとした着心地と抜群の通気性が挙げられます。クールビズ向けのジャケットなどでは、この素材を使用していることが多いです。

ホップサック

ホップサックとは斜子織りされた平織りツイードのうちの一つで、ビールの材料のホップを運ぶ麻袋が名前の由来となっています。ホップサックの記事の特徴として、凹凸のある生地感で軽やかな風合いや優れた通気性が挙げられます。

裏地にも注目!

 (4466)

夏でも快適なスーツを選ぶ際は素材・生地だけでなく、上着などの裏地にも注目しておきましょう。

背抜き仕立て

「背抜き仕立て」とは、前身と背中側1/3程度の部分に裏地がつけられた仕立てのことを指します。裏地を削っている分、通気性も良くなり重さも若干軽くなっています。

半裏仕立て

「半裏仕立て」とは、背中側は先ほどご紹介した背抜き仕立てと同様で、それに加えて前身の裏地も半分ほど削ったものを指します。裏地の大部分をカットすることで、ジャケットが軽くなり通気性も良くなるため、夏のジャケットでは定番とされています。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

仕事で避けては通れない!電話応対のコツ

仕事で避けては通れない!電話応対のコツ

業種にもよりますが、基本的に仕事をしていくうえで避けて通れないのが電話応対です。しかし、相手の表情が見えないなかでのやりとりは難しいものがあり、なかには「電話応対が苦手……」という人もいると思います。そこで今回は、電話応対のコツについてご紹介していきます。
第一印象こそが重要!仕事のときに気を付けたい身だしなみ

第一印象こそが重要!仕事のときに気を付けたい身だしなみ

よく言われる通り、第一印象は人間関係において非常に重要です。ビジネスの場面でも、相手は想像以上に「パッと見たときの印象」であなたを判断しています。第一印象で損をすることがないよう、仕事のときに気を付けたい身だしなみのポイントを理解しておきましょう。
気になるスーツのシワはどうやって直す?

気になるスーツのシワはどうやって直す?

仕事をするうえで清潔感や身だしなみは非常に重要な要素です。商談・会議・打ち合わせなどの場では特に気をつけなければいけません。そういった場ではスーツを着ることが多くなるかと思いますが、そのスーツがヨレヨレでは相手に悪い印象を与えてしまい、うまくいくものもうまくいかなくなる可能性があります。そこで今回は、スーツのシワを直す、予防するテクニックをご紹介していきます。
意外と知らない?名刺交換時の正しいマナー

意外と知らない?名刺交換時の正しいマナー

ビジネスシーンで取引先と会った際、「名刺交換」はほぼ確実に行われるはず。しかし、機会が多いわりに、名刺交換のマナーをしっかり把握している人は意外と少ないかもしれません。もしかすると、知らない間に相手に無礼を働いてしまっている可能性もあります。一人前の社会人として、名刺交換マナーをきっちり把握しておきましょう。
部屋の雰囲気づくりに重要!覚えておきたい電球の色の種類

部屋の雰囲気づくりに重要!覚えておきたい電球の色の種類

「部屋の照明の色にはあまりこだわりがない」という方もいるでしょうが、実は、電球の色によって部屋の雰囲気や仕事などの効率には大きく差が出ます。電球の色にはどんなタイプがあり、どんな効果をもたらすのかをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部