2017年8月4日 更新

仕事でミスをしてしまった時、どうすればいい?

大事な仕事でミスをしてしまった時、焦りと不安で何とも言えない気持ちになってしまいますよね。そんな時あなたならどうしますか?大体の人はすぐに謝罪をするでしょう。しかし、謝罪の仕方もさまざまです。今回はミスをしたあとの謝り方や、ミスを減らす方法をご紹介します。

182 view お気に入り 0

非があることを認めた謝罪方法

 (1883)

ミスをしてしまったあとの謝罪方法次第で、相手の怒りの感情を軽減できるのか、増幅させてしまうのかが変わってきます。どのような謝罪方法が相手の怒りを軽減させ、許そうと思う心理状態に向かわせるのでしょうか?
上手な謝り方をする人はまず自分の非を認め、お詫びの言葉を述べます。謝って終わり!ではありません。謝るときに相手の感情に寄り添います。「細かな気を配っていただいていたのにも関わらず、今回●●のようなミスをしてしまい大変申し訳ございません」と言ったように相手の感情を思いやることが重要です。
さらに、今後はどのようにそのミスをなくすのか、犯してしまった過ちをどのように解決するのかなど「今後の対策」について話しましょう。その後、再度お詫びの言葉を述べるという謝罪方法が相手の感情を落ち着かせ、許しの感情を生みます。

今後の対策を話す

 (1886)

謝罪の中で「今後の対策」を話すことは必須要素です。二度とミスをしないための対策を話すことで、謝罪されている側は、ミスをした人の誠意を感じます。ただ「申し訳ございませんでした」と謝るだけでは、何に対して申し訳ないと思っているのか、今後そのミスをなくすためにどう取り組んでいくのかが分かりません。そのため、ミスをした人の誠意が感じ取れず、中々許してもらえないという状況になってしまいます。
謝罪の際に、今後の対策も話すということはビジネスの場に関わらず、恋愛の場や夫婦間、友人関係にも大きな影響をもたらすでしょう。

ミスを減らすには

 (1889)

ミスをしてしまうことは仕方のないことかもしれませんが、頻繁にミスをしてしまう場合は、今のやり方をもう一度チェックする必要があるでしょう。どうすればミスを少なくすることができるのでしょうか?
ミスが少ない人に共通していることは、まず目的を知り、その目的達成のためにどのような役割をしていくのかなど全体像を把握していることです。次に再発防止の方向性を決め、目的達成するために必要な情報や技術などを身につけます。
誰が主体で、何の目的で、いつまでに仕事を完成させなければいけないのかをしっかりと把握することでミスを減らすことができます。

ミスをしたらすぐに謝罪しよう

ミスをした後、そのミスをなかったことにしようとするか、すぐにミスを認め、謝罪し誠意を見せるかはあなた次第です。相手からの信用を落とさないためには、やはりミスをしたことを認め、すぐに謝罪をすること大切ではないでしょうか。ミスを隠し、それがわかった時のマイナスは計り知れません。今回ご紹介したポイントを押さえてすぐに謝罪し、今後ミスのない行動を心がけましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

花粉の季節はまだ先?いいえ!今のうちから対策の準備を!

花粉の季節はまだ先?いいえ!今のうちから対策の準備を!

「花粉の季節はまだまだ先のこと」と思っている方も少なくないはず。しかし、花粉症の対策は、花粉が本格的に飛散する前からしておくのがオススメです。花粉の飛散に備えて、今のうちからしておきたい花粉対策を紹介していきます。
快適に冬を乗り切る!レインブーツ・長靴の臭いを防ぐ方法

快適に冬を乗り切る!レインブーツ・長靴の臭いを防ぐ方法

雨や雪の日に大活躍するレインブーツ・長靴。特に、降水量の多い地域では必須アイテムと言っても過言ではありません。靴の中に水を入れないだけでなく防寒効果もあるので、冬にも重宝しますよね。しかし、レインブーツは完全防水仕様のため、内側に熱や湿気もこもり、不快な臭いが発生しがちです。靴内に臭いが染みつかないようにするには、どうすればいいのでしょうか?
仕事が辛い……原因を突きとめて取り組み方を変えよう

仕事が辛い……原因を突きとめて取り組み方を変えよう

仕事が辛いと漠然と感じているだけでは疲れやストレスはたまる一方です。然るべき対策をとるためには、まず仕事が辛いと感じる原因をはっきりさせましょう。
「デキるヒト」になるための4つのポイント。これで仕事もプライベートも思い通りに!

「デキるヒト」になるための4つのポイント。これで仕事もプライベートも思い通りに!

どの職場にも一人はいるであろう「デキるヒト」。仕事をテキパキと要領よくこなしプライベートも充実している…そんなデキるヒトにあこがれる方も少なくないのではないでしょうか。今回はそんなデキるヒトの特徴を紹介してみます。特徴を参考にして少しずつでも真似をしていけばあなたもデキるヒトになれるかもしれません。
上司や同僚の結婚式に呼ばれた際、注意しておきたいポイントとは?

上司や同僚の結婚式に呼ばれた際、注意しておきたいポイントとは?

ジューンブライドと言われる6月。職場でも、結婚をするという方が増えてくるころではないでしょうか。それでは、職場の上司や同僚から結婚式に招待された際、いったいどのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。友人などの結婚式とは違い、エラい人も参列する職場関係の結婚式の場合は、注意しておきたい点がいくつもあります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部