2017年5月19日 更新

職場の人間関係に疲れたとき、大事にしておきたい「意識」とは?

仕事をしていく上で、人間関係のいろいろ、は避けて通ることができないといって良いでしょう。上司、同僚、部下などとやり取りをしていくうちに、まったく性格が合わず疲れてしまうといったケースが発生する可能性は十分に考えられるのです。そんなとき、いったいどうしたら良いのでしょうか。

217 view お気に入り 0

同僚は友だちではないと理解する

 (1416)

職場でもっとも近い位置にいるのが同僚です。その距離の近さから、コミュニケーションをとる回数も多くなることは間違いありませんが、それが原因でストレスを感じてしまうことも多々あります。そこで重要なのは「近しい人間だからといって友人ではない」ということをしっかりと意識することです。人間というのは、友人など親しい人に大きな期待を持ってしまうところがあります。しかし、同僚というのは友人である前に仕事におけるライバルであり、親切さや優しさを発揮してくれるのを期待するべき存在ではありません。もっとも、人間的に親切だったりフレンドリーな同僚はいますけれども。

そうであれば、同僚とは先ず、ビジネスライクなしっかりした信頼関係を築いていくことが、お互いに認め合うなどの関係に発展し、ストレス軽減につながっていきます。また、時には同僚や周囲をあてにせず可能な限り独力で仕事をこなしていくことによって、次第に仕事のスキルが向上していくということもあるでしょう。そうすれば、自然と周りからの評価を獲得出来て、会社での地位も上がっていくはずです。

苦手な上司はサラリとやり過ごす

 (1419)

同僚と同じように、付き合っていく上でストレスの素となりかねないのが上司です。むしろ地位が上な分、同僚よりも厄介な存在といるかもしれません。同僚と違い上司とウマが合わないと、仕事の成果に直結してしまう恐れもあるため、大きなストレスを感じてしまいます。

ここで重要なのは、苦手な上司であっても仕事のための指示には従うべきですが、必ずしもそれ以上のシンパシーを上司に寄せる必要はないということです。そこを間違えて大いに振り回されてしまうというケースも時に起こるため、ここは同僚のときと同じくビジネスライクな関係に徹底することをオススメします。

また、上司からの文句もちゃんとした理由があってのものならば慎んで聞く必要がありますが、ただのイライラから来ているようなものであれば、サラリと受け流し、気にしないという姿勢でいることもストレス軽減のためには必要といえるでしょう。

仕事の合間に気分転換で疲労軽減

 (1422)

職場の人間関係などで疲れを感じた際には、仕事の合間を縫って屋外に出てみることをオススメします。
外の空気を吸い太陽の光を浴びることによって、ストレスの緩和になったり、自分の中で煮詰まったものがリセットされたりということがあるでしょう。

人間関係で何か不愉快な出来事があった場合は、一度その原因を、自分の頭の中から追い出してみることが効果的な対処法になります。そして、改めてその対策に冷静になって取り組んだ方が上策であり、そのためにも一度外に出るなどして、気分転換を図っていくのは必要です。

人間関係で悩まないため大事なのは「意識しないこと」

残念ながら、どんな職場にも自分と性格的に合わない人はほぼ確実に存在します。そんなときは、職場というのは仕事を目的として人が集まった場だと言うことを認識し、あまりその人に心理的関心を払わず、あくまでビジネスライクな対応をすることを心がけていってはいかがでしょうか。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

職場での人間関係が悩み……解決の方法とは?

職場での人間関係が悩み……解決の方法とは?

仕事上での悩みを抱いている方は多いかと思います。中でも「人間関係の悩み」を抱えている方は多いのではないでしょうか。場合によっては仕事を続けるモチベーションを保てなくなるくらいの「人間関係の悩み」。解決するための方法はあるのでしょうか。
意外と知らない?名刺交換時の正しいマナー

意外と知らない?名刺交換時の正しいマナー

ビジネスシーンで取引先と会った際、「名刺交換」はほぼ確実に行われるはず。しかし、機会が多いわりに、名刺交換のマナーをしっかり把握している人は意外と少ないかもしれません。もしかすると、知らない間に相手に無礼を働いてしまっている可能性もあります。一人前の社会人として、名刺交換マナーをきっちり把握しておきましょう。
満員電車での通勤には「薄型弁当箱」がおすすめ!

満員電車での通勤には「薄型弁当箱」がおすすめ!

節約のため、健康のためにお弁当を手作りして職場に持参する人もいるでしょう。しかし、毎日満員電車で通勤している人は、バッグの中のお弁当が横倒しになってしまい、おかずが偏ったり液漏れしてしまったりという嫌な思いをしたことがあるかもしれません。そんなアクシデントを防ぐために役立つのが、密閉型で内側に仕切りがあり、持ち運びに便利でかさばらない「薄型弁当箱」です。
仕事でストレスをためやすいのはこんな人!しっかりと対策を!

仕事でストレスをためやすいのはこんな人!しっかりと対策を!

ストレス社会という言葉がすっかり定着した現代においては、自分に降りかかるストレスと上手に向き合い、コントロールしていくことが大切です。そこで、ストレスをためやすい人の特徴やコントロールする方法などをしっかりと知っておくとよいでしょう。
仕事が辛い……原因を突きとめて取り組み方を変えよう

仕事が辛い……原因を突きとめて取り組み方を変えよう

仕事が辛いと漠然と感じているだけでは疲れやストレスはたまる一方です。然るべき対策をとるためには、まず仕事が辛いと感じる原因をはっきりさせましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部