2021年6月3日 更新

梅雨の雨で濡れた靴の乾かし方は?

曇りや雨の日が増え、梅雨が迫ってきています。雨の日は外に出るのも億劫になってしまいがちですが、家から出ないというわけにも行きませんよね。傘を差していても身の回りは濡れてしまうものですが、特に濡れやすいのが足元!雨の日の外出で濡れてしまった靴をそのままにしてはいませんか?ここでは、濡れてしまった靴の乾かし方やお手入れについて解説します。

238 view お気に入り 0

乾かす前に汚れを取っておこう!

 (7435)

靴を乾かす前にまずは泥や汚れを落としておくのがオススメです。汚れがこびりつく前に落としておくことで、キレイな状態を保つことができます。キャンバス地のスニーカーであればブラシや洗剤などでたまった汚れを落とすのも良いかもしれませんね!革靴などの場合は乾いたタオル布などで優しく拭き取る程度にしておきましょう。靴の素材に合わせて適した方法をとることが大切です。

靴の乾かすときは「新聞紙」と「置き方」がカギ!

 (7436)

靴を乾かす際は、風通しの良い日陰につま先を浮かせる形で壁などに立てかけて置きましょう。こうすることで靴の中までしっかりと乾かすことができます。靴の中にキッチンペーパーや新聞紙など吸湿性の高いものを詰めておくとより効果的です。ただし、水分を吸い切ったペーパーをそのままにしてしまうと逆効果となってしまうため、できる限りこまめに取り替えるようにしましょう。また、中敷きや靴紐は取り外して別々に乾かすのもポイントです。

靴を乾かすときに注意しておきたいコト

 (7437)

ドライヤーで乾かすのは劣化の原因になるかも……

靴を乾かそうと考えたとき、ついついドライヤーなどを使いたくなってしまいますよね。しかし、濡れた靴にドライヤーで温風を当ててしまうと、靴の変形、型崩れ、シミなどの原因となるため注意が必要です。また、ドライヤーなどで温めることで、靴の中に発生した菌やカビが繁殖しやすい状態になってしまう恐れもあります。少しでも早く乾かしたいという場合は、靴に新聞紙などを詰めたうえで冷風を当てるようにしましょう。

直射日光は色褪せなどの原因に……

直射日光で乾かしたくなるかもしれませんが、紫外線は色褪せや傷みなどを引き起こす恐れがあります。靴を乾かすのは、風通しの良い日陰、が基本です。
殺菌を目的として日向に干す場合もありますが、上記の理由で、長時間放置しないように注意が必要です。

濡れた靴は放置せずにしっかりと乾かして

濡れた靴をそのままにしていると、次の日に履けないだけでなく、カビの発生や型崩れなど劣化の原因となります。梅雨は靴が濡れてしまう機会も多くなりますが、しっかりと対策をして、靴を良い状態に保っておきましょう!
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

髪の毛や頭皮の悩みが増加する季節!原因と対策は?

髪の毛や頭皮の悩みが増加する季節!原因と対策は?

段々と暖かさが増してくる春は、自然と気分もウキウキとするものです。しかし、実は髪の毛や頭皮に関する悩みが増え始める季節でもあります。そこで今回は、髪に関する悩みとその原因、対処法などについてまとめて紹介します。
「主婦休みの日」ってなに?目的や内容について知ろう

「主婦休みの日」ってなに?目的や内容について知ろう

皆さんは主婦休みの日を知っていますか?主婦休みの日とは年に3回訪れる日本の記念日。「どのような記念日か知らなかった」「知ってはいたけど何もしていない」という方も多いはず。そこで、主婦休みの日について解説していきます。
連休前に知っておきたい「五月病」とは?

連休前に知っておきたい「五月病」とは?

5月の長期連休が終わると次第に耳にすることが多くなる「五月病」という言葉。実は働く人の約3~4割近くは五月病を経験したことがあるという調査結果も出ており、決して他人事ではありません。そこで五月病になりやすい人の特徴や対処法、予防法について解説します。
2021年トレンドの春メイクのポイント紹介!

2021年トレンドの春メイクのポイント紹介!

新型コロナウイルス関連のニュースなど暗い話題が目につく中、人と会う機会が減って、メイクに気を使っても仕方ないなんて思いがち。でも、そんなときだからこそメイクでオシャレをして気分をあげてみませんか?メイクで「旬顔」になれば、気持ちも明るくなって、リモートの画面越しでも、きっと対話相手も気持ちいいでしょう。そこで今回は、2021年春のメイクトレンド情報やトレンドカラーなどについてお伝えしていきます!
カジスマ編集部 | 1,406 view
もうすぐ新生活開始!引越し前にしておきたい準備とは?

もうすぐ新生活開始!引越し前にしておきたい準備とは?

新しい年度となる4月は、新生活が始まる時期でもあります。中には、引越しや子どもが独り立ちをするといったご家庭もあるのではないでしょうか? 「期待や不安で胸がいっぱい」という方でも、新生活に向けた準備をしっかりと整えておく必要があります。そこで今回は、新生活の引越し前にしておきたい準備のポイントについて紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部