2018年10月17日 更新

ゆで卵だけじゃない!料理の時短にもつながるエッグスライサーの使い方

エッグスライサーが使える食材は、ゆで卵の他にもたくさんあるってご存じでしたか?アボカドやモッツァレラチーズなどの柔らかい食材をきれいにカットしたいときは、エッグスライサーを活用しましょう!

225 view お気に入り 0

柔らかいもののカットはエッグスライサーにおまかせ!

 (3297)

100円ショップやスーパーで気軽に買えるエッグスライサーは、その名の通りゆで卵をきれいにカットするための道具です。ゆで卵を包丁で切ろうとすると、力加減が難しく、黄身がボロボロになってしまいがちですが、エッグスライサーなら等間隔できれいにカットできるので、お料理を美しく仕上げられます。カットした卵の向きを90度変えて、スライサーでもう一度カットすれば細かいみじん切りも簡単です。タルタルソース作りなどで時短ができるでしょう。

また、エッグスライサーを使えば、ゆで卵以外の柔らかい食材もきれいにカットできます。
わさび醤油をかければおいしいおつまみになるアボカドも、エッグスライサーならワンストロークで等間隔に!断面もきれいに仕上がるのでお客様に出しても恥ずかしくありません。

モッツアレラチーズをカットするときにも活躍!

 (3300)

エッグスライサーを使えばモッツァレラチーズやバターなどの乳製品も、手を汚すことなく簡単にスライスすることができます。スライスしたモッツァレラチーズをトマトと交互に重ね合わせてカプレーゼを作ってみてはいかがでしょうか?

モッツァレラチーズを切るときのポイントは、カットする前にキッチンペーパーでチーズの水分をよく切ることです。カットした後に水気を切ろうとすると、チーズがボロボロになってしまう危険があるので注意しましょう。

キウイもワンストロークで簡単カット

 (3303)

水気の多いフルーツも、エッグスライサーを使えばきれいにカットできます。等間隔に切ったキウイやイチゴは、そのまま食べても、ケーキやクレープの具材にしてもおいしいでしょう。

エッグスライサーなら、包丁が使えない小さなお子さんでも簡単にフルーツがカットできるので、親子でのお菓子作りが一層楽しくなりそうです。
お子さんに使わせる場合は、指を挟んでケガをしたりしないよう、良く使い方を説明しましょう。

エッグスライサーなら見た目も味もプロ並みに!

エッグスライサーは、ピザなどの料理用にマッシュルームをカットするときも活躍します。包丁では切りづらい端っこの方もスムーズに切れますし、具材の厚みを均等にすれば、火の通り方のムラもなくなるので、見た目だけでなく、味もグレードアップするでしょう。
ゆで卵くらいの大きさの柔らかい食材を切るときは、ぜひエッグスライサーを活用してみてくださいね!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

泡立て器は泡立てるだけじゃない!色々な活用法

泡立て器は泡立てるだけじゃない!色々な活用法

ホイップクリームなどをつくるときに活躍する泡立て器は、一家に一つはあるメジャーなキッチン用品ですよね。この泡立て器、ただのお菓子作りの道具と侮るなかれ。実はさまざまな使い方がある、超お役立ちアイテムなんです!今回はそんな泡立て器の便利な活用法をご紹介します。
カジスマ編集部 | 27,269 view
冬の食材を使った料理で体をもぽかぽかに!

冬の食材を使った料理で体をもぽかぽかに!

寒さが厳しくなり、鍋料理やおでんなど温かい食べ物が恋しくなる季節。寒い冬を乗り切るためには、体を温めて免疫力を高めることが大切です。今回は体がぽかぽかになる冬の食材を使ったレシピをご紹介します。
子どもが喜ぶキャラ弁!うまく作るコツは?

子どもが喜ぶキャラ弁!うまく作るコツは?

かわいい見た目で子どもが笑顔になるキャラ弁。お弁当箱を開けた瞬間、家族に幸せな気持ちになってもらえたらうれしいですよね。しかし、「キャラ弁に挑戦してみたいけど、実際にはどう作ったらいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。今回はキャラ弁を作る際に使えるちょっとしたコツをご紹介します。
うわぁ~!?と言わせるお弁当術

うわぁ~!?と言わせるお弁当術

自粛生活が徐々に日常生活に戻り、お弁当生活がまた始まりましたね。覚悟していたものの毎朝の早起きご苦労様です。 3食きっちり母の味がしみ込んだ自粛期間だったからこそ、おいしいお弁当に期待値も⤴していることでしょう。そこで、ここでは簡単お弁当詰め方ルールを伝授したいと思います。
カジスマ編集部 | 8,978 view
暑い日にピッタリ!涼しさを感じられるデザート集

暑い日にピッタリ!涼しさを感じられるデザート集

暑い日が続くと気力も削がれてしまうもの。「暑さで食欲すらわかない」ということも少なくありませんよね。そんなときは、味はもちろん見た目にも清涼感のあるデザートで暑さを吹き飛ばしましょう!そこで今回は、夏にピッタリのデザートレシピを紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部