2017年8月4日 更新

仕事でミスをしてしまった時、どうすればいい?

大事な仕事でミスをしてしまった時、焦りと不安で何とも言えない気持ちになってしまいますよね。そんな時あなたならどうしますか?大体の人はすぐに謝罪をするでしょう。しかし、謝罪の仕方もさまざまです。今回はミスをしたあとの謝り方や、ミスを減らす方法をご紹介します。

193 view お気に入り 0

非があることを認めた謝罪方法

 (1883)

ミスをしてしまったあとの謝罪方法次第で、相手の怒りの感情を軽減できるのか、増幅させてしまうのかが変わってきます。どのような謝罪方法が相手の怒りを軽減させ、許そうと思う心理状態に向かわせるのでしょうか?
上手な謝り方をする人はまず自分の非を認め、お詫びの言葉を述べます。謝って終わり!ではありません。謝るときに相手の感情に寄り添います。「細かな気を配っていただいていたのにも関わらず、今回●●のようなミスをしてしまい大変申し訳ございません」と言ったように相手の感情を思いやることが重要です。
さらに、今後はどのようにそのミスをなくすのか、犯してしまった過ちをどのように解決するのかなど「今後の対策」について話しましょう。その後、再度お詫びの言葉を述べるという謝罪方法が相手の感情を落ち着かせ、許しの感情を生みます。

今後の対策を話す

 (1886)

謝罪の中で「今後の対策」を話すことは必須要素です。二度とミスをしないための対策を話すことで、謝罪されている側は、ミスをした人の誠意を感じます。ただ「申し訳ございませんでした」と謝るだけでは、何に対して申し訳ないと思っているのか、今後そのミスをなくすためにどう取り組んでいくのかが分かりません。そのため、ミスをした人の誠意が感じ取れず、中々許してもらえないという状況になってしまいます。
謝罪の際に、今後の対策も話すということはビジネスの場に関わらず、恋愛の場や夫婦間、友人関係にも大きな影響をもたらすでしょう。

ミスを減らすには

 (1889)

ミスをしてしまうことは仕方のないことかもしれませんが、頻繁にミスをしてしまう場合は、今のやり方をもう一度チェックする必要があるでしょう。どうすればミスを少なくすることができるのでしょうか?
ミスが少ない人に共通していることは、まず目的を知り、その目的達成のためにどのような役割をしていくのかなど全体像を把握していることです。次に再発防止の方向性を決め、目的達成するために必要な情報や技術などを身につけます。
誰が主体で、何の目的で、いつまでに仕事を完成させなければいけないのかをしっかりと把握することでミスを減らすことができます。

ミスをしたらすぐに謝罪しよう

ミスをした後、そのミスをなかったことにしようとするか、すぐにミスを認め、謝罪し誠意を見せるかはあなた次第です。相手からの信用を落とさないためには、やはりミスをしたことを認め、すぐに謝罪をすること大切ではないでしょうか。ミスを隠し、それがわかった時のマイナスは計り知れません。今回ご紹介したポイントを押さえてすぐに謝罪し、今後ミスのない行動を心がけましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

いざというときに備えて!災害時に使えるライフハック集

いざというときに備えて!災害時に使えるライフハック集

いつ起こるかわからない災害。いざというときに困ることのないように、災害に対する備えをしておくことが大切です。非常食やグッズなどを備えている方も多いかと思いますが、それと同時に災害時に役立つ知識も頭に入れておきましょう。
意外と知らない?名刺交換時の正しいマナー

意外と知らない?名刺交換時の正しいマナー

ビジネスシーンで取引先と会った際、「名刺交換」はほぼ確実に行われるはず。しかし、機会が多いわりに、名刺交換のマナーをしっかり把握している人は意外と少ないかもしれません。もしかすると、知らない間に相手に無礼を働いてしまっている可能性もあります。一人前の社会人として、名刺交換マナーをきっちり把握しておきましょう。
満員電車での通勤には「薄型弁当箱」がおすすめ!

満員電車での通勤には「薄型弁当箱」がおすすめ!

節約のため、健康のためにお弁当を手作りして職場に持参する人もいるでしょう。しかし、毎日満員電車で通勤している人は、バッグの中のお弁当が横倒しになってしまい、おかずが偏ったり液漏れしてしまったりという嫌な思いをしたことがあるかもしれません。そんなアクシデントを防ぐために役立つのが、密閉型で内側に仕切りがあり、持ち運びに便利でかさばらない「薄型弁当箱」です。
職場での人間関係が悩み……解決の方法とは?

職場での人間関係が悩み……解決の方法とは?

仕事上での悩みを抱いている方は多いかと思います。中でも「人間関係の悩み」を抱えている方は多いのではないでしょうか。場合によっては仕事を続けるモチベーションを保てなくなるくらいの「人間関係の悩み」。解決するための方法はあるのでしょうか。
仕事でストレスをためやすいのはこんな人!しっかりと対策を!

仕事でストレスをためやすいのはこんな人!しっかりと対策を!

ストレス社会という言葉がすっかり定着した現代においては、自分に降りかかるストレスと上手に向き合い、コントロールしていくことが大切です。そこで、ストレスをためやすい人の特徴やコントロールする方法などをしっかりと知っておくとよいでしょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部