2016年10月31日 更新

出費の増えるこの時期、家計管理が大変?こんな方法もあるよ♪

年末年始はクリスマスやお正月など、何かと出費が…。もちろん子供ができて成長してくるとそれだけ子供にかかるお金も増えるでしょう。そこで、ここでは「頑張らないでできる家計管理法」についてご紹介します。お金のことをちょっと考えることで、出費に対する不安が軽減しますよ!

155 view お気に入り 0

家計簿つけてます?それ役に立っていますか?

 (436)

毎日忙しいと家計簿どころかレシートの整理もままならない。これは誰にも共通した感想でしょう。家計簿は細かな管理をしないと・・・と、億劫になりがち。でも、“頑張らない家計管理法”を身につけると、自然と出費を抑えたり預貯金に回すことも可能になります。
家計簿をつけているのに、どうしても出費が増えるという方もいますよね?家計簿は出入金を記入するだけなので、現実的にいくら入って、いくら出たかということは把握できても、今どのくらいお金を使ってよいのかを訊かれてパッと答えられる方は少ないかもしれません。家計簿をいくらつけてもこの1週間をいくらで過ごすか、何にいくら使うかを把握できなければ意味がありません。では、逆にそこを考えてみましょう。
ところが、今どのくらい使ってよいのかという使い方をしている方は少ないかもしれません。家計簿をいくらつけてもこの1週間をいくらで過ごすか、何にいくら使うかを把握できなければ意味がありません。では、逆に考えてみましょう。

頑張らずにできる、いくら使えるかが把握できる方法

 (437)

頑張らない家計管理の流れ

①毎月の食費や日用品の出費平均金額を算出する
②平均金額をもとに、1カ月分の予算を考える
③1か月分の予算を引き下ろし、4分割する
この4分割したお金を”8日間隔”の予算にして生活します。
1週間を7日にせずに8日で仕切ることが大切です。
例えば、食費+消耗品などが月4万円かかると想定したら、1回あたり1万円の予算で過ごします。そうすると最後の1週間は6日程度で過ごせます。
1日に換算しなくても、8日間を1万円で過ごすとします。そうするとそのお金だけでやり繰りすることになり、わざわざ家計簿をつける必要がなくなります。予算に限りがあるので、今まで流されて使ってきたお金が把握できるようになるのです。
 (438)

予算が足りなくなったら、なぜ足りないかを考えてみましょう。
こんな感じで、8日間で使えるお金を設定すれば、自然と無駄使いが減ってくるはずです。

お金のやり繰りを楽しもう!

今まで赤字になっていた家計をこのような方法で管理すれば、シンプルですし、お金の流れが把握しやすいはずです。
自然にできる人もいるかもしれませんが、考え方やテクニックが身に付けばだれでも同様にできます。
もし8日間でやり繰りして若干お金が余ったら、少し高級な食材や調味料を買ったり、自分への”ちょっとしたご褒美”なんていうのもいいですね!
 (439)

そうやって続けていく中で、「今月はこんなに浮いた!」という達成感が得られたりしますし、逆に、「今月は無駄遣いしちゃった・・・」というときは、「来月は上手くやって取り返すぞ!」と、ポジティブに考えるだけで少しずつ楽しくなってくるのではないでしょうか。

まとめ

21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

服に毛玉ができにくくするために!簡単な毛玉予防法とは?

服に毛玉ができにくくするために!簡単な毛玉予防法とは?

ニットやコートといった冬服につきまとう「毛玉」の悩み。毛玉をこまめに取ると服が傷むため、なるべく毛玉取りはしたくないですよね。今回は、服に毛玉ができにくくするための簡単な予防法をご紹介します。
子どもにスキンケアって必要なの?

子どもにスキンケアって必要なの?

「子どもの肌はキレイだから、わざわざスキンケアをしなくても…」という考え方をする人は少なくありません。しかし、子どもの皮膚は大人と比べて非常に薄くて皮脂も少ないため、大人よりもずっと乾燥に弱く、外部の刺激にも敏感。実は、子どもにこそ毎日のスキンケアが必要なのです。乾燥しやすいこれからの季節に向けて、子どものための正しいスキンケアの方法を知っておきましょう。
意識しないうちにお金が貯まる!そのコツとは?

意識しないうちにお金が貯まる!そのコツとは?

花火大会、プール、旅行、夏フェスなど、楽しいイベントが目白押しの夏。しかし、イベント盛りだくさんだからこそ出費が多い季節なのもまた事実……。気を抜くとせっかくの夏のボーナスもあっという間に使いきってしまうかも!?そんな怖~い事態にならないために、普段の生活で無理なくお金を貯める秘訣をご紹介します!
カジスマ編集部 | 2,446 view
子供の情緒を育む冬にオススメの外遊び

子供の情緒を育む冬にオススメの外遊び

子供は風の子、外遊びは当たり前、だった時代があります。寒さは体を丈夫にして、寒さに慣れることで免疫力アップが期待できます。ですが、最近は季節に関係なく、外遊びする子供の数は昔と比べると減少傾向にあります。 ゲームの発達や外遊びできる場所が減ってきたなど、子供を取り巻く環境が昔と違ってきているということが原因の一つではないでしょうか。ここでは子供の発育に応じた、冬にオススメの外遊びをご紹介したいと思います。色々な刺激を受けることで子供の発育にも良い結果をもたらします。ぜひ親子で楽しんでみてください。
冬の寒さから子供を守る!オススメ防寒アイテム3選

冬の寒さから子供を守る!オススメ防寒アイテム3選

本格的な冬の到来に備えて、子供の防寒を考えてみましょう。寒くないように、対策をばっちりしてしまうと荷物が多くなったりかさばったり・・・、なんてことないですか?子供の防寒グッズは手軽なものを選ぶようにしましょう。ここではお勧めの子供の防寒グッズを紹介します。ぜひ本格的な冬に向けて、参考にしてください。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部