2019年9月19日 更新

スマホのバッテリーを長持ちさせる有効な手段とは?

今や生活していくうえで欠かせないアイテムとなっているスマホ。一日のうちかなりの時間、スマホを眺めているなんて人も少なくないのではないでしょうか。それだけ活躍の機会が多いスマホですが、気になるのがバッテリーです。バッテリーが消耗・劣化すると、肝心なときにバッテリー切れで使えなくなるかもしれません。スマホのバッテリーを長持ちさせるためには、どうすればいいのでしょうか。

12 view お気に入り 0

バッテリーを浪費している原因を知ろう

 (3319)

スマホのバッテリーを長持ちさせるためには、まずスマホのバッテリーに何が負荷をかけているかを把握する必要があります。まずありがちなのが「アプリを起動したまま放置」していることです。
表面上は動かしていなくても、バックグラウンドで動きっぱなしになっており、それがバッテリーの消費につながっている恐れがあります。電源管理アプリなどでバッテリーを大きく消費させているアプリを確認し、アプリを終了させたり、不要なものなら削除するようにしましょう。

また不要時の通信でもバッテリーは徐々に消費していきます。たとえば、「Bluetooth」や「Wi-Fi」などは、有効の設定にしておくと常に通信をしたりアクセスポイントを探そうとするため、不要な場合は無効にしましょう。

これらの他には、ディスプレーの明るさもバッテリーの消費に大きく影響します。不必要に画面を明るくし過ぎていると、バッテリーの消費は避けられません。

バッテリーを少しでも長持ちさせるためには

 (3322)

バッテリーを長持ちさせるため一番意識しておきたいのが「充電回数を少なくする」ことです。バッテリーは充電をするたびに劣化します。そのためバッテリー寿命を長くしたいなら、ギリギリまで充電は我慢してバッテリー残量が10%代になってからするようにこころがけると良いようです。

また、スマホのバッテリーは熱に弱いという特徴があります。複数のアプリを利用するなどして、スマホが熱を発してしまうと、それによってバッテリーの劣化が進み易くなります。
スマホが熱くなっていると気づいたときは、不要なアプリは終了してクールダウンにつとめましょう。

バッテリーにも寿命はある

 (3325)

どんなにバッテリーを長持ちさせようとしても、いずれは寿命がやってきます。
朝、フル充電しても、大して使ってないのに夕方まで保たない、なんていう状況は、そろそろ交換時期といえるかもしれません。

寿命がきたバッテリーは、肝心な時に突然電源が落ちたりなんてこともあるため、そんなときは思い切ってバッテリーの交換をするようにしてください。交換の際はなるべくトラブルを避けるため、近くのキャリアショップで交換することをおすすめします。

いざと言う時に困らないよう、こまめなバッテリー対策を心がけよう!

普段スマホのバッテリーに特別意識を払っている人は少ないかもしれませんが、いざとなったときスマホがバッテリー切れを起こしていると、何のためにスマホを持っているのやら、なんてことにもなりかねません。
そんな事態に遭遇しないためにも、今回ご紹介したような対策を日頃から心がけるようにしておきましょう!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

知っているようで知らない……iPhoneとAndroidって何が違うの?

知っているようで知らない……iPhoneとAndroidって何が違うの?

皆さんが使用しているスマホには「iPhone」「Android」といった種類があり、大きな違いがあります。この両者はどんな違いがあるか、それぞれにどんなメリットやデメリットがあるかを知っていますか?ここでは、それぞれのスマホの特徴をご紹介します。
流行中のTikTokとは?顔出し投稿のルールを親子で決めよう

流行中のTikTokとは?顔出し投稿のルールを親子で決めよう

今、若者の間で大流行中の動画共有プラットフォーム「TikTok」。TikTokで得た人気をバネに芸能界を目指す人もいるほど、若者にとっては注目度の高いアプリとなっています。しかし、投稿した動画は不特定多数の目に触れるため、動画をきっかけに予期せぬトラブルに巻き込まれてしまう危険も。わが子の安全を守るために、親としてできることはあるのでしょうか?
目指せ家の害虫ゼロ!駆除のコツと害虫対策

目指せ家の害虫ゼロ!駆除のコツと害虫対策

あなたの家では、ダニやゴキブリ、小バエなどの害虫対策はどうしていますか?気温が高い時期は特に害虫が発生しやすいもの。放っておくと、どんどん増えてしまう可能性もあります。害虫駆除の方法と、害虫をできるだけ発生させないための対策をご紹介します。
絶賛反抗期中…子供とどう向き合えばいい?

絶賛反抗期中…子供とどう向き合えばいい?

子供には何度か反抗期が訪れますが、今回取り上げるのは思春期に訪れる反抗期についてです。反抗期の子供への対応がわからず、悩んでしまっている人は多いのではないでしょうか。今回はそんな人たちに向けて、反抗期の子供へ対する向き合い方をご紹介していきます。
ジメジメした日は要注意!食べ物にカビが発生するのを防ぐ方法

ジメジメした日は要注意!食べ物にカビが発生するのを防ぐ方法

これからジメジメとした梅雨に突入していくにつれて、注意を払わなければいけないのが食べ物に発生する「カビ」です。食品の管理に問題があると、たちまちカビが発生してしまいます。それだけでなく、知らずに口にすると健康を大きく損なう危険もあるカビについては、よく理解しておく必要があるでしょう。
カジスマ編集部 | 2,246 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部