2021年7月13日 更新

マスク熱中症や子どものマスク着用について再確認!注意しておきたいポイントは?

まだまだマスクが手放せない日々が続いていますが、厳しい暑さの中でマスクを着用し続けることでマスク熱中症などのリスクが懸念されています。コロナ禍で迎える二度目の夏となっていますが、ここで一度マスクの着用で注意しておきたいポイントについておさらいしておきましょう。

1,145 view お気に入り 0

夏のマスク着用は熱中症に気をつけて!

 (7547)

マスクの着用と熱中症の因果関係については、「マスク内に熱がこもりやすく体温調節が難しくなる」「マスク内の湿度が高くなるため口の渇きに気付きにくくなる」などの理由から熱中症リスクが上昇する危険性が指摘されています。

2021年の夏の気温は、広い範囲で平年並みからやや高いと予想されていることから、こまめな水分補給や人との距離が確保されている場所などでは、適宜マスクを外すなど熱中症予防を心がけるようにしましょう。

下記、厚生労働省のサイトでは「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントを掲載しています。

濡れたマスクは呼吸がしづらい!マスク着用での水遊びに注意!

 (7548)

夏になるとプールや川などで水遊びをする機会も増えます。しかし、不織布マスクは濡れると水を吸って空気の流れを遮るため呼吸がしにくくなってしまいます。一方、ウレタンマスクは吸水性が高く、水を吸ったマスクが鼻や口に密着し呼吸自体が困難になることも。そのため、水場ではマスクの着用により一層の注意が必要です。

水難事故は浅瀬でも起こることも多いため、「浅瀬だから大丈夫」と油断していると取り返しがつかない事態に陥ることもあります。万が一の場面では気が動転してしまうことに加えて、マスクで息ができなくなってしまうと、とっさに正常な判断をするのは非常に困難になります。

「入水する際はマスクを外す」「落水したらすぐにマスクを外す」「救助に行く際も、マスクを外してから水に入る」などの対策を心がけておきましょう。

まだ小さい子どものマスク着用は要注意!

 (7549)

新型コロナウイルスの脅威が続く中、小さな子どもへのマスク着用も必要ではありますが、日本小児科学会の提言・主張や日本小児科医会の発表では、以下のような理由での乳幼児へのマスク着用に関する危険性が指摘されています。

・乳幼児は息苦しさや体調不良を訴えることが難しい
・乳児は呼吸機能が未熟なため、マスクの着用により低酸素状態や窒息の危険がある
・嘔吐した場合に、窒息の恐れがある
・熱がこもり、熱中症のリスクが高まる
・顔が隠れるため顔色や呼吸の状態など体調の異変に気付きにくくなる

そのため、周りの大人がしっかりとリスクに対する心構えをしていることが大切です。

マスク着用の注意点を今一度チェック!

新型コロナウイルスの流行はいまだに続いていて、マスクの着用が日常に定着しているという方も多いでしょう。しかし、慣れてきた今だからこそ、改めてマスク着用の注意点について再確認しておきたいものですね。
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

年末の大掃除は子どもと楽しく終わらせよう!

年末の大掃除は子どもと楽しく終わらせよう!

家中きれいにするのに骨が折れる年末の大掃除。困ったときは、猫の手ではなく子どもの手を借りてみてはいかがでしょうか。コツを覚えることで子どものやる気を引き出し、一緒に大掃除をすれば普段より楽しくスピーディーに大掃除を終わらせることができるかもしれませんよ。今回は、子どもと大掃除をするときのコツをいくつかご紹介します。
2021年夏メイクのトレンドは?

2021年夏メイクのトレンドは?

まだまだマスクが手放せない時期が続いていますが、そんなときだからこそ、トレンドを取り入れたメイクで気分を盛り上げてみませんか?また、マスクをしている上での、意識しておきたいトレンドポイントも!そこで今回は、2021年夏のメイクトレンド情報やトレンドカラーなどについての情報をお届けします。
火を使わないで楽チン♪夏料理のレシピ!

火を使わないで楽チン♪夏料理のレシピ!

ただでさえ暑さが厳しい夏、火を使うキッチンはちょっとパス!とも思っちゃったりします。とはいえ、「夏は全く料理をしない!」というわけにもいかないでしょう。そんなお悩みを解決するべく、今回は火を使わずにできる夏レシピをピックアップしてみました!夏の暑いキッチンに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪
夏は太りやすい季節!?「夏太り」に注意!

夏は太りやすい季節!?「夏太り」に注意!

「夏は汗をたくさんかくし、食欲も落ちるから痩せやすい」と思ってはいませんか?しかし、実はそれは大きな間違い! 夏は太りやすい季節ともいわれ「夏太り」という言葉もあるほど……。たくさんの汗をかき食欲も落ちるのに、なぜ夏は太りやすい季節といわれているのでしょうか。今回は、その理由について解説します。
梅雨の雨で濡れた靴の乾かし方は?

梅雨の雨で濡れた靴の乾かし方は?

曇りや雨の日が増え、梅雨が迫ってきています。雨の日は外に出るのも億劫になってしまいがちですが、家から出ないというわけにも行きませんよね。傘を差していても身の回りは濡れてしまうものですが、特に濡れやすいのが足元!雨の日の外出で濡れてしまった靴をそのままにしてはいませんか?ここでは、濡れてしまった靴の乾かし方やお手入れについて解説します。
カジスマ編集部 | 1,845 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部