2020年8月31日 更新

汗をかく季節だからこそ気をつけたい、革製品の色移り

暑い夏は大量に汗をかく季節!ここで気をつけなければいけないのが革製品の色移りです。「白いTシャツに革の色がついて困った!」なんて経験をしたことがある方も多いはず。そこで今回は、革製品の色移りについて落とし方や予防法などを紹介します。

451 view お気に入り 0

気をつけたい革製品の色移り

 (6650)

ベルトやバッグ類など革製品のファッションアイテムは数多くありますが、使用する際に気をつけておきたいのが衣類への色移りです。革製品は染料や顔料で染色しているものが多く、濡れた状態で長時間密着していると衣類などに色移りが発生します。夏は汗を大量にかくことで衣類が濡れるため、革製品のバッグなどを持ち歩いているとTシャツやブラウスに革の色が付着してしまうケースも……。「汗をかかないようにする!」というのも無理な話なので、夏場は特に革製品の色移りに注意しておく必要があるでしょう。

色移りを防ぐ方法は?

 (6651)

素材の特性上に革製品の色落ち・色移りを防ぐことは難しいとされています。そのため、色移りを防ぐには「とにかく雨や汗に触れないようにする」というのが一般的な方法です。衣類に直接触れないように、リュックやショルダーバッグなど体に密着するものを避けるというのも色移りを避けるためにはやむを得ない方法といえます。

どうしても使用したい場合は、適度に持ち替えたり手で持ったりするようにしましょう。色移りしても目立ちにくい濃い色の服を着るというのも一つの手!また、革製品に専用の防水スプレーやワックスがけを行うことで、撥水状態を維持するのも色落ちや色移りをある程度、防ぐ効果が期待できます。

衣服についてしまった色移りを落とす方法

 (6652)

もし、衣類に色移りしてしまった場合は、なるべく早く洗濯するようにしましょう。洗濯方法は、洗濯用洗剤を多めに溶かした熱めのお湯に衣類を浸してから、手でもみ洗いする方法が一般的です。どうしても色が落ちない場合は、クリーニング屋さんに相談してみましょう。

色移りしてから時間が経ってしまったり、濃く色移りしてしまったりした場合は洗濯をしても色が残ってしまうことも少なくありません。そのため、まずは色移りしないようにしっかりと予防することが重要です。

衣服についた革の色移りは消すのが難しい……事前に対策を!

革製品は濡れてしまうと色移りしやすく、一度衣類に革の色がついてしまうと落とすのも難しいため注意が必要です。大切なのは、色移りしないようにしっかりと予防をすること。大切な洋服を台無しにしてしまわないように、夏場は革製品を避けるなどしっかりと対策をしておきましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

春先の服装は何が正解?悩んだらこれ!

春先の服装は何が正解?悩んだらこれ!

3月が近づいてくると段々と暖かくなり、春の訪れを感じ始めるもの。とはいえ、まだまだ冷え込む日も多いため、「服装に悩んでしまう」という方も多いでしょう。そこで今回は、服装に悩みがちな春先コーデのポイントを紹介していきます。
甘いものが苦手な人にもピッタリなバレンタインデーのプレゼントって?

甘いものが苦手な人にもピッタリなバレンタインデーのプレゼントって?

もうすぐやってくるバレンタインデー!大切な人にチョコを渡すというのが定番ですが、中には「甘いものが苦手」という男性も少なくありません。そういった場合、チョコ以外にどんなものをプレゼントしたらよいか悩んでしまいますよね。そこで今回は、甘いものが苦手な方にもピッタリなバレンタインデーのプレゼントについて紹介します。
ちょっぴり変わり種の恵方巻はいかが?レシピを紹介!

ちょっぴり変わり種の恵方巻はいかが?レシピを紹介!

節分に欠かせないのが豆まきと恵方巻!最近では「豆まきはしないけど、なんとなく恵方巻は食べる」という方も多いのではないでしょうか。かんぴょうやキュウリ、伊達巻などの入ったスタンダードな恵方巻もよいですが、今年はちょっぴり変わった恵方巻を作ってみませんか?そこで今回は、変わり種の恵方巻のレシピを紹介します。
2021年の花粉は増える?減る?花粉症対策も紹介!

2021年の花粉は増える?減る?花粉症対策も紹介!

厳しい寒さが過ぎ去った後は暖かな春がやってきます。気候が穏やかな春は気持ちのいいものですが、花粉症の方にとって春は非常につらい季節ですよね。今から「花粉の飛散量が気になる……」という方も多いのではないでしょうか。そこで、2021年の花粉に関する予測から花粉症対策の情報を紹介します。
コロナ禍のお正月休み!例年とどんなところが変わる?

コロナ禍のお正月休み!例年とどんなところが変わる?

もうすぐやってくるお正月!今年は新型コロナウイルスが流行してから初のお正月ということもあり、例年とは違った過ごし方になることが予想されます。では、いまだ感染が収束しない中で迎える年末年始は、どのような点が変わるのでしょうか。ここでは、コロナ禍の年末年始についていくつかの情報をまとめます!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部