2021年6月3日 更新

梅雨の雨で濡れた靴の乾かし方は?

曇りや雨の日が増え、梅雨が迫ってきています。雨の日は外に出るのも億劫になってしまいがちですが、家から出ないというわけにも行きませんよね。傘を差していても身の回りは濡れてしまうものですが、特に濡れやすいのが足元!雨の日の外出で濡れてしまった靴をそのままにしてはいませんか?ここでは、濡れてしまった靴の乾かし方やお手入れについて解説します。

1,956 view お気に入り 0

乾かす前に汚れを取っておこう!

 (7435)

靴を乾かす前にまずは泥や汚れを落としておくのがオススメです。汚れがこびりつく前に落としておくことで、キレイな状態を保つことができます。キャンバス地のスニーカーであればブラシや洗剤などでたまった汚れを落とすのも良いかもしれませんね!革靴などの場合は乾いたタオル布などで優しく拭き取る程度にしておきましょう。靴の素材に合わせて適した方法をとることが大切です。

靴の乾かすときは「新聞紙」と「置き方」がカギ!

 (7436)

靴を乾かす際は、風通しの良い日陰につま先を浮かせる形で壁などに立てかけて置きましょう。こうすることで靴の中までしっかりと乾かすことができます。靴の中にキッチンペーパーや新聞紙など吸湿性の高いものを詰めておくとより効果的です。ただし、水分を吸い切ったペーパーをそのままにしてしまうと逆効果となってしまうため、できる限りこまめに取り替えるようにしましょう。また、中敷きや靴紐は取り外して別々に乾かすのもポイントです。

靴を乾かすときに注意しておきたいコト

 (7437)

ドライヤーで乾かすのは劣化の原因になるかも……

靴を乾かそうと考えたとき、ついついドライヤーなどを使いたくなってしまいますよね。しかし、濡れた靴にドライヤーで温風を当ててしまうと、靴の変形、型崩れ、シミなどの原因となるため注意が必要です。また、ドライヤーなどで温めることで、靴の中に発生した菌やカビが繁殖しやすい状態になってしまう恐れもあります。少しでも早く乾かしたいという場合は、靴に新聞紙などを詰めたうえで冷風を当てるようにしましょう。

直射日光は色褪せなどの原因に……

直射日光で乾かしたくなるかもしれませんが、紫外線は色褪せや傷みなどを引き起こす恐れがあります。靴を乾かすのは、風通しの良い日陰、が基本です。
殺菌を目的として日向に干す場合もありますが、上記の理由で、長時間放置しないように注意が必要です。

濡れた靴は放置せずにしっかりと乾かして

濡れた靴をそのままにしていると、次の日に履けないだけでなく、カビの発生や型崩れなど劣化の原因となります。梅雨は靴が濡れてしまう機会も多くなりますが、しっかりと対策をして、靴を良い状態に保っておきましょう!
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

秋の夜長は読書で過ごす!アニメにもなった名作小説3選

秋の夜長は読書で過ごす!アニメにもなった名作小説3選

紅葉の木々が目を奪うこの頃、秋と聞くと「食欲の秋」や「スポーツの秋」を連想する方が多いかもしれませんが、今回注目するのは「読書の秋」です! 秋の夜長を過ごすお供にピッタリな、アニメ化もされている名作小説を3つ紹介します。
秋から冬にかけて気持ちが落ち込むのはなぜ?

秋から冬にかけて気持ちが落ち込むのはなぜ?

「秋や冬が近づくにつれて気持ちが落ち込む……」という方もいらっしゃるでしょう。秋冬はセンチメンタルな季節というイメージがありますが、それでも大切な日々を元気に過ごしたいですよね! そこで今回は、秋冬に気持ちが落ち込みがちになる理由や対策について解説します。
「広がる・うねる・ぺたんこ」雨の日の悩みを解決!髪のトラブル対処法

「広がる・うねる・ぺたんこ」雨の日の悩みを解決!髪のトラブル対処法

雨の日や湿度の高い時期はヘアスタイルがなかなか決まらず、お出掛けするのも何となくテンションが下がりがち……。髪の毛が「広がる・うねる・ぺたんこ」など、悩んでいる方も少なくないのでは?そこで今回は、雨の日が多くなるこの季節にオススメのヘアケア方法やスタイリングに関するコツをご紹介します!
紫外線から肌を守る♡正しい日焼け止めの塗り方

紫外線から肌を守る♡正しい日焼け止めの塗り方

肌のダメージを防ぐ日焼け対策は年間を通して必要な肌ケアの一つ。日焼け止めを使わずに紫外線を浴び続けると、シミやそばかすなどの原因になります。そのため、お出掛け前は入念に日焼け止めを塗るという方は多いのではないでしょうか。しかし、間違った塗り方をしているとその効果を十分に発揮できていない恐れも……。そこで今回は、本格的な夏の到来を前に、正しい日焼け止めの塗り方をチェックしましょう!
今、始める家庭菜園!ポイントや初心者にオススメの野菜や果物は?

今、始める家庭菜園!ポイントや初心者にオススメの野菜や果物は?

天気が良い日が続くと、植物も生き生きとして見えるもの。そこで趣味として家庭菜園を始めてみませんか? ここでは、家庭菜園を始める際におさえておきたいポイントや、オススメの野菜や果物について紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カジスマ編集部 カジスマ編集部