2017年10月13日 更新

これで集中力が持続する!今日から試せる3つの方法

誰もが直面する仕事中の課題のひとつ「集中力の持続」。仕事に取り掛かり始めたと思ったら違うことに意識が移ってしまい、仕事がなかなか進まなかったり、想像以上に時間がかかったりしてしまったという経験がある人もいるはずです。集中力を持続させるためには何をすればいいでしょうか。今回は集中力を持続させる3つの方法をご紹介します。

34 view お気に入り 0

マルチではなくシングルタスクをこなす

 (2282)

集中力が続かない原因の一つに「2つ以上のタスクを同時にこなそう」としてしまっている意識が考えられます。2つ以上の仕事を同時にこなそうとすると、人間の脳は容量オーバーとなるため、集中力が途切れるという現象が起こりがちです。そうならないためにはマルチでなく、シングルタスクをこなすという意識を持つことが重要です。やるべきことをリスト化し、上から順番にこなしていく方法で集中力が持続し、効率UPが期待できます。

作業ピークを利用する

 (2285)

集中力が上がらずに「いやだな」と思いながら取り掛かり始めた仕事でも、リズムを掴んで一気に集中して終わらせられたという経験をしたことがある人も多いでしょう。その状態を作業ピークや、作業興奮と呼びます。脳の「側坐核」に働くドーパミンが作用し、作業ピークを生みだします。このピークは作業の後半から終盤にかけてやってくるため、重要な仕事を後ろに回した方がやる気スイッチが入った状態で取り組めるでしょう。

集中する環境をつくる

 (2288)

集中力は脳の状態だけではなく、仕事をする環境からも影響を受けます。例えば、仕事をするデスクの上が汚いことや、殺風景な環境でリフレッシュができない状況の場合、作業に中々身が入らなくなってしまいます。集中できる環境を作り出すことも大切なのです。デスク上には飲み終えたドリンクのカップを置きっぱなしにしない、パソコンの横にちょっと観葉植物を置いてみるなど作業しやすい環境を作ってみましょう。

興味の湧かない仕事でもとりあえずやってみる!

数ある仕事すべてが自分の興味と一致することはないでしょう。中には全く興味のない内容のものや、嫌だと思うものもあるはずです。嫌だと思って心理的に避けようとすると集中スイッチがなかなか入らず、仕事を持続することも辛いでしょう。嫌と感じる仕事も「新しい知識が得られる良い機会」と考えを転換しながら、まずはやってみようという精神で取り組むことをオススメします。次第に作業ピークがやってきて集中力が高まるはずです!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

仕事中眠くなったら…簡単リフレッシュで集中力を高めよう

仕事中眠くなったら…簡単リフレッシュで集中力を高めよう

仕事中についつい眠気を催し、全く集中できなくなったという経験をお持ちの方は少なくないと思います。特に昼食後や夕方は、満腹や疲れで眠気が起こりがち。とはいえ、多くの方は勤務時間中に寝るわけにもいかないのが現状です。そこで今回は、仕事中の困った眠気を取り払い、集中力を高めるリフレッシュの方法についてご紹介します。
アドラー効果を使った子育て方法とは?

アドラー効果を使った子育て方法とは?

最近話題の「アドラー効果」。書店にはアドラー効果を使った仕事術などが紹介されていますが、アドラー効果を子育てに使う方法もあります。そもそもアドラー効果とはどのようなものなのでしょうか?今回はアドラー効果や、効果を利用した子育ての方法をご紹介します!さっそく実践してみてください!
【子育て】子供の創造性を豊かにする3つの方法

【子育て】子供の創造性を豊かにする3つの方法

子供のうちに創造性を豊かにしておけば、大人になってから求められることの多い発想力や意識の転換に大変役立つことは間違いありません。親としては、できれば子供に創造性豊かに育ってもらいたいもの。しかし、創造性を身につけさせようと思っても、何をどうすればいいのか、分からない人が大多数ではないでしょうか。いったいどんな方法が、子供の創造性を育むうえで効果的なのでしょうか。
意識しないうちにお金が貯まる!そのコツとは?

意識しないうちにお金が貯まる!そのコツとは?

花火大会、プール、旅行、夏フェスなど、楽しいイベントが目白押しの夏。しかし、イベント盛りだくさんだからこそ出費が多い季節なのもまた事実……。気を抜くとせっかくの夏のボーナスもあっという間に使いきってしまうかも!?そんな怖~い事態にならないために、普段の生活で無理なくお金を貯める秘訣をご紹介します!
ネイルサロンいらず!自宅でのお手入れでキレイな「素爪」を保つ方法は?

ネイルサロンいらず!自宅でのお手入れでキレイな「素爪」を保つ方法は?

キレイな爪を保つのは女性にとって非常に大切なことです。しかし、社会人ともなるとネイル禁止の職場も多く、日々の忙しさもあってお手入れがついつい疎かになってしまうことも。また、結婚し子どもが産まれると家事や育児のためネイルができなくなってしまうという人も多いでしょう。そんな人たちのために、自宅でできるキレイな素爪を保つためのケアをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部