2019年6月4日 更新

梅雨・夏を前に……気にしておきたい家の外壁

暖かく晴れの日が多い春はお出かけをするのにぴったりな季節。同時に、家の外壁を塗装するのにもぴったりな時期といえます。家の外壁は意識しておかないと放置してしまいがちですが、定期的にメンテナンスを行わないと、後で悔やむ結果となる可能性があります。梅雨・夏に入る前に一度外壁の状態を確認してみましょう!

21 view お気に入り 0

外壁の劣化を放置しておくのは危険

 (3867)

家の内部は日頃から綺麗にすることを心がけていても、外壁についてはあまり意識を払えていない人が多いかもしれません。しかし、外壁はメンテナンスをしないまま放置をしていると劣化が進んでいき、さまざまな悪影響が出てしまう恐れがあります。中でももっとも考えられるのが「外壁のひび割れ」です。

ひび割れが起きると紫外線や風雨が建物の内部にまで入り込み、雨漏りなどさらなる劣化を促してしまうリスクがあります。多大な修繕費が必要になってしまうケースもあるため、定期的なメンテナンスを施しておく姿勢が大切です。

外壁塗装をするのに春が最適な理由

 (3870)

外壁のメンテナンスをするためには、業者に依頼する必要があります。基本的には1年のいつでも依頼は可能ですが、梅雨時期や夏は以下の理由からなるべく依頼は避けた方がいいでしょう。

・高温や雨で作業が遅れる
・高湿度が高く塗料が剥がれやすい
・台風などの災害に遭遇しやすい

同様に、冬も気温が低いと塗料が乾きにくいなどの理由から外壁のメンテナンスに最適な時期とはいえません。そのため、依頼する時期としては春か秋がもっとも向いているといえます。特に春は、その後に梅雨や台風シーズンなど外壁にダメージを与えやすい季節が控えているのがポイント。外壁に何らかのトラブルが起こって後悔しないためにも、春に外壁メンテナンスを行っておきましょう。

早めに業者に依頼するのがポイント

 (3873)

外壁メンテナンスは春がおすすめとご紹介しましたが、当然多くの家庭が春の外壁メンテナンスを考えています。そのため、注文の集中が起こりやすくなるのは間違いありません。あまりギリギリになってから依頼をしようとしてもすぐには業者が見つからず、季節が変わってしまうケースも十分考えられます。

重要なのは、早めに見積もり依頼だけでも出しておき、業者を確保しておくこと。土壇場になって焦るあまり不本意な作業依頼をしてしまうといった事態を防ぐためにも早めに優良業者と話をするようにしておきましょう。

まずは一度家の外壁を確認してみよう!

外壁は劣化の合図として「チョーキング」といわれる現象が発生します。外壁を手で触った際、手に白い粉が付着するようならチョーキングが起きている合図です。チョーキングを確認したら、なるべく梅雨がやってくる前に業者にメンテナンスの相談をするようにしてください!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

暑い季節に向けた西日対策!

暑い季節に向けた西日対策!

暑い夏。部屋の中は少しでも涼しく保っていたいものですが、強い西日が部屋に入ると室温の上昇はもちろん、床・家具・衣服などの日焼けの原因になってしまいます。そこで今回は、今からでも簡単に取り入れることができる西日対策を紹介していきます。
梅雨の嫌な湿気……その対策方法は?

梅雨の嫌な湿気……その対策方法は?

雨が続くようになると、気になるのが部屋の湿気。除湿器を使えば悩みも解決ですが、持っていないという方も少なくないでしょう。そこで今回は、部屋の除湿におすすめのテクニックをご紹介していきます。
カジスマ編集部 | 1,304 view
事故の危険性が増加……雨のなかで車を運転する際の注意点

事故の危険性が増加……雨のなかで車を運転する際の注意点

ジメジメとした梅雨の季節は体調管理や食品管理などさまざまな点に注意を払う必要がありますが、「車の運転」もその一つです。雨の日の運転は晴れの日に比べ危険なポイントが多く、普段より集中してハンドルを握ることが求められます。事故が起きてから後悔しないため、今回は雨の日の運転の注意点についてご紹介していきましょう。
時間がない朝でもバッチリ!時短メイクのコツ!

時間がない朝でもバッチリ!時短メイクのコツ!

なにかと時間に追われる朝。出かける前にメイクをしたいのに、時間がなくて困っているという方も多いのではないでしょうか。そんなときは、メイク時間を短縮するテクニックで、忙しい朝でもゆとりをもって準備をすることができるはずです。今回は、朝のメイクを時短させるテクニックをご紹介します。
猫を飼う際、覚えておきたいコツとは?

猫を飼う際、覚えておきたいコツとは?

ペットの中でも犬と並んで非常に高い人気を誇る猫。犬と比べて散歩などの必要がなく、比較的飼いやすいペットといえますが、それでもさまざまな点に注意を払わなければいけません。ここでは猫を飼ってから後悔することがないよう、飼い方のコツについてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部